1日1回、応援クリックありがとうございます!
今何位? ⇒ <人気ブログランキング>

女性が男に100%で求めていること

恋愛システムエンジニア 横山建

 
恋愛システムエンジニア、横山建です

 

さて、これまでの告知通り、横山建監修の教材が発売となりました

 

ドM美女覚醒術(ドM攻略マニュアル)

 

俺が監修して発売する教材は実に約4年ぶりとなります

その発売したばかりの教材なのですが

2011年10月24日(月)23時59分59秒で値上げ

2011年10月31日(月)販売終了

ということになっていますので、是非今のうちに手にして下さい

大変多くの方が購入されています

今日、あなたにお伝えしたいことというのは

【女性は100%でSの男を求めている】

ということです

 

俺がこれまで15年という長い歳月に渡り恋愛を研究してきて

わかったことがあります

 

それは

 

● 男性側が女性を落とせないのは、いつも決まってMでいてしまった時

という結論です

女は100%でMなのです

 

100%でMといっても、単純な話ではなく

これまでお話していることなのですが

MM

SM

SS

と女性を3パターンで大別することができます

最初のアルファベットは「どうでもいい男への対応」

2番目のアルファベットは「好きな男への対応」

という定義になるのですが

MM = 65%

SM = 25%

SS = 10%

といった、全女性に対しての数の比率になります

 

これを見る限り、どうでもいい男には35%の女がSで

好きな男にも10%の女がSじゃないか! となると思うのですが

実は、3番目のアルファベットというものが存在し

MMM

SMM

SSM

というようになっているのですが

3番目のアルファベットは全て「M」なので省略しているということになります

 

3番目のアルファベットは【エッチしている最中の対応】です

 

すなわち、どんな女性でも

好きな男に対してSであるSSの女性も、エッチ中は【M】で

いることが心地よいというのが女心であり、Mでないと深くイケない訳です

 

つまり、女性は最終的には必ず、Mでいることが心地よいので

女性は本能的に【Sの要素】を持っている男を探し求めるのです

 

そして、結果として

【Sの要素を持っていない男はモテない】

ということになり、S要素が男には絶対に必要だということになるのです

 

S要素を持っている男ではないと、子孫を残したくないという本能が

100%の女性に働いているのです

 

これが俺の恋愛の研究でわかった大きな発見でした

 

ですので、女性のほとんどは男性に対して

自分よりも上の存在の人を好きになるので

綺麗な女性を落とす場合においても憧れの気持ちを

持っている時点で難しくなるわけです

 

女性に憧れてしまうと、無意識のうちに「あなたが下の立場」

つまり、【M】の振舞いになってしうため

女性が好む【S】の振る舞いではなくなってしまうのです

しかしながら、事態をもっと難しくさせているのは

● Sの男とは何か?に対する誤解があまりにも多い ということです

 

Sのフリをしていても強がって見えてしまっている方

多くいます

 

Sのフリをしていても女性に対して失礼なだけになってしまっている方

めちゃめちゃ多いです

 

俺はSだと言っていても女性からはそう思われていない方

本当に多くいるのです

 

横柄になったり、偉そうにしているだけでSと思われる訳ではありません

 

本当のSとは何なのか?

女性が求めるSの姿とはどんなものなのか?

この答えをあなたに提示するのが、今回、俺が4年ぶりに監修した

今回の教材なのです

 

ドM美女覚醒術(ドM攻略マニュアル)

 

一鬼の子氏(はじめきのこ)

島袋浩氏

そして、石井哲平氏

と業界のビッグネーム3人が、恋愛で、エッチで

女性をMに調教する方法が語られています

この発売したばかりの教材なのですが

2011年10月24日(月)23時59分59秒で値上げ

2011年10月31日(月)販売終了

ということになっていますので、是非今のうちに手にして下さい

日本初 S男とは何なのか?の回答を暴いた教材になります

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

今何位? ⇒ <人気ブログランキング>

【必見】メールの返信がない女性との関係を復活させるメールを教えます

(facebookページ)ソーシャルメディアで彼女を作る5つの方法

彼女作り請負人 講師陣プロフィール

 


アドレス:

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

カテゴリー:口説き方 横山建

このページの先頭へ