1日1回、応援クリックありがとうございます!
今何位? ⇒ <人気ブログランキング>

お見合いパーティー攻略法

恋愛システムエンジニア 横山建

 

 

恋愛システムエンジニア、横山建です

 

今日は出会いがないという方に向けて

「お見合いパーティ」という出会いの場についてお話ししたいと思います

 

このお見合いパーティですが、どうやっていけばいいかというと

 

エクシオ

シャンクレール

東京夢企画

キスティ

 

などの会社がオススメなので検索してみて下さい

特にエクシオというパーティ会社は最大手で全国どこでも開催しています

また、ここだけではなく、それぞれの地方ごとで主催しているパーティもあります

大体、地方紙などに広告が載っていることが一般的です

 

さて、このお見合いパーティという所は一体何を行っているのかが

イマイチわからない方もおられると思いますので、ざっと説明します

もちろん、場所によっても違いますが男女が20対20ほどで

話しをするという場所です

 

このお見合いパーティにはルールがあって

1 女性陣が輪になって座り、1分交代で男性がそれぞれの女性と話していく

2 参加者の女性全員と話し終わったところで、4回

(1回につき3分程度で、同じ女性と2度以上話すことはできない)の

フリータイムが行われ、男性が女性に話しかけにいく

3 参加者全員が気に入った人の番号を書き、お互いの番号が一致した男女が

カップル成立となり、連絡先を交換できる

 

というシステムになります

 

昔、テレビでやっていた「ねるとん紅鯨団」のようなシステムです

このお見合いパーティのとてもいいところは、2つあります

 

1つ目は

【いけば出会いがある】ということ

 

出会い系やミクシィなどは、出会う前にメッセージのやり取りをしたり

しなくてはなりません

しかし、お見合いパーティは申し込みをして、開催の日にいけば

出会いがあるので、面倒くさがりの方にはとてもいい出会いの場です

そして、2つ目のいいところは

【仕切りがある】ということです

 

例えば、パーティと似たような出会いの場に「クラブ(踊る方の)」が

ありますが、これは仕切りがないので、自分から話しかけなければなりません

 

しかし、お見合いパーティは、強制的に女性と話すように

パーティ会社の司会者が仕切ってくれるので

女性に慣れていない方でも、女性と話しやすいというメリットがあります

さて、このお見合いパーティは、基本、カップル成立した女性と

連絡先を交換するという「仕切り」の上で成り立っている訳ですが

この「仕切り」の部分がメリットもデメリットもあるところな訳です

この部分を知っていれば、あなたは相当いい思いができます

 

お見合いパーティで気をつけないといけないところは

出会いの場をただ提供しているだけだというところです

 

すなわち

【そこでカップルを成立させたいとまでは考えていない】

ということです

 

運営者側がです

はっきりいえば、むしろ成立させたいとは思っていないかもしれません

なぜならば、カップルが成立し、付き合ってしまうと

もうパーティには来てくれないからです

 

だから、本音を言えば、カップルを成立させたくないとまでは

言いすぎかもしれませんが、似たような感じのことは思っているのは

間違いありません

 

ただ、今あげたパーティ会社は、大手ですからサクラばかりということは

絶対にありません

意識の高い女性が来ていることは間違いありません

しかし、カップル成立は物凄くうまくいったパーティでも

3分の1程度なので普通にやっていたら、なかなかうまくいかないのです

では、お見合いパーティの攻略法になりますが

絶対に覚えておかないといけないのは

 

【カップル成立できたからといってうまくいくわけではない】

ということです

「お互い参加者の中で一番気に入っていた同士なんだから

うまくいかないわけないだろう!」

と思う方もいるかもですが、これは事実です

なぜならば、お見合いパーティのメリットでありデメリットでもある

「仕切り」のおかげで、最初の1分とフリータイムの3分の

合計4分しか女性と話せないからです

4分といったら、半端じゃない短さですよ

 

これで女性があなたにベタ惚れになれというのがムリな話です

 

以上のことから

 

【カップルが成立しないとゲットできない訳ではない】

ということが逆に言えるのです

お見合いパーティに来る90%以上の男性が

カップルになれないとがっくり肩を落として帰っていくわけです

 

ここがその他大勢を抜け出せるかどうかの分岐点となります

横山恋愛アカデミーの塾生の多くが、このお見合いパーティで

女性をゲットしていっていますが、徹底しているのは

 

1 フリータイムの時に連絡先を聞く

2 出待ちして番号を聞く

の2つのことです

カップルが成立していなかったのに、ゲットできた事例の方が

多いくらいです

合計4分程度しか話せないのですから、カップルうんぬんは

それほど重要なものではありません

 

出待ちというのは、パーティが終わった後に

女性に話しかけに行って、連絡先を聞くということです

 

連絡先の聞き方ですが

「なんか初めてきたけど、全然話せる時間ないよね。

全然話せないから、また友達交えて飲み会でもしようよ。せっかくだし」

という切り出しで、連絡先を聞きます

 

もちろん、友達を交えて飲み会にしなくてもいいのですが

こちらの方が若干、率はあがるように思います

 

そして、連絡先を聞いた後に、【電話】するわけです

 

なぜ電話をするかというと

「話しの流れで、飲み会ではなく1対1のデートにも持っていける」

からです

 

これがメールのやり取りだと相当きつくなります

 

電話というのは、1対1のデートに持っていくのに

とても最適なツールなのです

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

今何位? ⇒ <人気ブログランキング>

【必見】メールの返信がない女性との関係を復活させるメールを教えます

(facebookページ)ソーシャルメディアで彼女を作る5つの方法

彼女作り請負人 講師陣プロフィール

 


アドレス:

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

カテゴリー:口説き方 横山建

このページの先頭へ