1日1回、応援クリックありがとうございます!
今何位? ⇒ <人気ブログランキング>

この子はオレが好きなのだろうか?という思考の罠

恋愛システムエンジニア 横山建

 
恋愛システムエンジニア、横山建です

さて、恋愛においてみなさんはよくやりがちで当たり前のことなのですが
モテるということにおいてそれをすることは無駄であり非効率だ

というものはよくあったります

今日は、その恋愛において無駄であるものの1つ

「相手の自分に対する気持ちがどうなのかとあーだこうだ考える」

ということについて取り上げます

最近でもよく読者の方から

「今現在、僕はある女性とこれこれこういうことがあり、こういう状況なんですが
横山さんから見て彼女は僕に気があると思るとおもいますか?」

という質問をよく頂きます

で、これを考えてしまった時点で、すでにその彼女を好きにさせることは
もう相当に難しい状況なのでやめたほうがよいと言えるわけです

厳しいことを言うかもしれませんが、事実なので
あなたにも是非わかってほしいのです

なぜかというと、男性側がこのように

「俺に気があるのだろうか…」

と考えてる時点で、その女性とはかなりの好意の温度差があると考えられるからです

厳しい言い方になりますが、このような場合のほぼ99%は
女性側は、少なくともその男性よりは好意を持ってないということになります

「俺に気があるのだろうか…」

と男性側が考えてしまうのは

【好意と不安のバランス】をほどよく与えられた時にそう考えてしまいたくなるのが
人間の心理なのです

好意と不安のバランスなので、不安だったりネガティブなことを
女性はすでに男性側にしてきているのです

この

「こういうことをやるのって俺のこと好きだからなのだろうか…」

と考えるのがやめた方がいいのは
考えれば考えるほど、その女性のことを好きになってしまうからです

モテる男が

「こういうことを俺にしてくるのは俺のこと好きだからなのだろうか…」

と考えるケースは絶対にありません

なぜならば、モテる男は、このような心理状態にさせるのは
【自分じゃなくて、女性の方だ】ということを強く認識しているからです

そうしないといけないのは自分じゃなく女性なんだということを
よくわかっているからとなります

しかし、あなたは

「でも、相手の気持ちがわからなければ誘うタイミングなどもわからないじゃないか」

と思うことと思います

これはその通りであり、女性の気持ちが今どれくらいなのかは
ちゃんと知らなければいけないのです

「俺のこと気があるのか…とは考えてはいけないが、相手の気持ちを
知らないといけないって意味がわからんぞ」

となるかと思うのですが、これについての対処法を知ることは
非常に重要です

「俺のこと脈ありなのかな…」と考えてはいけないが、相手の好意レベルは
知らないといけないのです

そんな方法があるのか?

となるかと思うのですが、結論としては

ある

ということになります

それでは、どうすればよいのかというと、その好意レベルの掴み方というのは

【過度の期待をせずに自分から起こしたアクションに対する客観的事実だけで判断する】

ということになります

この文章は一字一句見逃して欲しくないのでもう1度いいます

女性があなたに対して好意があるのかどうなのかの掴み方は

【過度の期待をせずに自分から起こしたアクションに対する客観的事実だけで判断する】

ということなのです

1 過度の期待はしない

2 自分から起こしたアクションで判断し、相手からのアクションでは判断しない

3 客観的事実以外での判断しかしない

ということになります

例えば

「誘ったデートにドタキャンされたけど、メールの返事は毎回来る」

このような場面でも

【不安と好意のバランス】により

「これって俺のこと好きなのだろうか…気がないのだろうか…」

と考えてしまいがちかと思います

このような場合は

デートに誘ったのは男性で、それをドタキャンしてきているので
これは自分から起こしたアクションということになり
女性は、好意レベルがマックスであれば、相当な理由でない限り
体を引きずってでも、来るものなので好意レベルはマックスということはない

という判断になり

メールは自分から送っているものであり、それに対して女性は
返してきているので、好意を持っているとまではいけないけど
嫌われている訳では決してない

ということになります

この女性は、まーメールのやり取りはしてもいいかくらいの好意の女性
ということになります

そして、それ以上の期待は絶対にしないことが大切なのです

例えば、この女性が

「メールでハートマークの絵文字を入れてくることもある」

とした場合に、やっぱり期待してしまうものなのですが
これは相手主導で起こしているアクションなので、脈ありかどうかの
判断材料には決してならないということになります

もしかしたら、この女性は男性に対して

メールのやり取りはしてもいいかくらいの好意以上の好意を持っている可能性は
当然、残していますが、その判断は、男性側がこれからやっていく
自分からのアクションでのみ判断するので、これ以上好意があるかどうかを
判断するのは【保留】ということになります

あくまでも、起きた客観的事実以外の判断材料で

でも期待していいかな…

でもやっぱりそんなに期待できないかな…

でもそうはいっても…

というようなブレたことを心の中で問いかけてはいけないということになります

これをやった時点でどうしてもその女性のことを
好きになってくるので、クールダウンすることが難しくなるのです

また例えば

「まだ喋ったことはないけど、よく自分と目が合うような気がする」

という場面でも

【不安と好意のバランス】がいい感じ(?)で与えられている状態となります

このような時に

「これって俺のこと好きなんだろうか…」と考えても、どんどん自分だけが
好きになっているだけで、女性側は、わずかもこちらのことを思っていないことは
よくある訳です

この場合は

目が合うというだけで、好きかどうかを判断するのは
まず無理なことであり、人間誰でも目が合うものなので
誰でもすることを自分にしてきているだけという判断であり

確かに、それ以上に男性側を好きであるケースは考えられますが
それは、今後するであろう、自分からのアクションに対する向こうの反応を見るまでは
好意レベルの判断は【保留】であり、それ以上に過度の期待はしない

ということになります

好意の温度差に女性と開きがあると
その女性を落とすことは、ほぼ無理な状態となります

「自分に気があるのだろうか…」

と思うのは、あなたではなく女性側でなくてはならないのです

あなたが女性に

「自分に気があるのだろうか…」

と思わせることが出来るとしたら、あなたにとってどんなにいい人生が
待っているかわかるでしょうか?

これは恋愛において最強の技術なのですが
その具体的な方法については、ほとんどが言及されていないのが実情です

しかし、俺はこの

「自分に気があるのだろうか…」

という心理状態に意図的に持っていく方法を知っているので
振られないし、落としたい女を落とせているのです

この方法は横山恋愛アカデミーでのみ教えていることなのです

これだけの結果報告がなぜ、俺のもとに届くのか?

それは塾生が女性に対し

「自分に気があるのだろうか…」

と思わせる方法を知ったからです

人生を激変させるほどのインパクトがあるわけです

それを教えています

恋愛で負けるのは、もうこれっきりにしたい方はお待ちしています

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

今何位? ⇒ <人気ブログランキング>

【必見】メールの返信がない女性との関係を復活させるメールを教えます

(facebookページ)ソーシャルメディアで彼女を作る5つの方法

彼女作り請負人 講師陣プロフィール

 


アドレス:

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

カテゴリー:口説き方 横山建

このページの先頭へ