女の子と会う>電話>LINE(メール)の順で仲良く親密になれる!

恋愛システムエンジニア 横山建

◆漫画で見る女性の口説き方◆

「メールの返信がない女性との関係を復活させるメール」
「恋愛1000人セミナー」
を無料メールマガジン内でプレゼントしています。

こちらから登録【漫画あり】

横山建です。

最近では好意を上げる段階でも
出会いの段階でも

ネットは欠かせないツールになりました。

俺の「90日でブサイクがかわいい女を落とす方法」には
女の好意を上げる方法が出ているので

「メールやLINEでも同じようにやればいいんですよね?」

と聞かれる事が多いです。

ですが、実はここはちょっと違っていて「90日で
ブサイクが女にモテる方法」は基本的に

直接会って話ができる状態で
好意を上げていくことに重点をおいてます。

いいかえると、最低でも電話。

ですから俺はまず、直接会える状態に
なってほしいと言っています。

直接会えるといってもデートをするとか
そういうことではありません。

会って会話ができればいいです。

好意を上げるのに効果的なのは

会う>電話>LINE(メール)

というのが鉄則です。

できないわけではないですが
即効性などを考えると、やはり「会う」というのが
好意を上げるチャンスが生まれます。

また、他にも注意点として
メールや電話で好意を上げるという場合に
特に気をつけないといけないのが

【やりすぎると、逆に好意がさがる】

という事です。

少し前のブサヤリでも
接触回数を増やせば、それだけでも
好意があがるパターンの話をしました。

しかし、それも度を過ぎれば
逆効果になるわけですが、これをやりがちなのが
メールや電話なんですね。

接触回数を増やせばいいからといって
5分おきに「何してる?」とかメールして
好意が上がるわけがありません。

ではどの程度の接点がよいのか?ですが

これは相手の好意レベルに
左右されるため一概にいえないのです。

これが恋愛の難しいところです。

相手が自分に対してどの程度の
好意レベルをもっているのか?を見極めたうえで

それよりちょい下くらいの感覚で接点をとると
好意レベルは上がります。

最近のパターン、特にLINEを使う世代は
接点(相手とのやりとり)が多すぎて

逆に好意を下げている人が
すごく増えたいるように感じます。

好意を上げようと思ってやっていることが

結果的には好意を下げているわけです。

さすがにLINEで、向こうが
質問しているのに無視するなんてのは
相手が超MとかじゃないとNGです。

でも、相手がメッセージを送った状態で
会話を終わらせるというのはすごくアリです。

だらだらとメッセージやりとりするよりは
向こうのターンで切り上げるのは
いいと思いますよ。

ですがそれでも、LINEだけで
好意をあげようとすると、相手の好意レベルが
絡んできて結構むずかしい。

だから、そうそうに電話でのやり取りに
移行してほしいわけです。

※今ならLINE通話でもいいですよね

じゃあ電話で好意を上げるには、どうするのか?

まず、基本なんですが「電話しましょう」ということです。

意味が分からない方もいるかもしれません。

ですが、そもそも女と電話することが苦手だから
電話をしないという方も多いんです。

メッセージなら緊張も少ないし、楽だから
電話じゃなくメッセージで好意を上げようとする。

これじゃあダメなんですよ。

最終的にゲットするまでには
直接あって会話する場面が出てきます。

だったら、会話にも慣れておいてください。

そういう俺も、女に電話したりするのが
超苦手でした。

赤面症でもあったので、すぐ赤くなったりして。

でも、逃げていてずっとゲットできないのは
もっと嫌だったので何とかしようと考えた。

そんな俺が、女に電話する時にやっていた方法が

【電話の日を作る】

ということです。

これは月1回、電話の日というのを決めて
その日に、仲間と飲み会とかを開くんですね。

で、その時に、ほろ酔いくらいになって
テンション上げてから、キープしてある女に
片っ端から電話していくわけです。

なんでこんなことをするかわかるでしょうか。

女との会話に慣れてなかったり、それこそ
狙っていた女だったりすると
電話だけでも緊張します。

これを仕事が終わって家に帰ってから

「さぁ、あいつに電話するぞ…!」

みたいに意を決して電話したりするのはよくありません。

その緊張は、声やトーンで相手に確実に伝わります。

ドキドキしながら電話している人は要注意です。

そもそも電話を気軽にできない関係性なのに
気合の入った電話をされると、女は引いてしまいます。

※追いかけられると逃げたくなる、と一緒です。

だから、こういう時に使えるのが「電話の日」なんですね。

みんなと楽しんでいるときに
何となく電話した感を出すことができれば
少なくともガチ緊張などは出ません。

それに、電話する日をきめてしまう事で
ルーチンで女との接点を増やせます。

「今日は乗り気じゃない」

などの自分への言い訳を、強制的に
無くしてしまう事もできるんです。

女に電話したりするのが苦手という方は
仲間との飲み会&電話の日を
決めるのはおすすめです。

モテない時の俺がやっていたことですから
あなたにもきっと役立つはずです。

ですが、それでもやっぱり一番いいのは
直接会う事です。

最後は会って、相手をゲットするのですから
会う事はさけられません。

何でもいいから会う。

会って接点をもつことが、好意を上げるのに
一番固い方法です。

繰り返しになりますが、会うといっても
デートをしろと言ってるわけでは
ないですからね。

会えればいいのですから、何か企画をして
しまえばいいんです。

たこ焼きパーティーとか
何でもいいんです。

実際にタコパを頻繁に開いて
新規をガンガンゲットしている方もいます。

好意を上げるには直接会うのが大事で

LINEとかだと、やり取りが多いと
逆にマイナスとなる場合がある。

LINEのメッセージ交換などは
あくまで最初の好意上げと割り切って
早々に電話へ移行しましょう。

もし電話が苦手なら、電話の日を使ってみましょう。

そして、関係性が深まったら
なにかしら直接に会う理由をみつけて
好意を上げてくださいね。

横山 建

(Visited 3 times, 1 visits today)