2回目のデートにいけない理由

 

恋愛システムエンジニア 横山建

 

◆漫画で見る女性の口説き方◆

「メールの返信がない女性との関係を復活させるメール」
「恋愛1000人セミナー」
を無料メールマガジン内でプレゼントしています。

 

PCの方はこちらから登録【漫画あり】

 

スマートフォン・携帯の方はこちらから空メール登録

 

恋愛システムエンジニア、横山建です

 

今日は横山建から「2回目のデートにいけない理由」
ということについてお伝えします。

 

女性の前であがらないとか

自分に自信を持つ方法というのは

やっぱり確固たる事、物、方法

そういうものを持つのが一番です

 

根拠のない自信を持てばいい

と言われるとすごく難しいかとおもいます

 

しかしこれをやっておけば間違いないんだっていう
方法論を知っていれば、動じずに女の人と接することが出来るはずです

それで動じずに接することができるから
女性から魅力的と判断される

こういう感じになります

 

この確固たる方法というのは、俺が書いている
「90日でブサイクがかわいい女を落とす方法」でお話していている

【口説きの4ステップ】

が、それに当たります

 

で、何が言いたいかというと

例えば女性とデートに行った時に

「この会話ネタを振っておけば絶対間違いないんだ」

 

というものを知っておけば

絶対間違いないと思えるということです

 

だから、その会話ネタが何かということをあなたの中で
明確にしてほしいのです

 

この絶対間違いない会話ネタとは何かも
「90日でブサイクがかわいい女を落とす方法」でお話していますので
そちらを見てちゃんと復習してもらいたいとおもいます

 

もちろん、恋愛話もその一つになるのですが

使える会話のネタとして鉄板っていうので覚えていて欲しいことを教えますね

 

それが

【初めて会った時に抱いたその子のイメージの話】になります

その女性と初めて会った時のイメージの話

これはぜひやっていただきたいというのがあります

 

これはもう鉄板で盛り上がる会話ネタです

「最初、お前、初めて見たときヤンキーなのかと思ったよ、俺」

と言ったら

 

女性に、一瞬不愉快にさせますが

でも「なんで?なんで?」ってなる

 

それで

「でも、話していったら全然そんなことないよね」という感じにすれば

一回「ん?」と思わせといての最終的には嬉しくなる

という感じになるといった会話の流れになりますが

 

人は自分が人からどう見られているか、というのは
絶対的に興味があるわけです

 

だからその子のイメージですよね

「すごい清純そうに見えた」とか

「すごい優しそうに見えた」とか

 

ちょっとひねって

「ツンデレっぽいと思った」とかね

なんでもいいんですが

 

そういう感じでその子に持ったイメージの話をすることで
それはもう女性には、絶対的に興味があるわけです

 

イメージの話は初めて会った時の話に限定せずに

「他人から見てこういう風に思われてるだろうね」

みたいなイメージの話とかでもいいわけです

 

これは絶対に気になるので
この会話ネタは使えるっていうのを
知っていおいた方がいい話題の1つです

 

毎回毎回のデートで話すネタではないですが
使うことを癖づけすると話が盛り上がります

 

あともう一つなんですが

相手のイメージをきっかけにしてですね
自分のイメージを聞けるわけですけど
これを聞いておいてほしい、というのがあります

 

Aクラスを落とすとかではないんですが

 

最初の1ゲットを目指すために必要なことというのは
自分が持たれているイメージを理解して
そのイメージ通りの男を演出して女を落とす ということなのです

 

非常に重要なことなので繰り返しますが
最初の10ゲットまでを目指す方がやらないけないのは

 

自分が持たれているイメージを理解して
そのイメージ通りの男を演出して女を落とす

 

ということです

 

1度でもデートに行けているということは
悪いイメージには思われていないので
イメージと違うことをすると乖離がおきるわけです

 

「誠実そうに見えた」というイメージを持たれていたとして
デートで既成事実の積み上げばかりを意識しすぎると
誠実そうに見えたというイメージと乖離がおきるわけです

 

すると「やっぱりこの人はわたしの思っていた人と違う」となって
ゲットできないわけです

 

デートまで行けるけどゲットできないという人が
かなりの可能性でやっていることは
自分の持たれてるイメージとデートでやっていることが
全然違っているということです

 

それはイメージよりもいい風に思われることもあるんだけど
結局悪い方向でやってしまっているということが原因になっています

 

だから自分がどういうイメージを女性に持たれやすいかということを
知っておいた方がいいです

 

女性と話すときに

「ねえねえ俺ってどんな風に見える?」

「おれってどんな感じにみえる?」と言いすぎると

「この人自分が好きなだけなのかな」となるので

 

そこはちょっとリスクのあるところなんですけど
さらっと、お互いのイメージの話をすればいいです

 

例えば自分のイメージが若干悪いイメージで持たれていたら
そのリスクは切るようにした方がいいです

 

たとえば「むっつり」に思われていたとかね

「頼りなさそう」とかね

「あんまり明るそうではない」とか

 

そういう風なイメージをもし持たれているとしたら
やっぱりそのリスクは切っておけば
より好感が増すということも十分あることです

 

自分のイメージを知るっていうことにも使えますし
相手を盛り上げるつもりでも使えるので

 

その人が持たれているイメージの話は非常に使えると思いますので
これはパターンとして是非やれるようになっていただきたいなと思います


アドレス:

タグ

2013年11月15日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:口説き方 横山建

このページの先頭へ