口説いたら急に素っ気なくなる女は、口説かずに追いかけさせること

 

恋愛システムエンジニア 横山建

 

◆漫画で見る女性の口説き方◆

「メールの返信がない女性との関係を復活させるメール」
「恋愛1000人セミナー」
を無料メールマガジン内でプレゼントしています。

 

PCの方はこちらから登録【漫画あり】

 

メルマガ読者の方々から、
いろいろな相談をいただいてます。

 

で、もらう相談のパターンとして

・現状、関係性が0の状態から女を惚れさせたい

という場合の相談と

 

・一応絡みはあるけど、なかなかゲットまでいかない

という系の相談があります。

 

このうち

・一応絡みはあるけど、なかなかゲットまでいかない

の方の相談として、割とあるのが

 

女がこっちに好意をもってそうな感じだったのに
ゲットはできなかったり、急にそっけなくなったり
するパターンです。

 

大抵こういう場合

「自分のいったい何が悪かったんでしょう?」

と相談者の方はおくってくきます。

 

しかしですね

実は、男の方が悪かったから
女が急にそっけなくなったのかというと
そういうわけでもないパターンがあります。

 

まあそれを察知して、男が行動を変えれば
いいのですが、それが難しいパターン。

 

それが、女がそもそも

「男を自分に惚れさせるのが好きな女」

だった場合のパターンなんですね。

 

少し解説します

 

女にはいろんな外見があるように

性格にもいろいろあるというのはあなたも
感じていると思います。

 

相手が可愛いかったりすれば、とりあえず
口説き始める人もいますよね。

 

そんな時、予想に反して最初から
女が良い反応をしてくれる場合もあります。

 

そうなると、ゲットできるかも!と

まずます相手が気になって、好きに
なってしまうかもしれません。

 

これはラッキーな状況だと思いますか?

 

俺はあまりそう思いません。

まずゲットしてもしないのに、相手を
好きになっていくのは危険です。

 

そして、このまま恋人同士になれれば
なにも問題ないのですが

 

このパターンで多いのが

「女が途中から急にそっけない態度をとる」

パターンです。

 

最初に女の性格もいろいろあると書きましたが
実は、そういう性格の一つに

「男を自分に惚れさせるのが好きな女」

というタイプがいます。

 

簡単にいえば、思わせぶりな態度を
する女とかがそうですね。

 

こういう女は男に口説かれた時に嬉しそうに
したりするので、ゲットできそうな雰囲気を出します。

 

しかし、実際にはゲットできないんです。

あなたが本気で好きになったあたりで
突然、冷たい態度を取り始めます。

 

なぜならば、こういうタイプの女は

「相手の男を自分に惚れさせる」

のが好きなだけだからです。

 

相手の男が自分に惚れた!とわかった途端に
やる気みたいなものが無くなって

興味が無くなってしまうんです。

 

ではこういう女を攻略しようと思った場合は
どうすればいでしょうか?

 

まず

なんにしても、相手がどういうタイプに
弱いのかというのを考えましょう。

 

これは恋愛全体にも関係するのですが

恋愛の場合、自分がやられたら弱いことを
相手に対してもやる傾向があるんですね。

 

俺の経験からも今回のような女の場合は

「興味があるよう見せておいて、急にそっけなくしたりする」

というのが有効です。

 

男に追いかけられるのが好きな女は

自分が男を追いかける恋愛に弱いわけです。

 

どうやってそれを実現するかというと
これはもう駆け引きになってしまいまうんですね。

 

女側から追いかけてくるような状況にして
さらにそっけなく接する。

焦らしながら、相手をその気にさせる合戦です。

 

どっちが先に好きになってしまうかの勝負。

好きになった方が主導権を取られて、負けです。

 

つまりこれは、どっちが冷静でいられるかが肝となります。

 

具体的な行動でいえば

・最初は向こうがやられて嬉しい事をやるけど、途中からやめる。

・その女の友達にわざと優しくしたりする。

 

・絶対口説くような場面で、あえて口説かない。

・メールなどに返事したりしなかったりする。

ようは、こちらも思わせぶりな態度をするわけです。

 

とにかく一番重要なのは、女を追いかけないこと。

こういう女は追いかけられた時点で冷めます。

 

追いかけてはいけないけど、すこしは興味があるように
思わせるという駆け引きとなります。

 

女から追いかけるように仕向ける必要があるので

好意をもってる相手に対しては
素直に好意を表現したくなるような

純情な人にとっては難敵となります。

 

そもそも俺は、ゲットしてない相手を「好き」に
なってはいけないと、何度もいっていますよね。

 

それは今回のような女には、特に
強力な効果を発揮します。

 

こういう女は「自分に惚れさせるのが好き」ですから

・ボディタッチしてきたり

・一緒にでかけようと誘って来たり

・目を見つめてきたり

 

一般的に、男が好きなってしまうような行動を
バンバン仕掛けてきます。

 

この時に好きになってしまったら
あなたの負けは確定です。

 

好意をもっている事を伝えた瞬間に
女は目的を達成します。

その結果、冷めてしまって離れていきますから。

 

こういう女をゲットしたいのであれば

「好きにさせるための行動に反応するのに
 なぜか好きにさせられない」

という男になってください。

 

そうすれば、相手の女はあなたを好きに
させるため一生懸命になります。

 

この関係性までもっていければ、あなたを
振り向かせたくて行動するうちに

どんどんあなたを好きになってくれますよ。

 

関連記事はこちら↓
女を追いかけさせる方法

口説かずにまたがらせる男

恋愛デプログラマー 西園寺のび太

 

◆漫画で見る女性の口説き方◆

 

「メールの返信がない女性との関係を復活させるメール」
「恋愛1000人セミナー」
を無料メールマガジン内でプレゼントしています。

 

PCの方はこちらから登録【漫画あり】

 

スマートフォン・携帯の方はこちらから空メールで登録

 

【恋愛デプログラマー】西園寺のび太です。
 

あなたに理解してほしいことがあります。
一体何が、女性の行動を決定しているか、

ということです。
 

結論からいうと、

女性の“感情”が
彼女たちの行動を決定しています。
つまり、
 

女性は、
男とベッドを共にするかどうか、
感情で決めているということです。
 

“感情”の反対は“思考”ですが、
彼女は思考であなたと寝るかどうかを
決めているわけではありません。
 

ですから、もしあなたが、
ターゲットに何か行動してほしい
と思ったら、
 

「彼女の考え方を変えるのではなく、
彼女の感情を変えなければならない」
 

ということを思い出してください。
 

このことについては多くの人が
言っていますので、あなたも
聞いたことがあるかもしれません。
しかし、
 

知っている人はたくさんいても
理解し実行できている人は、
ほとんどいないと言っても
過言ではありません。
 

多くの人が、
感情を動かす前にフライング、
誘ったり好意を伝えて撃沈してしまうか、
 

女性を説得しようとして
撃沈してしまいます。
 

・女性の決断(判断)は感情に支配されている

ということを理解し心に刻み込んでください。

20歳年下のかわいい女の子をバンバン落とせる

恋愛デプログラマー 西園寺のび太

 

◆漫画で見る女性の口説き方◆

 

「メールの返信がない女性との関係を復活させるメール」
「恋愛1000人セミナー」
を無料メールマガジン内でプレゼントしています。

 

PCの方はこちらから登録【漫画あり】

 

スマートフォン・携帯の方はこちらから空メールで登録

 

【恋愛デプログラマー】西園寺のび太です。
 

この前もお話ししたとおり、
これからしばらくの間、
 

ある男と、その男の興味深い
恋愛ノウハウについて

お話をしたいと思います。
 

その男とは、

『女性を口説かない』
 

という特殊な方法で、
たった半年間の間に、
 

モデルのようないい女ばかり
50名以上を上にまたがらせた男です。
 

女性が欲望を抑えられなくなってしまい、
上にまたがらないと気がすまない。
 

どうやったら女性をそんなふうに
操作することができるのか、

あなたも知りたいですよね?
 

これからじっくりお話しして
いきたいと思います。
 

が、

具体的な彼の話に入る前に、
ちょっと僕の個人的な話に
付き合ってください。
 

手前味噌ですが、
僕は全く女性にモテない男から、
 

20歳年下のかわいい女の子を
バンバン落とせるようにまでなった男です。
 

そんな僕があなたに言いたいのは、

「自分にしっくりくるノウハウを
見つけるまであきらめないでほしい」

ということです。
 

横山恋愛アカデミーの塾生さんには
お話ししたことがあるのですが、
 

僕はむかしノウハウコレクターで、
多くの教材を買いあさっていた時期があります。
 

今からほんの5年くらい前、
千葉の田舎でサラリーマンを
やっていた時です。
 

給料は全部恋愛ノウハウに
つぎ込んでいました。
 

とにかく新しい恋愛教材を見つけては
それを買い、買っただけで安心してしまい、
ろくに教材も読まない。
 

あるいは、読んでみたけれど、
全く使えないカスみたいなノウハウで
ガッカリしたり、、、
 

そしてまた次のノウハウを求めて
ネット上をさまよう。
 

そんな感じで、たくさんのお金を
ドブに捨ててきました。
 

カード限度額ギリギリまで
教材を買っていました。
 

そして、いつまでたってもモテないまま、、、

そんな時期が何年間かあったのです。
 

それでも僕は、結果、
モテるようになって今があります。
 

そんな僕があなたに言いたいのは、
この2つです。
 

・ノウハウコレクターで終わらないでください。

・決してあきらめないでください。
 

この2つだけはずっと強く言いたいと思います。
 

僕はノウハウコレクターでしたが、
結果としてコレクターだったことは
良い面もたくさんありました。
 

いろんな情報を集めて一番よかったのは、
「本物が分かるようになった」ことです。
 

だんだん、本当に使える良い情報が
見分けられるようになって、
 

実践して手ごたえを感じられるように
なっていきました。
 

世の中に出回っている恋愛ノウハウは
ピンきりですが、良いものもあります。
 

良いものに出会うまで、
どうかあなたもあきらめないで
ほしいと思います。
 

良いという意味には2つあって、

・ノウハウとして優れているもの

・自分に合っているもの

です。
 

どんなにノウハウが良くても
自分には合わないものも
やはりあるのです。
 

相性はしょうがないので、
自分に合うノウハウを
見つける必要があります。
 

それから、
素晴らしいノウハウとは、
テクニック以上に、
 

“やる気にさせてくれる”ノウハウですね。
 

多くは僕にとって買っただけで
満足してしまうものでしたが、
 

たまに、

気がついたら実践していたり、
参加して活動している塾
というものがありました。
 

それが横山さんやボンバーさん、
YRAやRDCだったわけです。
 

良いものは、買って満足するだけでは
終わらせない何かがあります。
 

ボンバーさんなんて特に、
ノウハウ云々よりも、会ったことによる
影響力がめっちゃでかかったです。
 

だから、あなたも、あきらめないで、
あなたがモテるようになるやり方を
どうか見つけてください。
 

絶対にあきらめないでください。
 

僕がブサヤリでこうやって
書かせてもらっているのも、
 

本物が分かるようになった今、
 

モテない男からモテる男に
変化した経験を持つ僕が、
あなたの役に立ちたいからです。
 

“女性に必要とされるいい男”を
 

ひとりでも多く、このブサヤリから
輩出したいと思っています。
 

これは綺麗ごとでもなんでもなくて、
本心でそう思っています。
 

僕自身がブサヤリに助けられた男ですので、
少しでも恩返ししたい。
 

少しでも社会貢献になればと思っています。
 

長くなってしまいました。
 

次回から、

『女性を口説かない』
 

という特殊な方法で、
たった半年間の間に、
 

モデルのようないい女ばかり
50名以上を上にまたがらせた男
 

について、具体的にお話ししていきます。
 

なぜ僕がこの男の話をするかというと、
もちろん、本物だからです。
 

それでは

モデルのようないい女ばかり50名以上が上にまたがる方法

恋愛デプログラマー 西園寺のび太

 

◆漫画で見る女性の口説き方◆

 

「メールの返信がない女性との関係を復活させるメール」
「恋愛1000人セミナー」
を無料メールマガジン内でプレゼントしています。

 

PCの方はこちらから登録【漫画あり】

 

スマートフォン・携帯の方はこちらから空メールで登録

 

【恋愛デプログラマー】西園寺のび太です。

 

おひさしぶりです。

 

もうすぐクリスマスですが、
いかがお過ごしですか?

 

この冬はめちゃくちゃ寒くなるみたいですね。
(もうすでにかなり寒いですが、、、)

 

風邪ひかないように、気をつけましょうね。

 

あなたも経験があるかもしれませんが、
ひとり暮らしで風邪をひくと

めっちゃツライです。

 

ひとり暮らしで風邪をひいたとき、
恋人がいるのといないのでは、
天国と地獄ほどの差があります。

 

だるくて頭が痛くて気持ち悪くてフラフラ。

 

そんな状態で、家族も恋人もいないと、
だーれも、

 

頭を冷やしたり布団をかけなおしたり
おかゆをつくったりしてくれない。
外からカラスの不吉な声が
カーカーと聞こえてきたり、
悪夢にうなされたりして、

 

「死んだ方がマシだ~」

「いっそ消え去りたい」

なんて絶望的な気分になったりします。

本当にツライ。

 

ところがこれが、
優しい彼女がいると、全然違うわけです。

 

優しい彼女は、
熱を計り、頭を冷やしてくれ、

 

おかゆを作ってくれたり、
果物やらアイスやら買ってきてくれます。

 

ラブラブなので、

 

彼女「チュー」

自分「風邪がうつるからダメだって」

彼女「いいからチューする」

 

みたいなバカップル的会話が繰り広げられ、
病気にもかかわらずそれはそれは幸せです。

 

孤独な風邪っぴきとは雲泥の差があるわけです。

 

あなたも、病気の時に看病してくれるような
優しくて、あなたにベタ惚れしている、
そんなかわいい彼女、欲しいですよね?

 

僕の知り合いで、

「モデルのようないい女ばかり50名以上」を

半年の間に“自分の上にまたがらせた”男がいます。

 

女性が欲望を抑えられなくなってしまい、
上にまたがらないと気がすまない。

 

女性をそんなふうにしてしまう男です。

 

彼のノウハウがあれば、
献身的に看病してくれる彼女なんて、
あっという間につくれてしまいます。

 

その方法は、

『女性を口説かない』

という特殊な方法です。

 

明日からその男の方法について、
お話ししていきます。

 

どうぞお楽しみに。

相手を好きになった理由の伝え方

会話プランナー 小橋しゅん

 

◆漫画で見る女性の口説き方◆

 

「メールの返信がない女性との関係を復活させるメール」
「恋愛1000人セミナー」
を無料メールマガジン内でプレゼントしています。

 

PCの方はこちらから登録【漫画あり】

 

スマートフォン・携帯の方はこちらから空メールで登録

 

 

こんにちは

小橋しゅん(表)

です

 

さて、今回は

<好きになった理由の伝え方>

についてお話しします

 

女性を口説く時に、

「私のどこが良いの?」

「どうして好きなの?」

と聞かれることは多いです

 

これらの質問に、

<女性が納得いく解答>

をすることが出来ればゲットにつながります

 

しかし、実際には

<女性を好きになった理由を上手く伝えるのは難しい>

のです

 

なぜなら、

<女性に好意をもった理由>

を正直に伝えても、その理由が
‘女性に理解されなければ’
逆に嫌われてしまうこともあるからです

 

例えば、あなたが相手の女性のことを

・すごく美人だから

・可愛いから

という理由で好きになったとします

 

ここで、もし正直に
‘女性を好きになった理由を伝えた上で’口説こうとするなら

「A子がすごくタイプだから」

と伝えれば良さそうですが、実際にはこの理由付けで

 

「あーそういう理由で好意を
寄せられたのなら嬉しいな」

と納得する女性は少ないんです

 

・すごく美人だから

・可愛いから

という‘好意の理由付け’は、相手が

<外見に自信の無い女性>

 

ならば

「可愛いと言われるのはうれしいけど、
本当は別の目的があるかも」

と警戒されてしまいます

 

そして、逆に、

<外見に自信のある女性>

ならば

「また外見しか見ないで軽薄に口説いてくる男か」

となめられてしまいます

 

つまり、たとえあなたが本心で

「すごく美人だから好きだ」

「あなたは可愛いから好きだ」

と好意を伝えても

 

【それが相手に良い印象を与えるわけではない】

ということです

 

「可愛いと言われるのはうれしいけど、
本当は別の目的があるかも」

とか

 

「また外見しか見ないで軽薄に口説いてくる男か」

などと女に思われてデメリットが生じる原因は、

<外見は女性の目に見えるものだから>

です

 

内面と違って、外見は女性自身も

<自分の美醜を評価出来てしまう>

という特徴があります

 

その結果

女性は自分の外見を○○だと思っている

→しかし、あなたは××だから好きだと言う

→○○と××の評価が全く異なる場合、
女性はあなたが好きになった理由を納得出来ない

→××がどんなに素晴らしい褒め言葉だったとしても、
女性が納得出来ない以上、あなたの好意が上手く伝わらない

・・・という事態におちいってしまうわけです

 

ではどうすれば良いか?

 

これは、

【内面の魅力を好きになった理由として伝えること】

が大事です

 

ポイントは以下の2つです

1、好きになった性格を抽象的なものにしつつも、
そう感じたきっかけを具体的に挙げる

 

2、「意外と××なとこもあると思った」という言い方にする

 

例えば

「A子のおしゃべりなとこ好きだわ」

→「最初会った時全然しゃべんない子なのかと
思ったけど、こうやって趣味の話とかすると意外と
しゃべるし面白い奴だよな」

・・・といった好意の伝え方が有効です

 

上記のような好意の伝え方の最大のメリットは

【必ずしも‘実際にA子がおしゃべりである必要はない’】

という点です

 

たとえ、A子自身が自分のことを

<無口で暗い女>

と評価していたとしても、

「A子のおしゃべりなとこ好きだわ」

→「最初会った時全然しゃべんない子なのかと
思ったけど、こうやって趣味の話とかすると意外と
しゃべるし面白い奴だよな」

 

のような褒められ方をされることによって

「私ってそういう風にも見られることがあるんだ」

と納得してもらいやすいんですね

 

これはA子が、自分のことを

<明るくておしゃべりな女>

と評価していたとしても有効で

「この人は私の良さをわかってくれる」

と思ってもらえます

 

A子の実際の性格がどうであれ、目に見えない以上、

【その印象をどう語ろうとあなたの自由】

なわけです(これが女の外見に対する印象だと、
そうはいきませんよね?)

 

あなたが好感をもったきっかけを具体的に挙げて

「第一印象とは異なる意外な一面も知った上で
好きになったんですよ」

という伝え方をすれば、女性も好意を受け入れやすいのです

 

人は

「自分の内面が他人にどのように見えるか?」

が気になって仕方ないくせに、
‘それを確認することが出来ません’

 

だから、

「内面を好きになった」

「話してて○○な印象を受けたから魅力的に感じた」

と言われると、どうしても

 

「え?自分ではそう思ってなかったけど、案外私って
そういう魅力もあるのかもしれない」

と納得せざるを得ないのです

 

なので、褒めるのが苦手な人は、単純な外見の魅力よりも、

<内面の魅力の褒め方>

を意識してみてください

 

女の外見レベルが上がるほど、‘内面の褒め’が効きます

 

・明るい

・友達多そう

・頭良さそう

・お嬢様っぽい

・しっかり者

・甘え上手

・話すと楽しい

・癒し系

 

など、さまざまな形容詞を使って
‘相手の女性の良さ’を表現出来るようになりましょう

 

もちろん褒めてばかりでは足りませんが、
褒めるのが苦手な人はまずはこの辺りから始めてみると、
‘相手が喜ぶ褒め方’が出来るようになります