付き合ってない女性へ送るメールの内容

恋愛システムエンジニア 横山建

◆漫画で見る女性の口説き方◆

「メールの返信がない女性との関係を復活させるメール」
「恋愛1000人セミナー」
を無料メールマガジン内でプレゼントしています。

PCの方はこちらから登録【漫画あり】

スマートフォン・携帯の方はこちらから空メール登録

 

 

恋愛システムエンジニア、横山建です

 

さて、今回は前回の続きで

付き合っていない人へ送るメール編

をお送りします

 

 

前回の予告通り

好き

好感

普通

興味なし

嫌悪

という好意の5段階レベルによってどういうメールを
送ればよいかということについて取り上げます

 

 

で、今回お話するのは、まだ付き合っていない女性に対してのメールですが
こちらは付き合っている女性よりも、【内容】に慎重になるべきです

 

 

付き合っている女性には、【内容】よりも【頻度】が重要でしたが
付き合っていない女性に対しては、メールの【内容】が重要です

 

 

好意レベル「好き」の女性に好意レベル「嫌悪」用のメールの
やり取りをしてもダメだし「興味なし」の女性に「好き」用のメールの
【内容】を送ってもいけません

 

 

●「興味なし」「普通」の女性に送るべきメール

 

【内容】

この好意レベルの女性は基本的にメールを返すのが面倒臭い状態にあるので
付き合っている女性にするメールは、送ったらダメなことがほとんどです

 

「なんであなたがこんなメールを私にしてくるの?なんて返せばいいの?」

 

という心理に女性はなるからです

 

 

とにかくどういうメールを送ったらよいかは、詳しく後述しますが
慎重にならないといけません

 

 

メールというツールは、送れば送るほど好意があがるというものではなく

見当な違いなメールは、送れば送るほど好意が下がる大変危ないツールなのです

 

 

【頻度】

女性はこちらのことを身近には感じていないので、送りすぎても
好意は下がっていくだけということになります

 

送りすぎると、「ウザイ」と思われて、無視するという選択を
女性はとるようになるので、送りすぎないようにします

 

1週間に1回は送りすぎです

1か月から2カ月に1回くらいが丁度ということになります

 

 

 

●「嫌悪」の女性に送るべきメール

 

【内容】

あるとすれば、腹を割ってしゃべるメールを送るになります

 

嫌悪と思われてしまう理由は

1 生理的に嫌われている

2 何かいやなことをして嫌われている

のどちらしかありません

 

 

生理的に嫌われている場合に関しても、何かいやなことをして嫌われている場合でも
原因を知って、それを直すようにすれば、「嫌悪」から脱却することは出来る訳です

 

 

そういう意味で

「なんか嫌われているような気がするんだけど理由があったら教えてほしい」

という風に相手と腹を割るということになります

 

 

「何を言われても絶対に怒らないから」

と付け加えておくことも重要です

 

 

また、心当たりがある場合は

「この間自分がしたことについて怒ってるのを謝りたい。腹を割って話しがしたい」

と相手に伝えることになります

 

 

また、これは出来れば、メールより実際に会って話をした方が
絶対に良い方向に行く確率は高いです

 

 

なぜならば、メールは、電話や実際に会っているときと違い
「返答を無視をする」という選択があるからです

 

 

【頻度】

好意レベルが「嫌悪」なわけなので、メールは基本、送るたびに
嫌悪感を女性は感じることになるので、むやみやたらに送らないのが無難です

 

 

 

●「好感」の女性に送るべきメール

 

【内容】

まあまあ好かれているからといって調子にのらない方がいいということが言えます

 

メールのやり取りが続くように続くようにする男性を良く見かけますが
好意レベルが「好感」である以上はまだ、好意レベルは不安定で、ちょっとしたことで
好意が下がったりします

 

メールは属性ありの女性は別にしておいて、属性ナシの女性は
メールを返すのが面倒になって好意が下がることは十分に考えられます

 

それで、この好意レベルの女性には、メールのやり取りをしながら

電話をする

にもっていくか

食事をする

にもっていくか

どちらかを目指した方がいいです

 

 

なぜかといえば、どちらかをしたほうが、よりリスクがなく、より早く
好意をあげることができるからです

 

 

電話にもっていく方法としては

質問系のメールを送る → 女性からメールが来る → 即電話する

というパターンです

 

 

質問の内容は、「好感」ならばほとんどの質問をしても
返事は返ってくるので、何か適当に考えて送れば大丈夫です

 

「ちょっと聞きたいんだけど…」

「ごめん、メールより電話の方が早いとおもって電話しちゃった」

という風に切り出して、電話に持っていきます

そして、その質問の用事を終わらせてから、プライベートの話にもっていき
好意を上げていくわけです

 

 

食事にもっていく方法としては

【行きたいと言わせてから誘う】という方法を取ります

 

 

「なんかおなか空いてきたなー、今、何でも食べられるとしたら何食べる?」

「パスタかなー」

「へー、おれ、めちゃめちゃおいしいパスタの店知ってるよー」

「えー、行ってみたいー!」

「じゃ、今度行く?」

といった具合になります

 

 

「○○○○に行ってみたい」

「○○○○が好き」

「○○○○が食べたい」

 

といったようなことを一度、言わせてから誘うと
人間には、【一貫性の原理】というものが働くので来てくれやすくなります

 

 

【頻度】

 

こちらも、ある程度の感触だからといって、頻度を詰めすぎない方がいいです
十分に気をつける必要があります

 

女性からメールがどれくらいの頻度でくるかも重要です

 

それに合わせた形でこちらもメールを送ります

 

相手から全く来ない場合は、2週間に1度くらいのメールが
一番安全です

 

また、メールだけにしておくと、なかなか距離が埋まらないので
やはりメールだけではなく、電話を使った連絡がベストです

 

 

 

●「好き」の女に送るべきメール

 

【内容】

好意レベル「好き」の女性であれば、どのような内容のメールでも
返ってくる状態ではあります

 

よほど変なメールを送って好意を下げない限りは、どのようなメールをしても
いい反応のメールが返ってきます

 

今、こういうことをしていますよ系のメール

挨拶メール(おはよう、ありがとう、おやすみ)

 

相手のことについて質問するメール

といったようなメールを送っても反応がいいわけです

 

「好感」の女性には、これらのメールはやりすぎると好意を下げる可能性もあります

 

 

「好感」の女性に、これらのメールの内容は気軽すぎる場合があるのですが
「好き」の女性には、これらの内容のメールを送っても女性は欲しいと思っています

 

 

あと、やはりこれらのメールを送るのはいいですが

電話に持っていく

食事に持っていく

と言うことをやった方が、よりリスクなく、より早く、より正確に
好意レベルを引き上げることが出来るので、そちらにもっていくべきです

 

 

また、電話や食事に持っていくことに恐怖を感じる方もいると思います

どういう恐怖かと言うと

【自分が女性に不慣れで失敗してしまうのではないか】

という恐怖です

 

 

これも以前、俺は持っていました

電話したら、嫌われてしまうのではないか?

だからメールの方でなんとかしたいと考えてしまう

 

 

でも、それでは、やはりダメなのです

 

 

なぜかといえば、女性と実際にトークをするのは絶対的に避けられないので
心配していることはどこかのタイミングで確実に起こることだからです

 

 

女性と会話することは絶対に避けられません

 

 

避けては通れないので、実践を積んで女性と話して好意を
あげられる男になるしかないのです

 

 

さて、次回は

「興味なし」から「好感」へ引き上げるための
具体的な方法について取り上げます

 

 

お楽しみに

 

 

さらに、あなたの恋愛エネルギーが何か?

を知ることでよりあなたの成功がストレス無く加速します。

 

俺が考案した新理論になります。

 

自分の恋愛エネルギーを知り、具体的なステップを知る

 

 

「興味ナシ」から「好感」へ引き上げるメール術

恋愛システムエンジニア 横山建

◆漫画で見る女性の口説き方◆

「メールの返信がない女性との関係を復活させるメール」
「恋愛1000人セミナー」
を無料メールマガジン内でプレゼントしています。

PCの方はこちらから登録【漫画あり】

スマートフォン・携帯の方はこちらから空メール登録

 

 

恋愛システムエンジニア、横山建です

 

 

さて、今日は前回のメルマガの続きで

「興味なし」から「好感」へ引き上げるための

メール術について取り上げます

 

 

 

『「興味なし」→「好感」の引き上げ方』

 

 

好意レベル「興味なし」から好意レベル「好感」に

あげるためのメールの方法なのですが、

これまでお話してきた

● メール好き属性

● 男へのハードルが甘い属性

という属性付きか属性なしかでだいぶやり方がだいぶ変わってきます

 

 

属性ありの女であれば

【メールのやり取りだけで十分引き上げが可能】

ということが言えます

 

 

しかし、属性なしの女であれば

【過度のメールはやればやるほど逆効果】

となってしまうのです

 

 

こういうことがあるので好意レベル「興味ナシ」の女を

好意レベル「好感」に持っていくには次のような戦略を取ります

 

 

「興味ナシ」から「好感」に引き上げる戦略

 

1 属性なしかありかがわからない段階では、頻度も内容も無難なメールを送る

2 属性がありだとわかったら、メールのやり取りで好意レベルをあげる

3 属性ナシの場合は、メールのやり取りだけでは無視されるので

 

 

頻度は低いながらもメールをし、電話か実際に会える(多人数含む)機会を狙う

4 無難なメールについては以下のメールを送る

 

ということになります

 

これが「興味ナシ」の女の好意レベルを引き上げる重要戦術です

 

 

一番重要なのは、興味ナシの女性については、これからお話しするような内容の

メールにとどめておいて、そこから

 

● 電話に持っていく

 

もしくは

 

● 多人数で会えるように持っていく

 

のどちらにしていくことです

 

 

 

属性ナシで好意レベル「興味ナシ」の場合は

「好感」の女性に送るようなメールは絶対に送ってはなりません

好意が下がるというのは、これまでお話ししてきた通りとなります

 

 

では、好意レベル「興味ナシ」の女性に送るべきメールですが

以下となります

 

 

「興味ナシ」の女性に送るべきメール術 1

● 共通の友達におこったニュース的なことを報告するメール

 

 

あなたとその女性に共通の友達がいる場合は、

是非活用してほしいのですが、

共通の友達におこったニュース的なことを報告するメールは理由が

非常に明確であり、なおかつ女性にとっては

「まじでまじで?それでそれで?」

というようになりやすいメールであり

相手があなたに好意を持っている持っていないにかかわらず非常に

スムーズにメールを送れるメール術となります

 

 

 

これはたとえば

「○○(友達)、彼女できたらしいですぜ」

「○○、あいつ、仕事やめたって聞いた?」

といったようなメールとなります

 

 

 

「興味ナシ」の女性に送るべきメール術 2

 

● 相手が興味のあるところにポイントを合わせたメール

 

 

メールを送る女性が興味のあることや

好きなことについてそれにポイントを合わせたメールを送るということです

 

 

これも、相手に興味がある内容であれば、

必ず女性はメールに食いついてきて、更にメールのやり取りも楽しいと

思われるメール術です

 

 

これは、女性がたとえばミスチルが好きなら

「今度、ミスチルのライブ、○月○○日にあるらしいよ!」

といった形で

 

 

また、たとえば女性が映画が好きなのであれば

「今日、○○○○○(映画の名前)見てきたよー。もう見た?」

といったメールです

 

 

また、相手の好きなアーティストの画像や

着うたをあげるという手もありです

 

 

しかし、これはあくまでも

相手の興味がある事柄を突いていかないと

逆効果になる可能性があります

 

 

このため、相手がどんなことに興味があるかは知っておいた方が

有利ということになるわけです

 

 

 

「興味ナシ」の女性に送るべきメール術 3

 

● 入ってきた瞬間に返さずにはいられないメール

 

 

更にメールのやり取りができる、

そして返信が返ってくるメールというのは、

女性があなたのメールを見た瞬間におもわず返したくなるようなメールです

 

 

このメールも、あなたが好意をもたれている

もたれていないに関わらず、食いついてくれるメールとなります

 

 

例でいけば

「この間、会った時はおもいだせなかったけど、○○の似てる芸能人

やっと誰かわかったわ」

というメールや

「○○(女の名前)、今、見かけたけぞ!気づいた?」

(見ていなくても)

 

 

といった具合に返したくなるメールを送るということです

そして、この先から発展させて話を膨らませていくというメール術です

 

 

「興味ナシ」の女性に送るべきメール術 4

 

● 潜在的に女性が話したいことが話せるメール

 

こちらは心を開かせる技術に通ずるメール術ですが、

相手が潜在的に話したいとおもっていることを、あえて話させるために

その話を誘導できそうなメールを送るということになります

 

 

例えば、その女性が共通の知り合いについての

グチを会っている時に話していたとしたら

 

「俺も今日、○○と話したわー。

でも、やっぱあの人ちょいムカツクとこあるね(苦笑)」

 

といったように

 

 

「そうでしょー?どんなこといってた?」

 

というように誘導し、話を発展させる

(ここで電話に持っていくのも可)

 

 

また、その女性がレゲエを聞くような子だったら

 

「どうも♪この間教えてくれた、○○○○(アーティストの名前)

聴いてみたわー。ちょっといいとおもってきたよ、おれも」

 

 

といったように、女性にレゲエの話を更にさせるようなメールを

送るということになります

 

 

このメールも、もちろん、女性がどんな話をしたいとおもっているか

ということを、掴んでおかなければいけません

 

 

逆に、掴んでおけば、あなたとのメールのやり取りにも

食いついてきてくれ、接点を持ちやすくなるわけです

 

 

 

「興味ナシ」の女性に送るべきメール術 5

 

● ビックリするようなメール

 

あなたのメールを見た瞬間にビックリするようなメールも

感情を動かされるメールであり、メールが無視ということは

ほぼありえないメールとなります

 

 

そして、このビックリするというメールは

【写メ】を有効に使うのがよいです

 

 

例えば

「たまたま通りかかったらすごいことになってるーーー」

ということで事故現場の写メを送る

 

 

また

「これはだれでしょうかー?」

といった形でたまたま見かけた芸能人の写メを送る

 

といったような決定的瞬間、女性が見た瞬間に

ビックリするようなメールを送る

 

 

 

「興味ナシ」の女性に送るべきメール術 6

● 女性が得意なことについて教えてもらう

 

 

そして、女性にメールをするの非常に明確な理由を

作り出すことができるのが、女性が得意なことについて

教えてもらうというメール術となります

 

 

例えば、その彼女が看護婦だったら

「友達が、妊娠したんだけど、市内で一番、いい産婦人科ってどこ?」

というかんじで

 

 

その女性が割りとおいしいお店を知っているような女であれば

「○○(地名)で飲み会するんだけど、どこかいいところない?」

というかんじで

 

 

教えてもらうというのは、非常に理由が明確であり、

人間は自分が得意なことに関して聞かれるとつい

話したくなってしまうのです

 

 

 

教えてもらうというのは、会話術で使えるだけでなく、

メールでもものすごく有効なコミュニケーション術です

 

 

 

「興味ナシ」の女性に送るべきメール術 7

● 用事やお知らせを作り出す

 

 

また、「興味ナシ」の段階では、理由が明確なメールがいいので、

用事やお知らせのメールというのは単純に

メールをした理由が明確でよいです

 

 

例えば

「○○(共通の知人)のメルアドって知ってる?」

「今、友達がバイトできる人を探してるんだけど、どう?」

「今度、みんなで飲み会やるんだけどこれる?」

「7月31日にバーベキューを開催しますが参加しませんか?」

といったようなメールがこれにあたります

 

 

連絡が取りづらい人であれば取りづらい人であるほど

明確な理由をもってメールをしたほうがいいので、

連絡が取りづらい人であれば、用事やお知らせを

自ら作り出しメールをするのはオススメです

 

 

 

「興味ナシ」の女性に送るべきメール術 8

● 前回のメールの内容を受けてのメール

 

 

また、この話は非常に重要ですが、

女性とメールのやり取りを行っている時も、

次のメールにどうつなげるか?は十分考えておいてほしいところです

 

 

つまり、その時のメールのやり取りだけで

【話を完結させない】ようにするということです

 

 

例えば

「今度、飲み会する?」という誘いに、女性が乗ってきた場合も

「渋谷で8時ねー」とだけ言っておいて、

詳しい場所は言わないということです

 

 

これで次に接点を持つことができるわけです

 

 

また、映画が好きな子にオススメの映画を教えてもらったなら

「教えてもらった映画、見たよ!」

ということで、前のメールのやり取りの内容から、

次にメールする理由を作り出すということを

意識しておいてほしいのです

 

 

これらのメール術の中で、流れやその女性との関係性などを考慮して

一番ベストなものをチョイスしていきます

 

頻度は3週間ほどに1度くらいで十分です

 

 

 

そして、属性ありの女性であれば、もっとメールのやり取りをして

好意レベルをあげ、属性ナシの女性であれば

 

 

● 電話に持っていく

もしくは

 

● 多人数で会えるように持っていく

のどちらにしていくことです

 

 

電話に持っていく方法としては、これらのメールを打って返信が来た時に

「ちょっと電話しても大丈夫?」

といって、電話をし、要件を終わらせてから

「ところで・・・」

という感じでプライベートな話に入っていきます

 

 

ただ適当に「電話していい?」では、なんだかんだと都合が悪いと

言われる可能性もありますが、今回のメール術を受けての流れだと

その可能性は低くなります

 

 

以上を繰り返すことによって

「興味ナシ」 → 「普通」 → 「好感」

というように好意を上げていくわけです

 

 

そして、これらの方法をもっと具体的に完全伝授しているのが

横山恋愛アカデミー となります

 

 

横山恋愛アカデミーでは、本当に多くの方知らない

【友達から恋人への壁を超える方法】について教えています

 

 

この塾は評判が評判を呼び、6年間、口コミなどで

多くの方が入塾されてきました

 

 

なぜか

 

 

それは横山恋愛アカデミーを卒業された方の目覚ましい成果にあります

どれくらい目覚ましい成果をあげているかはこちらをどうぞ

http://busayari.com/juku11