初デートで女の子から減点されないファッション

それでは、今日のブサヤリは、コンサル陣の1人
トータルファッションコーディネーターの
荒木ユウヤさんになります

 

では、どうぞ!

 

こんにちは。
荒木ユウヤです。

 

ファッションアドバイスでよくもらう質問に
回答しておこうと思います。

 

それは「女の子との初デートの時にどんな服をきていくか?」です。

 

まず、どんなに色んな女性と付き合っても
ゲットまでに必ず通るイベントは何でしょうか?

 

それは、初デート、です。

 

新しく付き合いだした女性との
初めてのデートも、初デートです。

 

ナンパして食事に連れ出した時も
その場で初デートとしていると考えていいでしょう。

 

初デートは、何もかもが新鮮で、
出来る事なら完璧なデートにしたいですよね。

 

そして、次の接点が取れるようにする
とても大事な場面です。

 

そんな初デートの中で
誰もが悩んでしまう問題といえば
「デートプラン」ではないでしょうか?

 

◇どこに行けば楽しんでもらえるか?
◇どこでご飯を食べようか?
◇きちんとエスコートできるか?

こんな感じで皆さんは悩むことでしょう。

 

しかし一つ見落としているところがあります。

それは「ファッション」です。

 

どんなに気合を入れても
どんなに良いデートコースを選んでも
どんなに美味しいお店を選んでも…

 

「この人と並んで歩きたくない!!」

と、思われてはデートも台無しです。

 

しかし「ファッション」って難しいですよね?

◇どの位、気合を入れていけばいいのか?
◇ラフな格好でも大丈夫か?

 

など服装への疑問は尽きないもの。

 

そこで今回は「女の子との初デートのファッション」を
紹介したいと思います。

 

まず男性が初デートで思い浮かべる洋服。

行く場所にもよりますが、デニムにチェックシャツのような
カジュアルな「服装」を思い浮かべる方が多いと思います。

 

普段はスーツを着てるから休日くらいカジュアルに・・・

 

なんて考えたら失敗します!!

この服装は2回目以降のデートの「服装」です!!

 

初回は、清潔感と安心感を与える為に
テーラードジャケットに、デニムやチノパン。

こんなキレイめカジュアルが正解です。

 

この時に、カラーアイテムで
シンプルの中に、季節感やPOPさを
プラスするのが効果的です。

 

デートする場所にもよりますが
初デートとしてこの選択は間違いありません。

 

初デートという特別な日に
あまりラフ過ぎる格好してしまうと

その適当さから、女性側に
不信感を抱かせてしまいます。

 

だからといって、本格的なスーツとなると
引いてしまう女性も多い。

その辺りのバランスが要注意なんですね。

 

(仕事帰りなど理由がある場合は、スーツもOKです)

 

この初デートで好印象を与えることが出来れば

「次も会ってみたい♪」
「一緒に買い物に行ってみたい♪」
「部屋もオシャレなのかな?」

 

なんて女性の妄想も広がります。

そうすれば、次の接点も取りやすくなりますよね?

 

そして2回目のデートでは、カジュアルを試す。

 

そして3回目以降は
女性の趣味に合わせて「服装」を
変えていくのもが、良い方法ですよ。

 

3回目までデートに来てくれるという事は
そこそこ好意が上がっているはずなので
多少、オリジナルなものを入れていっても大丈夫です。

 

とにかく1回目は、王道。

まずは減点をされないファッションを
狙うことが大事です!

 

◆漫画で見る女性の口説き方◆

「メールの返信がない女性との関係を復活させるメール」
「恋愛1000人セミナー」
を無料メールマガジン内でプレゼントしています。

 

PCの方はこちらから登録【漫画あり】

 

スマートフォン・携帯の方はこちらから空メール登録

 

女の子にモテる服。オシャレ「1 : 3.5 : 2」の法則

さて、それでは、今日のブサヤリは、コンサル陣の1人
トータルファッションコーディネーターの
荒木ユウヤさんになります

では、どうぞ!

 

トータルファッションコーディネーターの
荒木ユウヤです。

8月終わりも近いというのに
まだまだ暑いですね!

 

先日YRA23期の募集も終わったようですから
また新しい方へのファッションアドバイスが増えてます。

 

初めてお会いする方も増えると思います。

よろしく!

 

さて、まだまだとんでもなく暑い日が続いてますが

僕は既に、秋物アイテムを探しています。

 

夏よりも秋・冬は着る物が増えるわけですが

新しく服を買う時に注意してほしい事があります。

 

それは「着回し」という概念です。

僕が考える洋服で一番ダメな買い物とは

着回しを考えないで買うことです。

 

特に男の人に多いのがこの買い物の仕方です。

 

具体的にいうと

「すごくデザインの入っているジャケット」
「すごくデザインの入っているパンツ」

 

このような単体で見ればすごくかっこよく見える
個性の強い(主張の強い)洋服。

 

こういうものばかりを一点ずつ買ってしまう。

でも、これらを毎日毎日着ていたら
いくら違う物を着回しても、毎日同じものを着ているように見えてしまうんです。

※主張が強いデザインは印象に残っているため

 

そうすると女の子からは
毎回デートで同じ服を着てくる人、というイメージを持たれます。

 

「それしか服もってないの?」

「いつ洗濯してるの?」

 

って事になります。

 

そして、これからオシャレで
女性ウケを高めていきたい方に
僕がオススメする最初のステップ。

それは「基本となるアウターとパンツを選ぶ」という事です。

 

もし、まだ持ってなければ抑える必須アイテムが

■アウター

 → 着丈の短いテーラードジャケット。

 

■パンツ

 → テーパードのデニム&白パン。

この二つです。

これは必ずおさえて下さい。

 

そして、次はインナー。

■カットソー

 → 首元のあいた(VネックやUネック)カットソー

を持っておきましょう。

 

さらにいえば、シャツは
サイジングがとにかく重要です。

 

・肩に合わせると着丈が長い。

・着丈に合わせると胸がきつい。

 

などなど、カットソーと違って
伸びない素材が多いシャツは、選ぶ時は慎重にしてください。

 

※サイジングがとにかく重要です!

このような感じで、インナーを
3、4枚選んでみましょう。

 

そうすると・・・

あら、不思議?!

これで一揃えの着回しファッションが
完成してしまいます!!

 

デニムやチノパン、テーラードジャケット等の
定番アイテムは、毎日着ていても違和感を感じさせません。
(あまりにもいつも同じではダメですが)

もちろん、洗濯も毎日しなくても大丈夫です。

 

しかし、インナーは一度着たら
洗濯をしなければなりません。

なので、インナーは3、4枚あると
着回しがきくようになります。

 

僕が考える、着回しアイテムの黄金比率。

それは【1:3.5:2】です。

 

(アウター)1:(インナー)3.5:(パンツ)2

アウターを1追加したら
次はインナーを3.5、パンツを2増やす事で
かなりの着回しコーデを増やす事が可能です。

 

これを間違えてアウターを数着に対して
インナーは3枚、パンツは1本、という風になると

結局、着回しアイテムが少ないので
「いつも同じ服を着ている」イメージを持たれます。

 

「この前アウターを1追加したから
 それに合う色のインナーとパンツを追加しよう」

 

こんな風に考えながら買い物をしていけば
無駄のないオシャレイメージを
女の子にもってもらえますよ!

 

久しぶりの募集です!

ファッションの話に関しては
僕とボンバーさんの専用メルマガがあります。

女ウケするファッションを
もっと知りたいという人は登録してください!

 → http://boron-ex.jp/fx/RJ

荒木ユウヤ

なぜイケメンで会話がうまくてもモテないのか?

恋愛デプログラマー 西園寺のび太

 

◆漫画で見る女性の口説き方◆

 

「メールの返信がない女性との関係を復活させるメール」
「恋愛1000人セミナー」
を無料メールマガジン内でプレゼントしています。

 

PCの方はこちらから登録【漫画あり】

 

スマートフォン・携帯の方はこちらから空メールで登録
 

【恋愛デプログラマー】西園寺のび太です。

どんなにイケメンで身長が高くて
会話が上手くても、モテない男がいます。
 

服装がダサい男です。
 

っていうか、服装がダサいと、
顔立ちが良くても、そもそも
イケメンに見えない。
 

あなたの周りにもそういう人いませんか?
 

ダサくて地味なんだけど、
よーく見ると実はイケメン。

もったいない。という人です。
 

逆にイケメンじゃなくても、おしゃれで
雰囲気が良ければイケメンに見えます。
 

雰囲気イケメンという言葉も存在します。
 

おしゃれな人ってなんかオーラありますよね?

僕は今まで、たくさんの男性に
劣等感を感じてきました。
 

それで最近気づいたんですが、

「なんか近寄りがたいな」
「俺とは違う世界のイケてる感じの人だな」
 

って僕がいままで勝手に劣等感を
感じてきた男性は、いま思えば
みんなおしゃれな男性たちなのでした。
 

なぜか彼らには近寄りがたくて、
理由のわからないコンプレックスを
常に感じていました。
 

そのコンプレックスの理由は
ファッションの力が大きかったんだなと
今はわかります。
 

女性が求めているのは、清潔感のある
そこそこのおしゃれさんであり、
モテるのは雰囲気イケメンです。
 

雰囲気イケメンのまさに言語化できない
“雰囲気”に、女性は惹かれるし、
おしゃれじゃない僕は劣等感を感じたのです。
 

言語化できない雰囲気、
背景にある僕の知らない世界観。
 

そんなものがおしゃれな彼らから
感じられて、圧倒されていた。
 

ファッションて言うのは
そういうパワーがあります。
 

これは、関心のない人には
本当にわからない世界ですが
 

この強力なパワーを知っている人は
安い投資と思って良い服を買います。
 

前回までのメールで
初対面の会話で女性に魅力的に思われる
会話テンプレート(餃子)、
 

それから、

女性に価値を感じさせる
「男と2人で●●をやったことはある?」
という質問などを紹介してきました。
 

これらは本当に強力なテクニックです。
 

(メールだけでは強力さは伝わりづらいかもしれません。
テキストを読めばよくわかります)
 

しかし、こういうテクニックを使っても
絶対に女性が食いついてこない男性が、
残念ながら存在します。
 

それが、外見でNGを食らってしまった人です。
 

どんなにイケメンでも、
どんなに彼女の好奇心を刺激しても、
 

「一緒に並んで歩きたくない」

と思われたら、
一緒に経験するのは無理ですよね。
 

「なぜか女性の食いつきが悪い」
という人は、服装でNGを
出されている場合が多いです。
 

これは誰も指摘してくれないので、
本人はなかなか気づけません。
 

自分のセンスっていうのは根拠なく
信じてしまいがちですが、
本当に疑った方がいいです。
 

女性から服装を褒められたことがない人、
会話は頑張っているのになぜか女性の
食いつきが悪い人は、一度自分の
ファッションを疑ってください。
 

会話に自信があるのになぜかモテない。
 

そういう人は、
女性ウケする服装を知っている人に
的確な指摘をしてもらい、服装を改善し
無駄なNGをなくす必要があります。

 

近所の洋服屋さんで店員から
アドバイスをもらえばいいんじゃね?

というのは大間違いです。
 

洋服屋さんの店員さんは、とにかく在庫を
ハケようとして、たくさん売れ残っているものから
あなたに売りつけようとしてくるからです。
 

これは
ファッション・コーディネートを生業としている
そのプロの人から聞いた話であり、
業界の常識のようです。
 

あなたにも洋服屋さんですすめられて
その場のノリで買ってしまったけれど
後で何度鏡を見てもしっくりこない
似合わない服ってあるんじゃないでしょうか

女が落ちるテンプレート

恋愛デプログラマー 西園寺のび太

 

◆漫画で見る女性の口説き方◆

 

「メールの返信がない女性との関係を復活させるメール」
「恋愛1000人セミナー」
を無料メールマガジン内でプレゼントしています。

 

PCの方はこちらから登録【漫画あり】

 

スマートフォン・携帯の方はこちらから空メールで登録

 

「女が落ちるテンプレート」
っていうのが、あったらいいと思いませんか?
 

ただそのまま実践していただくだけで
女性が勝手に反応してしまう、
興味を持ってしまう、そんな会話が
簡単にできてしまうテンプレートです。
 

実は、あります。

その実例として、初対面での
最初の会話をひとつ、ご紹介しますね。
 

初対面の最初の一言(オープナー)は、

“さりげないオープナー”と

“ユニークなオープナー”に

分けることができます。
 

今回、ご紹介するこのオープナーは、
ユニークなオープナーです。
 

初対面であれば、パーティー、合コン、
クラブ、ネットナンパなど、
あらゆるシーンで使えます。
 

かなりユニークな上に、
女性の気を引くこともできます。
 

こんな感じです。

■ 餃子
 

あなた:「ねえ、餃子って好き?」

(女性の反応)
 

あなた:「そうなんだ。俺が中一だった時に、
弁当に必ず餃子が入ってる女の子がいたんだよ。
 

親が餃子を好きなのか、その子が
好きだからなのかはわかんないけどね。
 

しかも、その子けっこうわいい子だったんだよ。

俺ら友達と、その子のこと、『餃子』って呼んでて(笑)
キミがその子にそっくりなんだ。
 

もしかして、あの時の山崎(餃子の子)じゃないよね?」

(女性の反応)
 

あなた:「そうか。あの時、からかってたことを謝りたいんだけど……

(彼女を餃子にしてしまう)

俺はチンコの皮も剥けていないバカガキだったから、
かわいい餃子をいっつもバカにしてたんだ。
 

今は、マジ反省してるよ……

大人になってあの時のことを謝りたいなと思って。

なあ許してくれる?」
 

(彼女はしょうがなくあなたを許す)
(許してくれなければ、許してくれるまで謝る)笑
 

仲直りの握手をする(笑)

__ここまで__
 

どうですか?
 

これを読んで、

「いやいや、こんなこと言えないよ、
俺が言っても絶対無理だろw」

っていう人、

「あー、なるほど、確かに
モテるアイツは初対面からこんな感じだわ」

っていう人、

「そうそう、これだよ、これ。やってるよ」

っていう人、

様々だと思います。

「自分には無理」と思った人。
 

そんなことはありません。

できます。
 

ただし、前にもお話ししたとおり、
会話には、

・何を言うか
・どのように言うか
・誰が言うか
 

という要素があり、上記テンプレートは
「何を言うか」というところに当たります。
 

それ以外にも、
・どのように言うか
・誰が言うか
 

というポイントもキッチリ
押さえることが重要です。
 

実は上記の会話例は、
ここのところご紹介している教材、
「彼女のマスターキー」に
出てくる会話例です。
 

ちなみに、作者の今井さんは、この
トリッキーなユニークオープナーに関して
 

「もしあなたが俺と同じで『感情を捨てた』(つもりの)
恐れを知らないチャレンジャーなら
この手のオープナーを頻繁に使うと良いでしょう(笑
 

さりげないオープナーと同様に、女性には
誘っていると思わせずに、アプローチすることが
可能なので、ユニークオープナーは非常に効果的です」
 

と言っています。
 

恐れがあるなら
“さりげないオープナー”の方を
使えばいいんですね。
 

「彼女のマスターキー」では、
このような会話実例が、
 

STEP1: アプローチ(オープナー)
STEP2: スライド
STEP3: 惹きつける
STEP4: 心地よさ
STEP5: 誘惑
STEP6: 関係

というステップごとに紹介されています。
 

会話実例は本当に使えて
素晴らしいです。
 

全て今井さんが効果検証済みとのことですし、
実際に僕がやっているような会話もたくさんあり、
僕からも効果は保証できます。
 

が、しかし、僕はそれでも、
テンプレートはオマケだと思っています。
 

今井さんも、このような
テンプレート的なマニュアルを
書くことを避けていたそうです。
 

なぜなら、

「あまり詳細な会話例などを
書いてしまえばテクニックに依存してしまい
あなた自身の成長を妨げてしまうのではないか
という恐れがあったから」

ということです。
 

やはり、今井さんのノウハウの本質は、
遺伝子レベル、女性の本能の話であり、
「口説かずに落とす」
というところにあるということですね。
 

・どのように言うか ⇒ 女性の本能が求めるように言う

これが「彼女のマスターキー」の
コンセプトだと僕は理解しています。
 

・誰が言うか
 

という要素に関しては、

例えば、ひとつだけ例を上げると、
 

ダサい人とおしゃれな人が、
同じことを女性に話しても、
同じ反応が返ってこない、ということです。
 

あなたもダサい女性より、
おしゃれな女性らしい子が好きだし、
そういう子と話をしたいですよね?
 

つまりファッションは
口説かずに落とすための重要な要素です。

恋愛とファッション=カップ麺の選び方

◆漫画で見る女性の口説き方◆

 

「メールの返信がない女性との関係を復活させるメール」
「恋愛1000人セミナー」
を無料メールマガジン内でプレゼントしています。

 

PCの方はこちらから登録【漫画あり】

 

スマートフォン・携帯の方はこちらから空メールで登録

 

荒木ユウヤです

 

ファッションについて、
アナタははどれくらい大切なことだと思いますか?

 

□そもそもファッションにまったく興味がない。

 

□頭ではファッションが大事なのはわかっていても
なかなか自分のセンスから脱却できない。

 

□女性ウケのいいファッションって本当にあるの?

きっとこんな感じではないですか?

 

アナタはファッションは大切なのはわかっているが
ファッションを変える

「方法論」や「きっかけ」を探しているのではないでしょうか?

 

僕ははっきりと断言します。

 

「恋愛活動とファッション」は
とても密接な関わりがあります。

今日はその理由についてお話してみたいと思います。

 

アナタはコンビニでどんな基準で
たくさんの商品の中から物を選ぶでしょうか?

 

ここではカップラーメンを例に挙げてみます。

 

たくさんのカップラーメンの中からどんな基準で
1つの候補に絞るでしょうか?

 

ほとんどの方は

「パッと見」で

選ぶはずです。

 

言葉では、なかなか表現できないけど
なんとなく引かれてしまう。

 

漠然とした理由でカップラーメンを選ぶはずです。

 

でも、カップラーメンを選ぶ時
重要な情報として受け取るのは

「パッケージのデザイン」です。

 

このデザイン次第で

「美味しそうだ!」

という感覚が芽生えるのですね。

 

食品メーカーがパッケージデザインに
ものすごくお金を掛ける理由はここにあるんですね。

 

どんなに美味しくても
食べてもらわないことにはその味は伝わりません。

 

「食べたい!」

と思ってもらうまでの

「パッと見の作り方」に本気になるのですね。

 

恋愛活動でも同じことが当てはまります。

出会いを意識した男がそれもたくさんの人数がライバルです。

 

その中で

「この人が気になるかも」

 

そう思ってもらうためにはまずは内面の良し悪しの前に

「パッと見」「最低限の外見」

が大切になります。

 

外見=パッケージです。

顔や体型はそう簡単に変えることができません。

 

アナタが変えることができるのはそう

「ファッション」

ということになります。

 

ファッションが整っていないのであれば

「一番大切な内面を見てもらう土俵にすら上がれない」

 

可能性もあるのです。
これは本当にもったいないことです。

 

「たかがファッション」

 

しかし

「されどファッション」

 

こんなことで大切な出逢いの可能性が断たれてしまうのは
やっぱり寂しいですよね。

 

僕はそのような場面をたくさん見てきました。
そして、ファッションというパッケージを変えることで、
成果を上げるお手伝いをたくさんしてきました。

 

ファッションを変えることで
自分のマインドまで変わってしまう人も大勢います。

 

それはまた、次回の機会にお伝えします!

 

トータルファッションコーディネーター 荒木ユウヤ登場!

ボンバー功さんと常に行動をともにしている、

トータルファッションコーディネーターの荒木ユウヤです!

 

僕はファッション(外見)に気を使ったほうがいいと
言い続けているのですが、それには理由があります。

 

それは「損をしないため」です。

 

恋愛においても、仕事においても
第一印象は次の接点をとっていくうえで
とても重要なファクターの一つです。

 

アナタがどんなに
「人は外見で判断しない!」
「男は中身で勝負だ!」
なんて言っていても、現実は違います。

 

嫌でも外見で判断されてしまうのです。

 

しかも人は出会ってあなたをたったの6秒で判断しているそうです。
6秒というのは、出会って目があって、挨拶をするところまでが大体6秒です。

 

これはアメリカのUCLA大学の心理学者メラヴィアン博士が
見いだした「メラヴィアンの法則」と言います。

 

これにファッション(外見)が
無関係なわけがないですよね?

 

むしろ、一番重要なファクターであると
断言できるということです。

 

これらから導き出される答えは
あなたがどんなに「素晴らしい内面」の持ち主でも
服装が「冴えない」髪型が「だらしない」というだけで
周りから過小評価を受けてしまうということです。

 

これは今から「恋人」を探そう
「友達」を作ろう「仕事」で評価されたい
といった時に大きなハンデとなってしまいます。

 

逆に言えば「ファッション(外見)」を変えるだけで
十分なメリットを得ることができるということでもあります。

 

内面を磨いていくことが重要なのは
アナタもわかっていることだと思いますし
もう、既に行動されていることだと思います。

 

ファッション(外見)を磨いていくことを
過小評価している人を見ると
僕は正直「もったいないなぁ」と思ってしまいます。

 

ファッション(外見)を変えるだけで
アナタの内面は今以上に評価されます。

 

外見が変わると内面の評価も上がる
こんな「スパイラル」アナタも巻き込まれてみませんか?

モテるファッションアドバイスの原点

ナンパの鉄人 ボンバー功

 

ども!!

ボンバー功です

 

今回は「ファッション」について思い出した事が
あるので書いていきます。

 

私の基本は「モテる為のファッション」です。
ただ、やみ雲に「お洒落」になる事は考えていません。

 

過度な「お洒落」は「モテる為のファッション」とは違う
と考えているからです。

 

身に覚えはありませんか?
お店で試着をして着てみた時と家に帰ってきた時に試着してみた
時の「違和感」

 

ユニクロやGAPその他のファストファッションでは
その違和感はあまり感じないと思います。
シンプルなファッションでは失敗しようがないからです。

 

では、どのような時にその「違和感」を感じるのか?

 

「お兄系」「渋谷系」「裏原系」と言われる少し「特化」
したファッションに初めてチャレンジする時にその「違和感」
を感じませんか?

 

「お兄系」「渋谷系」「裏原系」のファッションが悪い
と言っている訳ではありません。

 

ちゃんとした「アイテム」選びをすれば「モテるファッション」
になるはずです。

 

この「アイテム」選びの時に実は一番重要なのは
自分の「キャラ」を加味しているかどうかが重要です。

 

これは、普通のアパレルショップの
店員さんに聞いても駄目です。

 

明らかにお店とは「キャラ」が違う
お客さんがきても店員さんは
何の躊躇もなく、店の「アイテム」を褒めちぎり
売りつけようとします。

 

店員さんは悪くありません。
ちゃんと仕事をしている訳ですから。

 

もちろん、全てのアパレル店員さんが
ただ売りつけるだけの人達ではありません。

 

私の場合、すばらしい店員さんとの
「出会い」がありました。

 

ある時、ふらっと入ったお店で服を選んでいました。
高校1年だったと思います。

 

陳列されている洋服の見ていると背後から

「それ今年の新作で最後の一枚なんですよ」

 

出た出た!!お決まりのセリフ

と思いつつも本当に気に入ったので試着してみる事に

 

試着をして、鏡で見てみると本当に「かっこいい」(服が)

すでに購入の意思があるにも関わらずその店員さんは

「それやめたほうがいいですね」

と一言。

 

「えっ??」

と思いちょっと不機嫌になりがちな私に進めてきたのは
その服とは全然違うデザインを薦めてきました。

 

しかも、その服は私が選んだ服よりも全然安いものです。

 

その店員さん曰く、
「選んだ服よりも、これの方が似合うと思います」

 

そしてその店員さんは全てのコーディネイトを私に
してくれました。

 

私はその店員さんに言われるがまま試着をしていきます。

 

全部、試着が終わったときに店員さんが

「これでどうですか?」

と得意げな顔に・・・

 

鏡を見てみると私がその当時してみたかった
服装です。

 

店員さん曰く、初めに選んだ服も悪くはないけど
試着した時点であまり似合わないと思ったそうです。

 

それからは服を買いに行く時は必ず、その店員さん
のアドバイスを聞いてから買う事にしていました。

 

ある時はそのお店に無いものを他のお店で
買ったほうがいいとまで言ってくれた事もあります。

 

その店員さんが進めるポイントは
お客さんの「雰囲気」に合った「アイテム」
を薦めていく事と、そのお客さんに足りない
「インパクト」のあるアイテムを選ぶ事だと
言っていました。

 

懐かしい思い出です。

ふと、こんな事を思い出してしまいました。

 

今、私が読者や「横山恋愛アカデミー」の塾生の方に
ファッションアドバイスをしている原点になるエピソードです。

 

「違和感」のあるファッションには絶対にしません。
安心してください。

 

かわいい彼女が欲しい人のためのファッションアドバイス

 

それでは!!

女の子にモテる悪のファッションとは

ナンパの鉄人 ボンバー功

 

ども!

ボンバー功です。

 

さて、今回は「ファッション」について
お話させていただきます。

 

私は「横山恋愛アカデミー」(YRA)の講師も
しております。

 

特に「塾生」さんにファッションの手ほどきを
しています。

 

かわいい彼女が欲しい人のためのファッションアドバイス

着こなしから、洗濯の方法まで
色々とレクチャーさせていただきます。

 

塾生の方の

「予算」
「年齢」
「体型」
「仕事」

など、さまざま違います。

 

必要に応じて満足いただけるように
アドバイスを心がけています。

 

では、一番「女性受け」の良いファッションとは何か?

 

あくまで、私の独断と偏見に基づいてですが・・・

それは「きれい目」の服装です。

 

イメージで言うと

「上から下まで清潔感がある」

「色味も明るく、カジュアル」

これが、一番だと考えています。

 

しかし、私のファッションのテーマは

「悪」

「悪」と言っても犯罪的な悪い服装をさせる
訳ではありません。

 

「悪」のテイストを塾生の皆さんに持って欲しい
からです。

 

では、何故「悪」のテイストが必要なのか?

 

多くの塾生の皆さんのイメージは

「真面目」

「誠実」

です。

 

このイメージのままでは、女性には
「いい人」に映ってしまします。

 

もちろん、このイメージは
悪い事ではありません。
世間一般的には、逆に「良いイメージ」です。

 

しかし、女性を「口説く」場合は非常に
邪魔なイメージです。

 

「モテる」とはどういう事でしょう?

「たくさんの女性と知り合い、Hする」

 

とりあえず、これを「定義」とした場合、

「真面目」、「誠実」なイメージのままでいくと、
女性からは

「出会ってからすぐにHしようなんて言わない人」

と思われ、とても時間がかかります。

 

半年かけて女性を「口説く」のも悪い事ではありません。

 

しかし、それを「3ヶ月」に一人、1ヶ月に一人と
時間を「短縮」できたほうが、たくさんの女性と関係
をもてるはずです。

 

その時間の「短縮」こそが「モテる」という事
ではないでしょうか?

 

では、どうやって「短縮」させるか?

それこそが「悪」のファッションだと
私は思います。

 

第一印象から
「ちょっと悪い」
「ちょっと危険」
「ちょっと手が早そう」

この「ちょっと」が肝心です。

 

「悪い」
「危険」
「手が早そう」

 

では駄目なんです。
初めから警戒されてしまいます。

 

清潔感も、もちろん必要です。

 

「悪」というと
清潔感から離れそうな気がしますが
それは違います。

 

イメージでいうと

「清潔感があり、ちょっと不良っぽい」

といった感じでしょうか

 

もちろん、RDCのメンバーにも
「悪」のファッションを
レクチャーしています。

それでは!

ブサイクでも、女の子にモテる雰囲気を持とう

ナンパの鉄人 ボンバー功

 

ども!

ボンバー功です。

 

「可愛くない子」と「イケメン」
「可愛い子」と「ブサメン」

の割合ってどのくらいなんでしょうね?

 

これは統計が取り辛いのでわかりません。

 

でも

「なんであんな可愛い子にあんな奴が・・・」

なんて光景ってよく見ませんか?

 

私はよく見ます(笑)

でも、顔は「ブサメン」だけど「雰囲気」が
ある男だとはいつも思います。

 

この「雰囲気」っていうとなんか
抽象的でよくわからないですよね?

 

はっきり言って、ほとんど

「服装」のおかげだと、私は考えています。

 

しかし、実際につきあっている女性は「服装」
だけで好きになっている訳ではないです。

「服装」+「何か」ではないでしょうか?

 

では「何か」って何?

 

ある女性(A子)に聞いてみました。

 

ボンバー
「顔はイケて無いけど雰囲気ある男って何?」

 

A子
「自分の欠点を認めて自分の中で上手く消化できる人」

 

ボンバー
「例えばどんな具合?」

 

A子
「例えば、自分がブサイクである事を彼女にくったく
無く言える人。卑屈になっているわけでは無くて」

 

このA子ちゃんが言いたかった事は、
「顔がかっこよくない事をコンプレックスと
思わない男」ではないでしょうか?

 

じゃあ、全然似ていないのに「キムタク似」とか
言っている男がモテるのか?

 

そんな訳ないですよね。

「コンプレックスに思わない」と「勘違い男」
は紙一重です。

 

それを女性に伝えていくには

「会話力」が必要です。

 

私によく来る相談の中に

「会話が続かない」

「何を話していいかわからない」

が多いです。

 

これでは、相手に何も伝わりません。

「会話力」を鍛えていかなければなりません。

 

その為に私は「リアル出会いクラブ」を
立ち上げました。

 

実践の中で「会話力」を鍛えていけば

「服装」+「会話力」=「雰囲気がある男」

となるはずです。

ナンパに限らず女の子との出会いでファッションは大切です

ナンパの鉄人 ボンバー功

 

ども!
ボンバー功です。

 

私は「ナンパ師」であると同時に「ファッションアドバイザー」
の肩書きも持っています。

 

どちらかと言うと今は「ファッション」の方に力を入れている
かもしれません。

 

この記事を読んでいる方の殆どは多分「社会人」
の方が多いですよね?

 

やはり、社会人になると「出会い」は急激に減っていきます。

 

「職場恋愛」なんてよくあるように聞きますが、そもそも
「職場」に女がいなければ「職場恋愛」自体ができません。

 

必然的に自分の身の回り以外で、探さないといけません。

 

ではどんな出会いがあるか?

 

私の考えるに
「ナンパ」
「合コン」
「出会い系」
「パーティー」
ではないでしょうか?

 

この出会いに全てに共通する事があります。

 

それは、この全ての出会いが「関係が希薄」なところから
スタートと言う事になります。

 

「関係が希薄」ということになるとまず、自分の人間性
を伝えていく事が難しいですよね?

 

友達の紹介や職場での出会いではれば、お互いに特に
「意識」しなくても会うチャンスはたくさん出来るわけ
だし、アピールするタイミングも作りやすいともいます。

 

(先ほどあげた出会いよりはと言う意味で)

 

では「関係が希薄」な場合まず初めに何をしなくては
いけないか?

 

それは、やはり「インパクト」を与えると言う事ではないでしょうか?

それでは「何」で「インパクト」を与えるか?

 

それは「外見」になります。

 

人並み外れたかっこいい「外見」があれば初めに与える
「インパクト」は他の人よりもアドバンテージがあります。

 

でも無い人はどうするのか?

「整形」?
「化粧」?
無茶ですよね?

 

やはりそれは「ファッション」しかありません。

 

私の場合の「ファッション」とは「髪型」から含めた
トータルコーディネイトの事になります。

 

「髪型」から始めないと服に着られている感じに
なってしまう場合もあるからです。

 

私は今、横山恋愛アカデミーで「ファッションアドバイス」
の講師もさせていただいています。

 

私の「ファッションアドバイス」はただ単に「お洒落」に
なる事を目的としたものではありません。

 

第一の「コンセプト」は「女受けがいい事」。

はっきり言ってこれが全てみたいなところがあります。

 

実際に大人の男性向けの「ファッション誌」を見すぎて
いる人は男から見ると「かっこいい」になっていますが
女からみるとちょつと「怖い」イメージが強いと思います。

 

私のアドバイスはまず、「カウンセリング」から入ります。

 

アドバイスを受ける男性の
「年齢」
「職業」
「恋愛経験」
「恋愛活動」

 

などを聞いてから私なりに考えたその男性に
今、一番足りないものを補っていきます。

 

この場合の「補う」とは、アイテムの事ではありせん。

男性が抱えいる「コンプレックス」の事になります。

 

例えば
「頼りがい」
「真面目に見える」
「誠実そうに見える」

 

もちろん、「真面目」や」「誠実」は悪い事ではありませんが
度を越えるとそれは女に対してただ単に「いい人」に
なってしまう可能性が高くなります。

 

私の場合、その「コンプレックス」を取り除いていく
「アドバイス」を行います。

 

今回のメルマガで細かいところまでは書けませんが
私の「アドバイス」を受けた方の殆どの方
自信に満ち溢れています。

 

それで「恋愛」が上手くいった報告も多数受けています。

そして、もう一つは私の「悪」のテイストです。

 

私にアドバイスを受けるかたの殆どの方が
かなり「真面目」な方です。

 

悪い言い方をすれば「お人よし」です。

「いい人」過ぎると言う事になります。

 

女は「悪」に惹かれる傾向にある私は考えます。
(もちろん全てではないですが・・・)

 

「悪人」になれと言っている訳ではありません。

 

少し「悪」のテイスト入れるだけで、「恋愛」の考え方
がガラリと変わる場合があるんです。

 

漠然的な言い方で申し訳ないのですが、私はそう考えます。

悪の「テイスト」を少しでも取り入れてもらいたいです。