失敗しないデート術

恋愛システムエンジニア 横山建

 

◆漫画で見る女性の口説き方◆

「メールの返信がない女性との関係を復活させるメール」
「恋愛1000人セミナー」
を無料メールマガジン内でプレゼントしています。

 

PCの方はこちらから登録【漫画あり】

 

スマートフォン・携帯の方はこちらから空メール登録

 

恋愛システムエンジニア、横山建です

 

女性とデートをする上で、「どこで」デートするかはあなたも
迷うのではないでしょうか?

 

それで、基本、はじめてのデートは「食事」がベストです。

 

まー当たり前ですがわかってない人も結構多いです。

 

いきなりのデートで「長いデート」はやめておいた方がいいのが一般的です。
なぜかというと、慣れていない方の場合は、1日中女性を
盛り上げないといけない状態になるからです。

 

そういう意味では女性とデートをする上で、ゲットするまでは
遊園地などはちょっと成功しにくいかもしれません。

 

というのは、遊園地などデートの場所に選んでしまうと、昼ぐらいからのデートとなり
女性をゲットするであろう夜まで、長時間のトークとなり、その間、ずっと
会話を盛り上げるのが困難な方も多いためです。

 

下手をすると女性と12時間トークしっぱなしになる可能性があります。

 

ゲットし、付き合った後で、あればお互い自然体で入れるので
大丈夫かとおもいますが、まだ付き合ってない時点で、12時間ものトークは
大変だと思う方も多いはずです。

 

水族館や動物園でも同じことが言えます。

 

ゲーセンなどはトークがなくても盛り上げる場所なのでありですが
ゲット前までは基本、夜のデートを基本とし、食事とバーだけでデートを組み立てた方が
うまくいく確率は高まります。

 

もちろん、トークに自信のある方は、今回のお話は該当しないのはもちろんです。

 

時間の長さより楽しいという絶対値にこだわった方が最初はいいです。

 

それで最初のデートは食事にいくのが最もベストといえるわけですが
ただ、食事といっても、色々な場所があると思いますが、やめておいた方が無難な場所としては

 

ラーメン などの庶民的すぎる場所
焼き肉や焼き鳥などのにおいがつくおそれがあるところ

があげられます。

 

これは当然、喜ぶ女性もいるのですが、一定層の女性にはいやがられる場所といえます。

あと、もう1つ、女性の一定層がいやがる可能性がある場所は
値段が高すぎるところ です。

 

値段が高すぎる場所は、「何かお返ししないといけない気持ちになって怖くなる」
という女性が一定層いるので、高すぎる場所は2回目のデートなどに持っていくのは
まだ効果的としても、一回目のデートでは、そこそこのところにしておいた方がいいでしょう。

 

まーお金持ちが好きだったりステータスをはなっから求めている女性は別になります。

 

といってもこういう女性とデートしたいと思わない方の方が
多いとおもいますが。

 

それで、デートで女性と食事に行く時は、出来れば
カウンターの場所がいいです。

 

心理学的にも横並びの方が親近感を抱くということもありますし
対面で座ると、どうしても目線がぶつかることもあります。

 

また、女性に不慣れな方は目線が合うときょどってしまうということもあるでしょう。

 

そうならないためにも、カウンターで座れる場所が理想的と言えます。

 

で、カウンターの席がある食事の場所としては、あまり気にしなそうな子は焼き鳥

気にする感じの子の場合は和食居酒屋(寿司カウンターがあるところ)が
最もカウンターのある場所で食事に行きやすい場所となります。

 

できれば初回のデートでは、その場所を使うようにし、いきつけにしたいところです。

気持ちの中で、アウェイよりもホームの方が戦いやすいのは、サッカーと一緒ですね。

 

女性とデートをする上で、最も大事なことは

【どこでゴールをするのか事前に決めること】 です。

 

ゴールを決める場所から逆算して、デートの場所を決めるようにします。

多くの方は、食事の場所は決めて、どこでゴールするのかは明確にしていません。

 

ゲットすることをデートの目的として入れていないのであれば別ですが
そうじゃないのであれば、家なのか、シティホテルなのか、ラブホテルなのか
その具体的な場所まで候補をあげておいて、その逆算をしたデートの場所を
組み立てるようにするべきです。

 

特に東京などはラブホテルに入ろうと思っても、いっぱいではいれないことがよくあり
そこで女性が興ざめしてしまうことはよくあるので、注意が必要です。

 

横山 建

 


アドレス:

タグ

2014年6月18日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:口説き方 横山建

このページの先頭へ