女が落ちるテンプレート

恋愛デプログラマー 西園寺のび太

 

◆漫画で見る女性の口説き方◆

 

「メールの返信がない女性との関係を復活させるメール」
「恋愛1000人セミナー」
を無料メールマガジン内でプレゼントしています。

 

PCの方はこちらから登録【漫画あり】

 

スマートフォン・携帯の方はこちらから空メールで登録

 

「女が落ちるテンプレート」
っていうのが、あったらいいと思いませんか?
 

ただそのまま実践していただくだけで
女性が勝手に反応してしまう、
興味を持ってしまう、そんな会話が
簡単にできてしまうテンプレートです。
 

実は、あります。

その実例として、初対面での
最初の会話をひとつ、ご紹介しますね。
 

初対面の最初の一言(オープナー)は、

“さりげないオープナー”と

“ユニークなオープナー”に

分けることができます。
 

今回、ご紹介するこのオープナーは、
ユニークなオープナーです。
 

初対面であれば、パーティー、合コン、
クラブ、ネットナンパなど、
あらゆるシーンで使えます。
 

かなりユニークな上に、
女性の気を引くこともできます。
 

こんな感じです。

■ 餃子
 

あなた:「ねえ、餃子って好き?」

(女性の反応)
 

あなた:「そうなんだ。俺が中一だった時に、
弁当に必ず餃子が入ってる女の子がいたんだよ。
 

親が餃子を好きなのか、その子が
好きだからなのかはわかんないけどね。
 

しかも、その子けっこうわいい子だったんだよ。

俺ら友達と、その子のこと、『餃子』って呼んでて(笑)
キミがその子にそっくりなんだ。
 

もしかして、あの時の山崎(餃子の子)じゃないよね?」

(女性の反応)
 

あなた:「そうか。あの時、からかってたことを謝りたいんだけど……

(彼女を餃子にしてしまう)

俺はチンコの皮も剥けていないバカガキだったから、
かわいい餃子をいっつもバカにしてたんだ。
 

今は、マジ反省してるよ……

大人になってあの時のことを謝りたいなと思って。

なあ許してくれる?」
 

(彼女はしょうがなくあなたを許す)
(許してくれなければ、許してくれるまで謝る)笑
 

仲直りの握手をする(笑)

__ここまで__
 

どうですか?
 

これを読んで、

「いやいや、こんなこと言えないよ、
俺が言っても絶対無理だろw」

っていう人、

「あー、なるほど、確かに
モテるアイツは初対面からこんな感じだわ」

っていう人、

「そうそう、これだよ、これ。やってるよ」

っていう人、

様々だと思います。

「自分には無理」と思った人。
 

そんなことはありません。

できます。
 

ただし、前にもお話ししたとおり、
会話には、

・何を言うか
・どのように言うか
・誰が言うか
 

という要素があり、上記テンプレートは
「何を言うか」というところに当たります。
 

それ以外にも、
・どのように言うか
・誰が言うか
 

というポイントもキッチリ
押さえることが重要です。
 

実は上記の会話例は、
ここのところご紹介している教材、
「彼女のマスターキー」に
出てくる会話例です。
 

ちなみに、作者の今井さんは、この
トリッキーなユニークオープナーに関して
 

「もしあなたが俺と同じで『感情を捨てた』(つもりの)
恐れを知らないチャレンジャーなら
この手のオープナーを頻繁に使うと良いでしょう(笑
 

さりげないオープナーと同様に、女性には
誘っていると思わせずに、アプローチすることが
可能なので、ユニークオープナーは非常に効果的です」
 

と言っています。
 

恐れがあるなら
“さりげないオープナー”の方を
使えばいいんですね。
 

「彼女のマスターキー」では、
このような会話実例が、
 

STEP1: アプローチ(オープナー)
STEP2: スライド
STEP3: 惹きつける
STEP4: 心地よさ
STEP5: 誘惑
STEP6: 関係

というステップごとに紹介されています。
 

会話実例は本当に使えて
素晴らしいです。
 

全て今井さんが効果検証済みとのことですし、
実際に僕がやっているような会話もたくさんあり、
僕からも効果は保証できます。
 

が、しかし、僕はそれでも、
テンプレートはオマケだと思っています。
 

今井さんも、このような
テンプレート的なマニュアルを
書くことを避けていたそうです。
 

なぜなら、

「あまり詳細な会話例などを
書いてしまえばテクニックに依存してしまい
あなた自身の成長を妨げてしまうのではないか
という恐れがあったから」

ということです。
 

やはり、今井さんのノウハウの本質は、
遺伝子レベル、女性の本能の話であり、
「口説かずに落とす」
というところにあるということですね。
 

・どのように言うか ⇒ 女性の本能が求めるように言う

これが「彼女のマスターキー」の
コンセプトだと僕は理解しています。
 

・誰が言うか
 

という要素に関しては、

例えば、ひとつだけ例を上げると、
 

ダサい人とおしゃれな人が、
同じことを女性に話しても、
同じ反応が返ってこない、ということです。
 

あなたもダサい女性より、
おしゃれな女性らしい子が好きだし、
そういう子と話をしたいですよね?
 

つまりファッションは
口説かずに落とすための重要な要素です。

俺だけのテンプレート

恋愛タクティシャン 斉藤めいや

 

◆漫画で見る女性の口説き方◆

「メールの返信がない女性との関係を復活させるメール」
「恋愛1000人セミナー」
を無料メールマガジン内でプレゼントしています。

 

PCの方はこちらから登録【漫画あり】

 

スマートフォン・携帯の方はこちらから空メールで登録

 

斉藤めいやです。

 

俺は今でこそ女に不自由することがなくなり
『モテ』の向こう側にある自分の理想の為に
日々成長を重ねていっているわけなのですが

 

ある時期までは非常に会話に苦手意識を持っていました。

 

オシャレをしたり、バンドをやったりということもあり
それについては雑誌や教則本があったこと、
また常に異様に女が多い環境に身をおいていたことも
あった為、
100人~200人に1人ぐらいには
初対面時に「ちょっといいかも♪」
ぐらいに思われることはありました。

 

しかし会話やマインドがクソすぎた為
話せば話すほど興味を持たれなくなり

 

女の気持ちが離れていきそうなのに気付いては
焦って告白しては
「友達としてしか見られない」
という定番のセリフを言われる

 

また、自他ともに認めるブサイクキャラの
会話上手な男友達に
好きな子を取られたりしていました。

 

さらに悔しかったのは
そいつはブサイクでありながらも
モテて男の友達にも優しかった為

 

女を俺に譲ってくれようとして
その女を振って俺にチャンスを回してくれるのですが
かえって俺の友達のことを好きになり

 

俺はさらにフラれ
で、女は最終的には
俺の友達の都合のいい時だけの
セフレになっていく

というパターンでした。

 

あまりにも悔しくかったので
俺は歯ぎしりの音をいつも

ギリギリ・・・

ギリリ・・

 

ときしませ、その音が鳴りやむ時はなく
ムダな力を入れていたわけなので
表情も魅力的なものとは
かけ離れたものになっていきました。

 

そんな時でも問題解決の方法は
ずーっと探し回っていましたが
まるで手がかりを掴むことすら
できない時期が長く続きました。

 

『会話は才能!』
『才能があるやつは頭の回転が違う』

『もはやなにがなんだかわからない』

 

という精神状態となり、

いつしか俺だけの自分専用の会話セリフ集があったらいいのになー

などと思うようになっていました。

 

そして時は流れ、今俺は
自分専用の必勝パターンを駆使して
人生を思うようにコントロールしています。

 

俺は現在トリムルティ・ラウンジという塾を

運営しているのですが

 

そこでも自分だけの必勝パターンといえる会話の構築を
してもらったりもしています。

 

残念ながらこれは、トリムルティラウンジの塾生さんだけの
特権であり、現在はトリムルティラウンジの募集は終了しているのですが

 

この会話法をモノにして
自信を手に入れていく塾生さんを見るたびに

 

この自分の弱みすら武器とし、
強みを活かせるような会話を
手に入れることができたら

 

みんなもっと簡単にうまくいくのになー、

 

などと思ったりしています。