1日1回、応援クリックありがとうございます!
今何位? ⇒ <人気ブログランキング>

基礎とテクニック

魅力向上コーディネーター 澤村純
魅力向上コーディネーターの澤村純です

 

恋愛には基礎体力とテクニックがあります

メルマガ読者の方に受けが良いのはテクニックなのですが

このテクニックだけを重視している人は

 

「なんだよこれ、ぜんっぜん効果ないじゃん!」

となってしまいます

 

女性には恋愛話をすることが大事ですよね

そのためのトークの振り方は

「実は振られるより振る方が多いでしょ?」

「モテ期いつだった?」

「もしタイプの男がナンパしてきたらどうする?」

このような方向の話を振り、相手の反応を見極めて

会話を展開させましょう

 

これがテクニックです

 

女性は自分より下のレベルの男性には見向きもしません

あなたは女性にとってどんな人でしょうか?

女性に好かれるためには男を磨きましょう

 

そのために

背筋を伸ばす

声を大きく、ゆっくりしゃべる

髪型やファッションを勉強する

相手の話をしっかり聞く

目を見て話す

 

こういったものが基礎です

基礎がなっていない人がテクニックを駆使しようとして

恋愛話を振ろうとすると

 

早口になってしまい

「実は振られ#%&*#!¥@|しょ?」

何を言っているのかまったくわからなかったり

 

「モテ期いつだった?フフッ」

と笑うところでもないのに笑ってしまったり

 

「もしタイプの男が・・・ナンパして・・・きたら・・・どうする・・(小声)」

とだんだん声が小さくなって最後の方でボソボソしてしまったり

 

こういう男性は、女性から下に見られることが多くなります

 

基礎の部分ができていないと

せっかく知っているテクニックが生かしきれません

 

がりがりの痩せ男がいくら空手を知っていても

アメフトをやってるマッチョにはパンチ一発で吹っ飛ばされます

 

では、テクニックをまったく知らない

恋愛マッチョはどうなるのでしょうか?

イケメンで、盛り上げるトークが出来て、気遣いもできる

 

彼はいつも皆に好かれ、女の子からもモテて告白もされる

 

でも、

 

「本当に好きな女性には振られてしまう」

付き合うのはいつも告白された人だけ

本当に好きな人の前では何をしていいのかがまったくわからない

 

本当に好きな人には振られるから

いつも妥協して付き合ってしまう

まあまあ可愛いし、性格も悪くないし、いっか

「そんなリア充が、そうなるわけないだろ!」

そう思います?

意外に、多いんですよ

実際に塾に入ってくる男性は

モテたい

本当に好きな女性を惚れさせたい

 

この2つに別れます

本当に好きな女性を惚れさせたくて入塾してくる人は

見た目がカッコ良かったり、会話が物凄く面白かったり、自分で会社を

やっている

といった人が多いのです

そして内面は物凄く誠実です

 

基礎があり、テクニックがある

これが恋愛で最も強者である

「狙った女を落とせる男」

になります

気をつけなくてはいけないことは

「よし、じゃあ目を見て話すか!」

となって、相手から1秒も視線を外さずにずっと相手を見ていると

気持ち悪いと思われることもありますし

 

「ファッションを勉強するか!」

となって、ファッション誌を丸々パクってモード系に走ると

相手の反応が良くなることはありません

むしろ前より悪くなることもあります

 

「ぜんぜん変わらないし、むしろ嫌われるじゃん!」

とならないためにも、正しい基礎の磨き方を知ることと

実際に女の子に試して感覚に落とし込むことが大事になるのです

 

知識を感覚に落とし込むためには出会いをつくることがとても大事です

出会いを重ねていくことで自分に何が足りないのか?

を肌で感じることができます

 

正しい基礎、正しいテクニックを知らない場合は

出会いがあったとしても肌でわかるようになるまでに

ものすごく時間がかかるでしょう

人によっては一生わからない場合さえあります

 

横山恋愛アカデミーのノウハウは

恋愛における必要な知識を全て兼ね揃えています

文字通り、すべてです

 

 

あなたにとって妥協の無い、最高の女性を見つけてください

人生が変わるタイミングです

 

それでは、ありがとうございました!

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

今何位? ⇒ <人気ブログランキング>

【必見】メールの返信がない女性との関係を復活させるメールを教えます

(facebookページ)ソーシャルメディアで彼女を作る5つの方法

彼女作り請負人 講師陣プロフィール

 


アドレス:

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

このページの先頭へ