1日1回、応援クリックありがとうございます!
今何位? ⇒ <人気ブログランキング>

声かけでよくある失敗

恋愛タクティシャン 斉藤めいや

 
斉藤めいやです。

今日は声かけでよくある失敗についてお話します。

それは、

【相手のツボを刺激しようとしすぎて機会を失う】

ということになります。

せっかく女性に話かけるのですから
誰でもいい反応をもらいたいですよね?

その為、多くの人が
その状況で最適なことを言おうとしてしまいます。

最高の一言で最高の反応を求めてしまうんですね。
心当たりのある人は多いのではないかと思います。

当然ですよね、
誰でも出来るなら悪い反応をもらいたくないですから。

ですが、これこそが大きな落とし穴となります。

なぜならこの「悪い反応をもらいたくないな・・・」
という感情そのものが既に声かけにおける自滅の原因だからです。

この感情そのものを消滅させる技術もあり
それをお話することは俺の得意な分野になるのですが
今日は、間接的かつ自動的に
この問題が解消される方法についてお話したいと思います。

◆思ったことをそのまま言う【×3】

最初の一歩の壁を突破する為には
気の利いたことを言おうとするよりも
まずは、『思ったことをそのまま言う』
ということを目指してください。

但し、一回では足りません、
変な『間』、『沈黙』が発生し
気まずくなってしまいます。

ですので3回です。

3回思ったことをそのまま言えば
『心をひらいている誰とでも話をするのが好きな男』
という印象を与えることができます。

相手の反応がよいツボに気をつけるのはこの後です。

『思ったことをそのまま言う』と『女性の興味のツボ』が一致すれば
その時点で好反応な初対面会話となります。

しかしその為には
『思ったこと』を自分の中に発生させなければなりません。
思考が固まって外の世界と自分を切り離している方は
そもそも何かを『思う』ことが
難しい状態になっているのです。

その為、『素直に思う』という練習が必要になります。

◆素直に思うエクササイズ

『素直に思う』を鍛える為のエクササイズがあります。
それが、以下の2ステップのエクササイズになります。

1.女性を見かける
2.心の中特徴を言葉にする

これを習慣にすれば会話の序盤で
「話すネタがない」と、なることはなくなります。

◆出口を用意しておいてください

声をかけるのが怖い時、
人は先のことまで考えすぎています。
そしてあまりにも先のことは『未知のこと』となります。

『未知のこと』は当然怖いです。

分からないのですから
当然ですね。

ですので『未知』でないようにしてください。

その為に会話の出口を予め作っておき、
こちらから、会話を打ち切るようにします。

『未知のこと』を発生させないのです。

分かっていることであれば、
恐怖心は激減します。

そもそも、声をかけた後に起こる不都合な出来事は
本当は大した事実ではないですので。

大した事実ではないことが怖いのは
『未知であるから』です。

ですので、会話の出口を用意した上で行う
声かけエクササイズによって
未知のことを『予測可能な出来事にする』ことで
声かけに対する恐怖を消滅させます。

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

今何位? ⇒ <人気ブログランキング>

【必見】メールの返信がない女性との関係を復活させるメールを教えます

(facebookページ)ソーシャルメディアで彼女を作る5つの方法

彼女作り請負人 講師陣プロフィール

 


アドレス:

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

このページの先頭へ