1日1回、応援クリックありがとうございます!
今何位? ⇒ <人気ブログランキング>

人は変われる!

恋愛デプログラマー 西園寺のび太

 

【恋愛デプログラマー】西園寺のび太です。

前回の僕の記事で、雰囲気についてお話ししました。

雰囲気=マインド×恋愛ノウハウ×経験×時間

という話でしたね。

昔の僕は「雰囲気があるね」なんて言われたことは全く
ありませんし、実際にひとかけらもなかったと思います。

前回お話ししたように、僕は10年と言う歳月で、
七転八倒、思考錯誤を繰り返しました。

何について?

自分の心について。性格について。

恋愛、仕事、家族、友人、世界について。

つまり、人生についてです。

僕は自分の人生をより良く生きるために、転がり倒れ、
あがき苦しんできました。

ヘタレでチキンでアホな男は、何をやっても
どれもこれも、うまくいきません。

うまく生きたいはずなのに、迷走しまくりです。

ホントに、いま思い返すと顔から火が出るような
恥ずかしいことばかりしてきました。

はるばるインドまで好きな女を追いかけて行って、
泣きそうになりながらホテルの壁にトマトを思いっきり
ぶつけて帰ってきました。

前世療法というセラピーで、
僕の前世は「風の精」ということになりました。

ちなみにアトランティスの時代はイルカです。

それが分かったからといって、
何も解決はしませんでした。

「女を洗脳支配して奴隷化する方法」といったような、
怪しげな情報商材をクレジットカードで買いあさり、
いろんな支払いができず、カードが使えなくなりました。

「女を洗脳支配して奴隷化する方法」といったような、
怪しげなノウハウを女性に試してみましたが、余計に
気持ち悪がられるだけでした。

弟の部屋でヘッドフォンをつけて弟のアダルトビデオを
観ながらひとり遊びをしていたら、父親が部屋のドアを
開けて、僕はその全てを見られました。

読まれるあてのない物語を小説家気取りでノリノリで
書き始めるも、いつも途中で飽きてしまう。
あきらめてしまう。

内容はもちろん誰にも読ませられないくらいひどい。

一方的に女性を好きになっては、いい人を装って近づき、
気持ち悪いアプローチをしては撃沈。

『「ありがとう」と唱えていれば幸せになります』

という怪しげな団体のセミナーに参加して、隣の席の
おばちゃんにペンを貸したら、セミナーが終わるまでに
100回くらい「ありがとう」と言われて疲れました。

ネットでやりとりした女性と会ってみれば、
相手は力士並みの巨漢。

でもセックスがしたくてしたくて、仕方がなくて、
強引にホテルへ行き、肉をかき分け虚無へと至りました。

30歳を過ぎた、いい大人が、です。

心と頭が弱すぎる(泣)

悪い意味でプライスレスな経験です。
時間とお金の無駄です。

あげくの果てに、僕は自分のヘタレ加減を、
親のせいにまでしました。

「俺がこんなになったのは、お前のせいだ!」

と父親に当たり散らしました。

30過ぎたいい大人が、です。

ひとり遊びを見られた父親に、です。

その時の父親の寂しそうな顔は今でも忘れられません。

何が痛いかって、それが一番痛いです。

自分のことを心配してくれている親に
当たり散らしてしまった。

思い出しただけでも、
血が噴き出しているんじゃないか
と思うくらい胸が痛いです。

僕みたいなアホなことを繰り返す人は稀だと思います。

より良く生きるために、
必要なのはヘタレ体験ではなく、成功体験です。

成功を体験するために必要なのは、
マインドとノウハウです。

見当違いな恥ずかしいことをして後悔しないために、
横山恋愛アカデミーで「成功体験」を手に入れてください。

長くなってしまったので、このへんで終わりにします。

今回は僕のヘタレ体験で終わってしまいました。

次回は役に立つ情報をお届けしたいと思いますので、
お楽しみに。

P.S.少し前に、ローソンの一番くじ倶楽部
「藤子・F・不二雄キャラクターズ」にハマっていました。
一番欲しかったのはダブルチャンスのコピーロボットなんですが、
残念ながら当たりませんでした。
一番くじの策略にハマっている自分が悔しいです。
30歳を過ぎたいい大人ですが。

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

今何位? ⇒ <人気ブログランキング>

【必見】メールの返信がない女性との関係を復活させるメールを教えます

(facebookページ)ソーシャルメディアで彼女を作る5つの方法

彼女作り請負人 講師陣プロフィール

 


アドレス:

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

カテゴリー:催眠 西園寺のび太

このページの先頭へ