1日1回、応援クリックありがとうございます!
今何位? ⇒ <人気ブログランキング>

ダブルバインド解説【西園寺流】その1

恋愛デプログラマー 西園寺のび太

 

◆漫画で見る女性の口説き方◆

 

「メールの返信がない女性との関係を復活させるメール」
「恋愛1000人セミナー」
を無料メールマガジン内でプレゼントしています。

 

PCの方はこちらから登録【漫画あり】

 

スマートフォン・携帯の方はこちらから空メールで登録

 

【恋愛デプログラマー】西園寺のび太です。
 

場末のレストランとか喫茶店のトイレとかに、

「そのまんまでいいよ。人間だもの」

的な、達筆のメッセージを見かけることが、たまにあります。
 

僕は、あれが嫌いです。
 

─────────────────────────────────
ダブルバインドとは?
─────────────────────────────────
 

ひと昔前、会話のテクニックで
「ダブルバインド」というものが流行りました。
 

バインドとは「縛る」という意味です。
 

ダブルバインドは

「二重縛り」「二重拘束」

そんな意味でしょうか。
 

伝説の催眠療法家が使ったとされるテクニックのひとつです。

聞いたことのない人のために、すごく簡単に説明すると、
例えば、ナンパで声をかけた女の子と歩きながら話していて、
カフェの前で、
 

「コーヒーとジュース、どっちにする?」

とか言って、カフェに誘導するテクニックです。
 

お茶しようか?
何か飲まない?
 

というような、Yes/No で答えられる問いかけをするのではなく、
お茶は当然するという前提に立ってしまって、
何飲む? ということを問いかけるんです。
 

ポイントは【前提条件】です。
 

上記の前提条件は「一緒にお茶する」です。
 

その前提条件を踏まえて、
そこからの選択肢(コーヒー/ジュース)を提示して、
相手を前提条件に縛り付けるというテクニックですね。
 

セールスマンや売り子さんがよく使ってます。
 

洋服屋さんだったら、

「そのセーターは色違いでグレーもあるんですよ。
紺とグレーだったら、どちらがお好みですか?」

と言って、
 

「買う/買わない」から「紺/グレー」に思考をシフトさせるわけです。
 

好きな女性をデートに誘うんだったら、

「平日と週末、遊ぶんだったら、どっちが都合いいの?」
「週末かなー」
 

「今週だったら? 土曜? 日曜?」
「日曜日は、まる1日予定が入ってるから、土曜日かな」
「土曜日ね。遊ぶんなら、ドライブと遊園地、どっちがいい?」

なんて感じです。
 

前提条件は「ふたりでデートする」です。

「ドライブと遊園地、どっちがいい?」

と聞いて、
 

「昼過ぎにどうしても外せない用事があるから、あんまり時間ないんだよね」

と言わせたら、デート確定です。
 

「短い時間なら会える」と言わせているからです。
 

「じゃあ、映画でも観ようか? それとも食事だけする?」
 

前提条件「ふたりでデートする」は崩さず、
さらにバインドし続けます。
 

「アバターか、カールじいさん観たいんだよね。どっち観たい?」
 

彼女が、アバターでもカールじいさんでもない、
違う映画を観たいと言ったら、
そこで「一緒に映画に行く」ということが確定します。
 

はい。
単純な例をあげてみましたが、
このダブルバインドと呼ばれるテクニックが
一時期流行りました。
 

知っている人も多いと思います。
 

僕も昔は使っていました。
 

「ホントにそんなの恋愛で使えるの?」

そう思う人もいると思います。
 

使えます。

ただし、【自分にある程度の好意を持っている人にだけ】です。
 

相手が自分に対して好意を持っていなければ通用しません。
 

「どっちもイヤ」
「忙しい」
「なんでアンタと!?」
 

と断られて終わりです。
 

そんなこと、あまりにも当たり前なんですが、
当時の僕はダブルバインドを知った時、
紹介している人の説明がすごくうまかったこともあり、
 

「スゲー!これ使ったら、デートの誘いとか楽勝かも」
 

と感動していました。
単純な男でした。
 

相手が自分に対して好意がなくても、
成功することはあります。
 

相手の判断力が極端に低下していたり、
欲に目がくらんでいる時などです。
 

でも、成功したとしても、すぐに醒めます。
 

約束を取り付けても、都合が悪くなった、
と後で断られるのがオチです。
 

本質じゃないテクニックをいくら駆使しても、
相手はすぐに気づくし、
成功したとしても、自分は成長しません。
 

─────────────────────────────────
小手先ではないダブルバインド
─────────────────────────────────

本質じゃないテクニックをいくら駆使しても、自分は成長しません。
 

それでは、小手先ではないダブルバインドはあるか?

あります。
 

ポイントは【前提条件】です。

そして【マインド】です。
 

小手先の言葉のテクニックではなく、
【マインド】の【前提条件】の設定
を変えるのです。
 

長くなったので、次回に続きます。

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

今何位? ⇒ <人気ブログランキング>

【必見】メールの返信がない女性との関係を復活させるメールを教えます

(facebookページ)ソーシャルメディアで彼女を作る5つの方法

彼女作り請負人 講師陣プロフィール

 


アドレス:

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

カテゴリー:催眠 西園寺のび太

このページの先頭へ