1日1回、応援クリックありがとうございます!
今何位? ⇒ <人気ブログランキング>

主導権の取り方

会話プランナー 小橋しゅん
小橋しゅんです

今回は「主導権の取り方」について話そうと思います

女を口説くには主導権を取ることが大切です

主導権を取れているとは、

「あなたが女性とどうするかを決める立場にいる」

という状態を意味します

例えば

・デートの行き先はあなたが決める

・会話で何を話すかあなたが決める

・ホテルに行くかどうかあなたが決める

ということです

ちなみに成功率の高い誘い方の具体例はここにも載ってます

主導権の取り方には

1、女性に「好きだから主導権を取られても良い」と思ってもらう

2、女性に「主導権取られてるけど、嫌じゃないから好きになっても良い」と思ってもらう

の2種類です

1は「女性があなたを好きになる」→「あなたが好き勝手やっても許す」という図式なのでわかりやすいですが

2は「主導権を取られてる」→「でも嫌じゃないから好きなのかも」→「好きになってる」という図式でわかりにくいので説明します

2の場合、女性はあなたを好きになっていいかどうか迷っています

「嫌いじゃないけど、話してて楽しい」

「今はっきり好きとはいえないけど、これから好きになるかも」

などと考えているわけです

こういう時、口説いている男性は

「その女性がギリギリ許可出来るギリギリの要求をして振り回す」

ことが必要になります

例えば

・会って10分ほどしか経ってないのに名前を呼び捨てしてタメ語で話す

・初メールの返信を遅くする

・パーティーで声をかけたばかりなのに「なんか幼稚園児みたいだな」などといって頭をなでる

・100円ジュースなどの物で少額おごってもらう

・まだお互いの事をよく知らないのに「けっこうおバカなんすね」などと失礼なことを言う

・・・など「ちょっと図々しい」、「若干失礼」、「少し雑な扱い」と思われる行動を10分に1度くらい取れると良いです

こうすることで

・ただの「良い人」と思わせない

・「なぜか憎めない、許せてしまう」というキャラ作り

が出来るようになります

「されて嫌な事のはずなのに、この人にされても不快ではない」

と思ってもらえれば、主導権が取れたことになり、よりハードルの高い要求でも通るようになります

大事なのは

「女性が嫌がることをしない」

ではなく

「女性が本来なら若干嫌がるようなことをしてるのに、嫌だと感じないやり方をする」

ということです

そのために、「笑いを取る」、「失礼キャラを伝える」、「褒める」などの使い方を学ぶ必要があるわけです

とはいえその微妙なさじ加減をいきなり理解するのは難しいです

だから皆ここで学ぶわけです↓

小橋しゅんの師、横山建の恋愛メルマガ

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

今何位? ⇒ <人気ブログランキング>

【必見】メールの返信がない女性との関係を復活させるメールを教えます

(facebookページ)ソーシャルメディアで彼女を作る5つの方法

彼女作り請負人 講師陣プロフィール

 


アドレス:

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

このページの先頭へ