1日1回、応援クリックありがとうございます!
今何位? ⇒ <人気ブログランキング>

女性に共感する方法

会話プランナー 小橋しゅん

 

◆漫画で見る女性の口説き方◆

 

「メールの返信がない女性との関係を復活させるメール」
「恋愛1000人セミナー」
を無料メールマガジン内でプレゼントしています。

 

PCの方はこちらから登録【漫画あり】

 

スマートフォン・携帯の方はこちらから空メールで登録

 

 

こんにちは

小橋しゅん(表)です

 

今日は

<女性に共感する方法>

についてお話します

 

「女の話には共感しろ!」

というのが恋愛ノウハウ業界では常識とされています

オレも基本的にはこの考え方を正しいと捉えています

 

しかし、

「共感出来ている気になってはいるが、
実は共感したことになっていない人」

が意外にいるのです

 

例えば

A子:「私、最近働くのがつらいんだー」

A男:「あーその気持ちわかるわー」

というパターンは非常に危険です

 

女の話に共感して

親身に話を聞いてくれる男

を演じたいのはわかるんですが、
相槌パターンが毎回同じになり過ぎて、女から

「なんであんたに私の気持ちがわかるの!?」

 

とか

「そんな簡単に理解出来るほど私の悩みは浅くない!」

と思われる可能性が高いんですね

 

「共感する」

という行為は

「相手の気持ちを理解すること」

ではありません

 

そうではなく

「相手の気持ちを理解しようとする
‘姿勢を示すこと’」

なのです

 

むしろ

「共感はしても、気持ちを理解してはいけない」

とさえいえます

 

もし、完全に相手の気持ちを理解してしまったならば

<相手はそれ以上何を話しても、
‘ストレス解消のためのグチ吐き’が出来なくなってしまうから>

です

 

あくまで、共感は

「相手の気持ちをスッキリさせるためのツール」

「女に‘この人は私をわかってくれる’
と思ってもらうための手段」

として用いるべきであり

 

「本質的な相手の心がわかる必要は
ないし、そもそも不可能」

といえます

 

とくに、心理学や恋愛ノウハウで
モテようとする人は

「その気持ちわかるよ」

という言葉を軽々しく使いすぎて、かえって女に

「なんか気持ち悪い」

と警戒されがちです

 

たとえ本心から

「この子の気持ちがわかる!」

と思えた時でも

 

「あーそういうことってある‘かも’ね」

とか

「そういう気持ち‘ちょっと’わかるよ」

くらいにおさえて言う方が無難です

 

「女に共感しろ!」

は、たしかに正しいですが、
鵜呑みにすると危険な言葉なのです

 

真面目で勉強熱心な人ほどテクニックを学んだ時に

「オレは女心がわかるようになった」

「心を開かせるなんて簡単だ」

と思ってしまいがちです

 

女と話せてるつもりなのに10ゲット前後で
成長が止まってしまっている人はちょっとだけ注意してみてください
(すでに結婚したいほどの‘運命の女’を
ゲット出来ている人は大丈夫なんですが)

 

恋愛においても

「わかった‘つもり’が一番怖い」

のです

 

「オレは心開ききっている!」

「オレはもうファッションは完璧」

「オレはすでにデートマスターだ」

 

などと思っているのに、
なぜか結果につながらない人は、
案外初心を忘れているだけなのかもしれません

 

相槌はコミュニケーションの基本なので、
ぜひ

<そのやり方、タイミング>

を見直してみてください

 

それだけでも
けっこう女性の反応が違います

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

今何位? ⇒ <人気ブログランキング>

【必見】メールの返信がない女性との関係を復活させるメールを教えます

(facebookページ)ソーシャルメディアで彼女を作る5つの方法

彼女作り請負人 講師陣プロフィール

 


アドレス:

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

このページの先頭へ