相手を好きになった理由の伝え方

会話プランナー 小橋しゅん

◆漫画で見る女性の口説き方◆

「メールの返信がない女性との関係を復活させるメール」
「恋愛1000人セミナー」
を無料メールマガジン内でプレゼントしています。

PCの方はこちらから登録【漫画あり】

スマートフォン・携帯の方はこちらから空メールで登録

こんにちは

小橋しゅん(表)

です

<<今日のテーマ>>

さて、今回は

<好きになった理由の伝え方>

についてお話しします

女性を口説く時に、

「私のどこが良いの?」

「どうして好きなの?」

と聞かれることは多いです

これらの質問に、

<女性が納得いく解答>

をすることが出来ればゲットにつながります

しかし、実際には

<女性を好きになった理由を上手く伝えるのは難しい>

のです

なぜなら、

<女性に好意をもった理由>

を正直に伝えても、その理由が
‘女性に理解されなければ’
逆に嫌われてしまうこともあるからです

例えば、あなたが相手の女性のことを

・すごく美人だから

・可愛いから

という理由で好きになったとします

ここで、もし正直に
‘女性を好きになった理由を伝えた上で’口説こうとするなら

「A子がすごくタイプだから」

と伝えれば良さそうですが、

実際にはこの理由付けで

「あーそういう理由で好意を
寄せられたのなら嬉しいな」

と納得する女性は少ないんです

・すごく美人だから

・可愛いから

という‘好意の理由付け’は、相手が

<外見に自信の無い女性>

ならば

「可愛いと言われるのはうれしいけど、
本当は別の目的があるかも」

と警戒されてしまいます

そして、逆に、

<外見に自信のある女性>

ならば

「また外見しか見ないで軽薄に口説いてくる男か」

となめられてしまいます

つまり、たとえあなたが本心で

「すごく美人だから好きだ」

「あなたは可愛いから好きだ」

と好意を伝えても

【それが相手に良い印象を与えるわけではない】

ということです

「可愛いと言われるのはうれしいけど、
本当は別の目的があるかも」

とか

「また外見しか見ないで軽薄に口説いてくる男か」

などと女に思われてデメリットが生じる原因は、

<外見は女性の目に見えるものだから>

です

内面と違って、外見は女性自身も

<自分の美醜を評価出来てしまう>

という特徴があります

その結果

女性は自分の外見を○○だと思っている

→しかし、あなたは××だから好きだと言う

→○○と××の評価が全く異なる場合、
女性はあなたが好きになった理由を納得出来ない

→××がどんなに素晴らしい褒め言葉だったとしても、
女性が納得出来ない以上、あなたの好意が上手く伝わらない

・・・という事態におちいってしまうわけです

ではどうすれば良いか?

これは、

【内面の魅力を好きになった理由として伝えること】

が大事です

ポイントは以下の2つです

1、好きになった性格を抽象的なものにしつつも、
そう感じたきっかけを具体的に挙げる

2、「意外と××なとこもあると思った」という言い方にする

例えば

「A子のおしゃべりなとこ好きだわ」

→「最初会った時全然しゃべんない子なのかと
思ったけど、こうやって趣味の話とかすると意外と
しゃべるし面白い奴だよな」

・・・といった好意の伝え方が有効です

上記のような好意の伝え方の最大のメリットは

【必ずしも‘実際にA子がおしゃべりである必要はない’】

という点です

たとえ、A子自身が自分のことを

<無口で暗い女>

と評価していたとしても、

「A子のおしゃべりなとこ好きだわ」

→「最初会った時全然しゃべんない子なのかと
思ったけど、こうやって趣味の話とかすると意外と
しゃべるし面白い奴だよな」

のような褒められ方をされることによって

「私ってそういう風にも見られることがあるんだ」

と納得してもらいやすいんですね

これはA子が、自分のことを

<明るくておしゃべりな女>

と評価していたとしても有効で

「この人は私の良さをわかってくれる」

と思ってもらえます

A子の実際の性格がどうであれ、目に見えない以上、

【その印象をどう語ろうとあなたの自由】

なわけです(これが女の外見に対する印象だと、
そうはいきませんよね?)

あなたが好感をもったきっかけを具体的に挙げて

「第一印象とは異なる意外な一面も知った上で
好きになったんですよ」

という伝え方をすれば、女性も好意を受け入れやすいのです

人は

「自分の内面が他人にどのように見えるか?」

が気になって仕方ないくせに、
‘それを確認することが出来ません’

だから、

「内面を好きになった」

「話してて○○な印象を受けたから魅力的に感じた」

と言われると、どうしても

「え?自分ではそう思ってなかったけど、案外私って
そういう魅力もあるのかもしれない」

と納得せざるを得ないのです

なので、褒めるのが苦手な人は、単純な外見の魅力よりも、

<内面の魅力の褒め方>

を意識してみてください

女の外見レベルが上がるほど、‘内面の褒め’が効きます

・明るい

・友達多そう

・頭良さそう

・お嬢様っぽい

・しっかり者

・甘え上手

・話すと楽しい

・癒し系

など、さまざまな形容詞を使って
‘相手の女性の良さ’を表現出来るようになりましょう

もちろん褒めてばかりでは足りませんが、
褒めるのが苦手な人はまずはこの辺りから始めてみると、
‘相手が喜ぶ褒め方’が出来るようになります

(Visited 7 times, 2 visits today)