1日1回、応援クリックありがとうございます!
今何位? ⇒ <人気ブログランキング>

【会話術】

会話プランナー 小橋しゅん

 

◆漫画で見る女性の口説き方◆

 

「メールの返信がない女性との関係を復活させるメール」
「恋愛1000人セミナー」
を無料メールマガジン内でプレゼントしています。

 

PCの方はこちらから登録【漫画あり】

 

スマートフォン・携帯の方はこちらから空メールで登録

 

<<今日のテーマ>>

あなたには、何か悩みってありますか?

・疎遠になってしまった友達との関係

・仕事が上手くいかないこと

・楽しめる趣味がないこと

・異性との接し方

・彼女との付き合い方

・キープとの遊び方

・仕事と遊びの境界線の決め方

・時間にルーズなこと

・なんか漠然と寂しいという気持ち

など色々ありますよね?

 

そう、

<人間は誰しも悩むもの>

なんです

いくらお金持ちでも
遺産相続で悩むかもしれないし

 

いくらモテても彼女からの連絡に
応えるのが面倒になるかもしれないし

いくら仕事が上手くいっても、
有能であるが故に忙しさで過労になるかもしれません

 

つまり

【その人の幸福度とは‘無関係に’悩みは誰にでもある】

ということなんです

 

なんで、こんな話をするかというと、この

【その人の幸福度とは‘無関係に’悩みは誰にでもある】

という考え方が、

<会話で人と仲良くなるためにとても重要だから>

です

 

悩みというのは

・その人があまり他人には言いたくないこと

・その人がついムキになってしまうこだわり

・その人が毎日考えている1番関心のあること

にとてもつながりやすい

 

【本音を話す時の入口の話題】

なのです

 

だから

<悩みを聴くのが上手い人>

は、必然的に本音を引き出しやすくなり、
本音を引き出しやすくなった結果、

<他人と親密になりやすい>

といえます

 

なので、あなたも口説きたい女性と
話している時は

「この子はどういうことで悩んでいるかな?」

ということを意識して‘相手を観察する’と良いです

 

例えば、あなたが‘質問してないのに’、女の方から

「最近、仕事忙しくて大変」

という発言が出たら‘それを掘り下げる必要’がある
ということです

 

「そんなこと言うの珍しいね」

とか

「あーなんか顔が死んでるしなw、なんかあったん?」

などと、女の

「最近、仕事忙しくて大変」

という発言の理由や背景を探す返答をしてあげると
すぐに悩みの話になり、愚痴を聞き出せます

 

悩みは愚痴を聞き出せるということは、女から

「この男は私の本音を聴いてくれる」

と思ってもらえる立場を獲得出来るということです

 

だから、悩みや愚痴は聞くべきだし、いつでも聞けるように

<相手が感情を込めて吐き出したい話題がないか観察する>

ことが大事になりわけです

 

恋愛が上手くいかない多くの男性が、
この、一件何でもない

【‘質問してないのに’女の方から出る
「最近、仕事忙しくて大変」などの発言】

を軽く流してしまっています

 

「へーそうなんだ」

とか

「あーわかる、オレも大変でさー」

などと

 

・相槌だけで掘り下げる質問をしなかったり

・自分の話題に置き換えてしまったり

してしまうんですね

 

これは非常にもったいないです

 

せっかく女の方から

「最近、仕事忙しくて大変」
(仕事の悩み聴いてよサイン)

とか

 

「私今~にハマってて・・・」
(趣味のこと話させてよサイン)

とか

 

「今日はゴロゴロしてるだけだったなー」
(退屈な休みを過ごした私の気持ち聴いてよサイン)

とかの

 

「ねー、ちょっと聞いて欲しいことが
あるんだけどさ」

系のサインが出るわけですから、
ぜひ掘り下げて相手と仲良くなるチャンスに
変えていってください

 

気付いてないだけで、

<初対面で話し初めて5分の会話>

の中にも、1つくらいはこのようなサインが出てます

 

見逃さないようにしてください

<初対面で話し初めて5分の会話>

については、もっとたくさんの
仲良くなるテクニックがありますので
徐々にUPしていきたいと思います。

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

今何位? ⇒ <人気ブログランキング>

【必見】メールの返信がない女性との関係を復活させるメールを教えます

(facebookページ)ソーシャルメディアで彼女を作る5つの方法

彼女作り請負人 講師陣プロフィール

 


アドレス:

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

このページの先頭へ