1日1回、応援クリックありがとうございます!
今何位? ⇒ <人気ブログランキング>

布石という考え方

会話プランナー 小橋しゅん

 
小橋しゅんです

今回は「布石という考え方」について話そうと思います

よくこちらのメルマガ宛にくる恋愛相談で

「女性と話すと緊張するので、初対面で何を話せば良いか教えてください」

と聞かれます

この質問の答えとして、オレは

[緊張しているのを無理に隠そうとするから苦しいんですよ

むしろ

「オレ超人見知りだから、すげー緊張するわw」

と元気に言えた方が緊張せずに楽しく話せます]

と言うのですが、先日

「理屈はわかるのですが、いきなりそんな素直になれません」

とより深く悩んいた人がいた人がいたので、その対策を共有します

これは「普段から素直になる練習をする」という対策が有効といえます

素直って自分の思ったことをそのまま言えば良いだけなんですが、どうもその相手を選んでしまう人が多いようです

そこで、普段から「普通レベルよりもちょっとストレートな表現を多用するクセ」をつけてみましょう

ストレートな表現とは

・めっちゃうれしい

・すげーかなしい

・なんて恥ずかしいんだ

・お前マジばかだな

・なんかそれエロいね

・おっぱい揉みたい

・ぶっ飛ばすぞ

・絶対やりたくない

・何それ!?教えて

・本当に悔しい

などの、感情表現、下ネタ、いじり・・・をはじめとする「社会生活ではあまり好まれない砕けた口語表現」を意味します

フォーマルな場ではあまり用いませんが、仲の良い友達や家族などとはこのような会話表現を使うのではないでしょうか?

それをそのまま女に使えば良いだけです

とはいえ、「いきなり好みの女に素直になるのは怖い」と考える人もいるので段階を踏みましょう

まず家族

→親しい男友達

→たまに会う友達や職場仲間

→女友達

→パーティやオフ会などの一期一会の女

→女友達やいとこなどの親戚の女

→合コンで知り合った女

→絶対落としたい本命

などと素直になる対象をだんだん「親しい男の知り合い→親しくない初対面の女」へとプロセスを細かく分けて進むと良いです

女に素直になれないのは、男に素直になれてないからです

寡黙なままルックスの良さだけで惚れさせれるレベルの女ならともかく、良い女には本音を話すことも必要になります

思ったことをはっきり言うだけなんですが、意外と出来なくて悩む人は多いようです

しかし、そこで考えて欲しいのですが

「A子ってバカだなー」と言うことも出来ない仲の女性をデートに誘えるでしょうか?

「おっぱいなんてでかけりゃ良いんだよ!」と冗談混じりの下ネタも言えないのに、女性に「元彼とのHの思い出」の話題を振って関係を深められるでしょうか?

楽しい時に「楽しい」と言えない男が、抱きたい女に「ホテル行こう」と言えるでしょうか?

・・・なかなか言えませんよね?

そういうことなんです

つまり、日常生活のあなたの言動は全て女性を口説く‘布石’だと考えてください

「普段は大人しいけど、口説く時だけキャラを変える」ではボロが出てしまいます

普段大人しくてもモテるのは、臨機応変に自分のキャラを調整出来る上級者だけです

最初は、日常生活から自分を‘慣らしていく’ことが大切なのです

口説く時以外でも、思ったことを素直に言えるって楽ですし、緊張しがちな人はすごく気持ち良いですよ

【必見】素直さ以外にしなくてはならないことはこっちに書いてます

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

今何位? ⇒ <人気ブログランキング>

【必見】メールの返信がない女性との関係を復活させるメールを教えます

(facebookページ)ソーシャルメディアで彼女を作る5つの方法

彼女作り請負人 講師陣プロフィール

 


アドレス:

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

このページの先頭へ