1日1回、応援クリックありがとうございます!
今何位? ⇒ <人気ブログランキング>

なぜあの娘はあいつを好きになるのか?

会話プランナー 小橋しゅん

◆漫画で見る女性の口説き方◆

「メールの返信がない女性との関係を復活させるメール」
「恋愛1000人セミナー」
を無料メールマガジン内でプレゼントしています。

PCの方はこちらから登録【漫画あり】

スマートフォン・携帯の方はこちらから空メールで登録

 

こんにちは

小橋しゅん(表)

です

 

<<本編>>

オレが昔から不思議に思っていたことで

「どういうきっかけで女は男を好きになるのか?」

という疑問があります

 

その答えが知りたくて、彼氏のいる子に

「今の彼のどこが好きになん?」

と質問すると

 

「わかんない」

「優しいから」

「カッコイイから」

 

などの答えが返ってきます

でも、どの答えも抽象的ですよね

 

例えば

「優しいってどういう所が優しいの?」

と聞くと

「困った時助けてくれるから」

などと女は言います

 

けど、これを聞いても

「困った時助けてくれる男って
他にもいっぱいいるじゃん!」

って思いませんか?

 

モテない頃のオレは

「おまえは助けてくる男全員好きになるのか?」

と言いたくなってしまっていました

 

でも、今考えるとこれは違うんですね

「優しいから今の彼氏と付き合ってる」

という彼女の答えは不正確です

 

厳密に言うと・・・

彼女は優しくして欲しい時期があった

 

→たまたまその時期に優しく出来る立場にいる男がいた

 

→その男は、優しさ以外にもルックス、
会話の方向性の面で、彼女の欲する条件を満たしていた

 

→付き合った

 

→付き合った後は、彼氏の‘優しくない部分’がかいま見えても許す
(というより、むしろ「そんな一面もあるのか」
と母性を刺激されて余計に好きになることすら有り得る)

 

・・・という現象が起こったに過ぎないのです

 

上記の流れを見ると

「優しい」

という要素よりも

「‘優しくされたいと思っている状態の彼女’と会える立場にいた」

という要素の方がはるかに重要だったことがわかると思います

 

良いですか?

「優しい」

「優しくされたい彼女と会える立場にいた」

は似ているようで

【全然違います】

 

「優しい」

は常に優しい性格でいることが求められますが

「優しくされたい彼女と会える立場にいた」

・定期的に連絡を取れる

・彼女の近況を知る立場でいる

という状態を維持出来れば、

【必ずしも優しい性格でいる必要はない】

のです

 

決して

<優しい>

という要素が、

【彼女の恋心のきっかけになってはいない】

ということがわかるでしょうか?

 

男はよく女の

「優しい男が好き」

という発言を勘違いして捉えて

「優しくあろう」

とします

 

そして、いくら優しくしてもその子が自分になびかないから

‘なびかない原因’

‘アプローチの仕方以外の部分’

に求めて

 

「オレは貧乏だから」

「無職だから」

「ブサイクだから」

などと不必要な妄想を広げます

 

こんな不毛なやり取りが日本中で
今この瞬間にも起きているなんて悲しいですね

 

でも、これが

<男女のすれ違いの本質>

なわけです

 

こうならないために、
恋愛について学ぶ必要があるのです

 

オレは女性の発言に振り回されずに、

<目の前で起きている現象を正確に分析することが一番大事>

だと考えています

 

「優しい男が好き」

→「よし優しくしよう」

「イケメンが好き」

 

→「あーオレももっとカッコ良かったらなー」

「面白い男が好き」

 

→「お笑いの勉強しなくちゃ」

という

<言葉の表面だけを鵜呑みにした単純な思考>

を最も警戒してください

 

一度立ち止まって

「この子が言う優しいってなんだ?」

「この子が好きなイケメンって例えば誰だ?」

「面白い男って本当に笑わすだけなのか?」

と考えるんです

 

恋をすると人は盲目になって冷静な考察が出来なくなります

でも、夢中になるのは

<相手の女性もあなたを好きになった後>

にしましょう

 

女性がその気になる前は

<最善のアプローチを最小の労力で行うこと>

だけを徹底してくださいね

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

今何位? ⇒ <人気ブログランキング>

【必見】メールの返信がない女性との関係を復活させるメールを教えます

(facebookページ)ソーシャルメディアで彼女を作る5つの方法

彼女作り請負人 講師陣プロフィール

 


アドレス:

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

このページの先頭へ