ネットで出会いを探すためのプロフィールの書き方

恋愛システムエンジニア 横山建

 

 

恋愛システムエンジニア、横山建です

さて、前回はネットで出会いを探すために重要なプロフについての講義をしました

では、どのようなプロフィールを書けばよいか?

ということなのですが、わからない方は

 

【なぜ登録したかのリスクを切る】

 

【女性と共通しそうな趣味1】

 

【女性と共通しそうな趣味2】

 

【頑張ってることがわかる仕事のこと】

 

【メールを出してくれやすい誘導文】

 

をテンプレートとして使って書いてみて下さい

例文として出すとすれば

 

こんにちわ!ケンといいます。

先月まで8年付き合っていた彼女がいたんですが、別れてから

男友達もほとんど結婚しており、とりあえずですが登録してみました

 

【趣味】

趣味はスポーツすることです

最近はゴルフにはまってます!

2年ぐらい前から始めただけですが、教えられるぐらいにはなりました!

今年はまだ打ちっぱなしだけですが、コースも回る予定です

あと野球もよくやります!

 

【犬】

犬が好きです。でも、この間、飼っていた犬が死んでしまいました。

仕方ないとは思いつつも悲しいですね。

犬はずっと好きで、小学校の頃からずっと飼っていました。

【仕事】

広告代理店の営業をしています。

営業はいろいろな人と話せるのでとても楽しいです!

あと成績もあるので、やりがいめっちゃあります。

俺は負けず嫌いなので、誰にも負けたくないので

ひそかな努力と、楽しみながら今後もトップでいれるように頑張ってます♪

ただ、仕事は忙しく、それが原因で彼女と別れていますので

理解できる方がいいと思っています。

こんな感じの男ですので、メールくださーい。

こういうところに登録するのは初めてなので

あんまり慣れてないですがよろしく!

まずは、友達のように話せたらいいとおもいます。

あと、映画が最近見たいので、できればメールくれる時に

「面白いと思った映画・DVD」教えてください!

そんな話からできればいいなとおもいます。

 

(ここまで)

といった感じになります

 

ポイントとしては

●「ゴルフ」「犬」で共通点・興味がある人を引っ張り上げる

● 8年付き合った彼女と別れ… とし、なぜ出会い系をやっているのか?の

理由を「それならしょうがない」

「そういう理由でやっているなら、いい人なのかもしれない!」

という風に思ってもらうということ

● 仕事頑張っているで、今後一緒になっても大丈夫そうと思ってもらう

● メールをしようかどうか迷っている人に、「映画」を言ってもらうことで

メールをしてもらう率をあげていること

がポイントとなります

形式的には

【なぜ登録したかのリスクを切る】

 

【女性と共通しそうな趣味1】

 

【女性と共通しそうな趣味2】

 

【頑張ってることがわかる仕事のこと】

 

【メールを出してくれやすい誘導文】

 

になります

 

趣味のところは

「スポーツ系」「アウトドア系」「ファッション」

「ペット」「旅行」「音楽」

の中から2つ書いてください

 

明るいイメージがプロフィールに出ます

是非、初めの一歩は「ネット」を使った出会いで見つけてください

最速で1ゲットする方法

恋愛システムエンジニア 横山建

 

 

恋愛システムエンジニア、横山建です

 

このブログも

「女性と喋ることができない」

という方もいれば

「女性はゲットできるけど、もっといい女をゲットしたい」

という方まで様々な方が見てくれているものと思います

今日は、どちらかというと

「女性と喋ることすらもできない」という方に向けた話になりますが

そうじゃない方も参考になるので見てみて下さい

「女性とまともに喋ることができない。ほとんど喋った経験がない」

という方は、今後、戦略的に行動していかないと

蟻地獄にはまる可能性があります

どう戦略的に動かなければならないのかというと

● 出会いの場所

についてです

特に、女性と喋ることが苦手という方は

 

● 合コン

● サークルのオフ会

● 異業種交流パーティー

● クラブナンパ

 

などのところで出会いを探しても、まず結果はあがりません

これはなぜかというと

「周りに会話がうまい人間がいると委縮してしまう」

からになります

これは俺のモテない時もそうだったんですが

大人数になればなるほど、実力を発揮できないのです

 

合コンはとてもいい出会いのツールなんですが

「トークが命」の出会いの場なので、トークに慣れてからじゃないと

通用しないというデメリットがあります

 

それで、俺がどうやって口下手を克服したかというと

12年ほど前に流行っていた

「ポケベル」というものでした

 

このポケベルは12~14文字まで、文字を打つことができ

それで女性とやり取りしていたわけです

 

文字であれば、相手の顔を見ることがないのと

ゆっくりとなんと打つかを考えてから、文字で会話をすることができるので

文字のやりとりに慣れていって、実際のトークにもなれること出来ました

 

ポケベルは今は、もう誰も持っていませんので

もう通用しないものですが、「メール」というものがあるので

まず、女性に苦手意識を持っている方は

 

「メール」

「ネット」

での出会いの場を最低1つ使って出会いを探すと

よりうまくいくようになることが、わかっています

 

「出会い系は使えない」

というのが今の常識となっていますが、実情のところ

 

「ヤフー縁結び」

「Eーお見合い」

「ヤフーパートナー」

は出会える出会い系サイトとして、今も機能しています

一時期は「ヤフーパートナー」はサクラだらけだったのですが

ヤフーがここ最近の婚活ブームに乗り、サクラ排除に乗り出しました

 

そして、今では「ヤフーパートナー」は、かなり使える出会い系として

再び、機能しはじめています

ただし、この状況もいつまで続くかはわからないですので

今のうちに、やっておいてほしいと思っています

しかし、それでも、「ヤフーパートナーは出会えない」という方が

出てくることでしょう

 

なぜなら、出会い系をやっている方の9割以上の方が

【ダメなプロフィール】を書き続けているからです

 

逆にいって、ダメなプロフィールを書きさえしなければ

かなりおいしい思いが出来るのです

 

そこで今日は、「プロフィールの書き方」について伝授しますが

これは、プロフィールだけではなく、会話にも通ずるものですので

じっくりと見て下さい

 

では、プロフィールをどう書いたらよいのか?を語る前に

【どのようなプロフィールを書いたらダメか?】についてお話しします

 

今から載せるプロフィールは実際に、ヤフーパートナーに

掲載されていたプロフィールです

あなたも、このプロフィールのどこがダメか?を考えてみて下さい

(1人目)

年齢: 34 歳 | 地域: 東京都23区

 

はじめまして。都内の独身の会社員です。

なんでも本音を語れる

性格の優しい方いませんか?

真剣に付き合いたいです。

よろしくね。

一途に愛したいよ。

江戸川区近い方いますか?

 

(ここまで)

 

どうでしょうか?

このプロフィールがなぜダメなのかといえば、当然

【相手に求める一方で、価値を下げている】

というところになります

 

>性格の優しい方いませんか?

>一途に愛したいよ。

のところです

 

女は、好きな男に一途に愛されたいと思っていますが

まだ何も知らない男に一途に愛されるのは「恐怖」を感じるわけです

女も人間ですので、優しくされたいと思っています

ですので、まず男側から「女性の優しさ」を求めてしまうと

大幅に魅力ダウンと取られてしまうわけです

 

このプロフィールは、最もまずいプロフィールになります

 

(2人目)

年齢: 34 歳 | 地域: 東京都23区

プロフィールを読んでいただきありがとうございます。

IT関連の営業をしています。

基本的には土日休みなので、遊びに行けたらいいなと思っています。

希望条件などはありませんが、あえて言うなら優しい女性で、というところでしょうか。

まずはメールからお願いします。

それではご連絡お待ちしています。

 

(ここまで)

 

このプロフィールのどこが失敗しているか

あなたにはわかりますか?

 

この男性のプロフィールのどこがまずいのかというと

「女性からモテない」ということが前面に押し出されているところです

 

女性からモテない ⇒ 価値のない男 という意味で

【価値を自ら下げている】わけです

>プロフィールを読んでいただきありがとうございます。

>希望条件などはありませんが、あえて言うなら優しい女性で

>それではご連絡お待ちしています。

の3箇所が問題です

 

この男性の気持ち的に、女性が上、自分が下になってしまっています

女は男と違って、基本的にはMですので、下から下からな会話になってしまうと

絶対に女性は魅力を感じません

 

また

希望条件がない ⇒ 誰でもいい

⇒ 誰からも相手にされていない ⇒ 私がその役目を負わされるのはいやだ

という思考に女性はなります

 

女性の大部分の人は

【誰からも好かれるけれど、自分に一途な人】がいいのです

 

ですので、こういう自分の価値を下げるプロフィールはまずいわけです

さらに、1人目、2人目の人に共通するのは

【自分の情報が少なすぎる】ということです

 

女性は当然ながら、いろいろな男性のプロフィールを見て

どの人にしようか判断していますので、情報がなければ

判断基準がなくなってしまうので、自分のことはちゃんと書かなければいけません

 

(3人目)

年齢: 36 歳 | 地域: 東京都23区

都内でサラリーマンしています。

家⇔仕事の毎日で、出会いが全くありません。

流石にこのままではいけないと思い、登録してみました。

はい、正直に言うと焦り始めました。

いい年こいてますが、照れずに手をつなぎ、普通にデートがしたいです。

平凡な幸せを探しています。

プロフィールってうまく書けなかったので、好きなモノ、嫌いなモノを書きます。

好き

SUZUKI(オートバイ)、村上春樹(全部)、DVDでドラマを

一気に見る(最近はBONES)、ネットゲーム(過去形)、コーヒー(夏でもホット)

動物(犬でも猫でも)、自転車(脱メタボ)、肉(肉食)、

世界の中心で愛を叫ぶ(大泣き)

 

嫌い

ネクタイ(息苦しい)、ドリアン(臭い)、

こんな感じです。

よかったらメールしてみてください。

よろしくお願いします

(ここまで)

 

この方は、自分の情報をちゃんと出しているというのは

いいところなのですが、やはり

 

【自分の価値を落とす文章を書いています】

 

どの部分がダメかといえば

>家⇔仕事の毎日で、出会いが全くありません。

>流石にこのままではいけないと思い、登録してみました。

>はい、正直に言うと焦り始めました。

>いい年こいてますが、照れずに手をつなぎ、普通にデートがしたいです。

 

のところです

 

あくまでも、女性の大部分の人は

【誰からも好かれるけれど、自分に一途な人】がいいわけです

更に、この男性の場合、自分の情報を出していますが

 

>好き

>SUZUKI(オートバイ)、村上春樹(全部)、DVDでドラマを

>一気に見る(最近はBONES)、ネットゲーム(過去形)

>コーヒー(夏でもホット)、動物(犬でも猫でも)

>自転車(脱メタボ)、肉(肉食)、世界の中心で愛を叫ぶ(大泣き)

 

>嫌い

>ネクタイ(息苦しい)、ドリアン(臭い)

 

の情報部分が女性に共感を得づらいということです

 

情報は出したはいいのですが

「この人とは合わなさそうだからやめておこう」

となるわけです

 

自分の情報を出すのは、本当のことを全部出す必要はありません

全部出すのは、もっと仲良くなってからにする必要があります

あくまでも、プロフィールには

【女性に共感を得られそうな情報だけ】を書かなければなりません

 

そうではないとはじかれてしまうのです

 

(4人目)

年齢: 33 歳 | 地域: 東京都23区

コンシューマーゲームのプログラマをやってます。

忙しい仕事ですが、最近は余裕が出てきたので、登録してみました。

休日は、昼まで寝て、ゲームや映画でダラダラと過ごし、元気がある時は

仕事関係の研究をしたりと引き篭もってますが、

もっと充実した時間を送れるように、変えていきたいと思っています。

 

特技といえば、趣味のギターによる弾き語りで、カーペンターズ

ビリージョエル、ビートルズ辺りが好きです。

打ち上げなどで何度か披露して(いや、させられて・・・)好評でしたが

明らかに歌もギターも下手なので、

正直キツいです・・・が、なかなか出来ない貴重な体験が出来たと

みんなには感謝しています。

 

ビリーズブートキャンプを去年、8ヶ月間毎日やっていたので、

腹筋はバッチリ割れてます。

仕事が忙しくなった時期があって止めてしまいましたが、

今でもある程度キープしています。

長所は真面目な所で、3ヶ月以上休み無しフル残業でも余裕で乗り切りましたし

社会人になってから無遅刻無欠勤です。

ダメなところは、仕事などで熱くなりすぎて、人に嫌われてしまう事が

ある事です。

感情的になる事は決してないのですが、気遣いを忘れてしまう事が

あったので、気をつけています・・・。

以上、決してイイ男とは思いませんが、それでも気に入ってくれる方が

いらっしゃいましたら、よろしくお願いします。

(ここまで)

 

この男性のプロフィールは前の3人に比べると随分よいのですが

それでも、まだミスをしています

 

まずは、【価値を下げているという部分】

どこか?というと

>休日は、昼まで寝て、ゲームや映画でダラダラと過ごし、元気がある時は

>仕事関係の研究をしたりと引き篭もってますが

>以上、決してイイ男とは思いませんが、それでも気に入ってくれる方が

>いらっしゃいましたら、よろしくお願いします。

の2箇所になります

 

気に入ってくれる方がいたら…というのは

これまで、女性に全く気に入られなかったということを想像させてしまいます

 

謙虚さがあるというように思ってもらいたいのかもしれませんが

価値を下げない謙虚さを出さなければなりません

 

ダメな部分というのは、これだけですが

物足らない部分は、女性にこの人にメールしてみよう!という

【アピールポイントが足らない】というところです

 

>ビリーズブートキャンプを去年、8ヶ月間毎日やっていたので、

>腹筋はバッチリ割れてます。

の部分は非常にいいところなのですが、ギターの弾き語りの部分や

仕事の部分も、もう少し書き方を工夫すれば

かなり良いプロフィールになるだけに、もったいないといったところです

さて、このように、プロフィールで気をつけないといけない部分は

 

● 価値を下げない

というところです

 

そして

 

● 魅力的な人物ということが遠回りにわかる文章にする

● 女性と共通するところがある

という自分の情報を出すことが重要となります

更に、女性は

● いい男はいないと思って女は出会い系をしている!

ということ

 

そして、やはり女性も受け身ですので

● 返信をしやすいようにしてあげる

 

と最高の形となります

 

では、どのようなプロフィールを書けばよいか?

というのは次回お見せいたします。

女性視点から見る男としての魅力とは?

恋愛システムエンジニア 横山建

 

 

恋愛システムエンジニア、横山建です

 

あなたが狙っている女性を狙いたいと思う女性を

口説き落とす場合、当然ながら

 

【女性に魅力的】

 

と思われなければいけません

魅力的と思わせずに、女性を落とすのは不可能なので

魅力的と女性に思われる努力というのをしていかなければならないのです

 

もし、あなたがこれまで、女性に本当の意味で好かれたことが

あまりないということであれば、今まで通りに女性を接していても

今後も難しい状況が続いていくと厳しい表現ですが、言わざるを得ません

何かを変えていかなければならないのです

 

もちろんですが、男性が男性に対して

「男として魅力があるなー」

と思うことと、女性が男性に対して、男として魅力があるなーと思うことは

必ずしも、一致する訳ではありません

あくまでも、【女性視点から見る男としての魅力】が大事となってきます

 

その魅力とは何かか?を伝授するために、ブサヤリを書いています

さて、この女性から魅力と思わせるためのスキルを、あなたに

伝授していきますが、魅力をあげるスキルには、2つの種類のスキルがあります

1つ目のスキルというのは

【減点されないためのスキル】

2つ目のスキルというのが

【加点されるためのスキル】

ということになります

加点されるためのスキルというのは、好意の5段階レベルで例えるならば

興味なし ⇒ 普通

普通   ⇒ 好感

好感   ⇒ 好き

といったように、好意を上げていく作業を言います

この加点方式で魅力をあげていく方法を知らなければ、最高レベルの

「好き」まで持って行けないので、いい人どまりや友達どまりで

終わってしまうということが言えます

しかし、魅力を加点していくスキルは重要ですが

【魅力が減点されないためのスキル】

もまた重要です

これを押さえておかなければ、ゲットできるものも

ゲットできなくなってしまいます

 

仮に加点方式に魅力をあげるスキルを知っていたとしても

普通 ⇒ 普通

好感 ⇒ 好感

好き ⇒ 好き

といったように、好意レベルをキープするためのスキルがなければ

必ず好意が下がってしまうので、無意味となってしまいます

 

「そんなのは簡単じゃないのか?」

と思われる方もいるかもですが、実際のところはそうではありません

 

少なくとも、横山恋愛アカデミーの入塾者で言えば、全体の8割以上が

この部分が足りていなかったというのが現状です

 

例えば

● 狙っていた女性と何度かはデートできたのに、そのデートが終わってから

連絡が取れなくなってしまったという経験をしたことがある人は

 

好感 ⇒ 普通 ⇒ 興味ナシ

といったように、どんどんと好意が下がることをしてしまったから

ということになるのです

 

女性は男の魅力を無意識で【減点法】を取っているのが一般的です

そして、その眼は意外にシビアで、ポイントを押さえておかなければいけません。

加点の仕方を知っていても、減点になるような行動ばかりでは、ドカッと

魅力が下がるのでいつまでも、女性をゲットできない状態が続いている

という方が多いのです

 

加点方式の魅力を上げるスキルも大事ですが、女性は1つのダメなところを

見つけると、今まで積み上げてきたものが、一気に崩れ去るというイメージです

なので、まずは、簡単な減点を失くして

加点させていくイメージが大切となります

例えば、見かけはモテそうという人が意外にいい思いを

していなかったりするのは、どれも減点法に引っ掛かっている場合なのです

減点法だけでは、当然、自分よりも外見レベルが上の人を

落とすことができませんが、魅力を減点されない方法を

掴んでいなければ、会えば会うほど女性の好意が下がってしまう

という状態になってしまうのです

それで、この減点法で弾かれないようにするには

どうしたらいいのか?ということですが、代表的なものは

 

● まじめ系か?それ以外かの判別

※まじめ系=恋愛経験が年の割にあまりないという女

 

● Sなのか?Mなのか?

 

● 冗談が通じるか?物事を表面で全て鵜呑みにする性格か?

 

などです

 

相手によって、対応を変えなければならないということです

 

本当にモテる男というのは、これらの女性のどの女性が来ても

その資質を注意深く見抜き、それに合わせるということが出来ます

 

なので、本当に売れている伝説のナンバー1ホストと言われる人たちは

一見、誠実そうで、見た目も派手ではなく、顔自体が地味な人が多いのです

見かけが誠実そうなことで「まじめ系」をカバーし

後はトークで、男慣れしている女や冗談が通じる女をカバーしている訳です

まじめ系+冗談が通じない

という資質の女性は、外見が遊んでいそうというタイプや

いくらオシャレでも派手な服装をしている男を一瞬のうちに

 

「この人は違う」

と判断します

 

逆に、男慣れしている女はトークや中身も他の男と比べて

見ようとするので、会話でカバーできるわけです

ですので、「自分は見た目がまじめそうに見えて損している気がします」

という相談をよくもらいますが、見た目が誠実に見えるというのは

かなり有利な訳です

 

ただし、見た目がまじめに見える分、男慣れている女から最初

舐められがちになるので、そこをトークでどうカバーするかが重要となります

 

更に、俺が女といる時に減点を食らわないように

気をつけていることが

● こちらが話す方を求めいるか?聞いている方を求めているか?

 

● 優しくするべきか?優しくするべきところで何もしないか?

などです

 

これらも女性によって、どうされたいのかを判断出来れば

減点を食らわずにいけることが出来る訳です

そして、最も大事な、間違えてはならない女の資質というのが

 

● 【どれだけの連絡頻度にするのがベストか?】

ということです

これまで取り上げてきたものは、少しは間違えてもすぐに撃沈とはなりませんが

連絡頻度だけは、「返信しない」という選択肢を取れる

メールという仕組み上、間違えると即撃沈につながるということになります

デート中にしておくこと

恋愛システムエンジニア 横山建

 

恋愛システムエンジニア、横山建です

まず、女性をゴールまで持ち込めない、最大に悪いデートの

パターンというのは

デートで当たり障りのない話

⇒ 男と女の会話になってない

⇒ どうすればわからず、いきなり告白して撃沈

という流れです。

普通に

「おいしいお店の話」

「共通の趣味の話」

「相手のグチ」

「映画の話」

などだけを、デート中にしていても、そういう雰囲気に持っていくことは

とても難しくなります

 

さらに、このような会話を食事の時にしていて

「じゃー、次はホテルに行こう」

と誘っても、女性がドン引きするのは間違いありません

すなわち、あなたがデート中にしておくことというのは

【ホテルに行くという提案をしても引かせない】ように

コントロールしておくことになります

このことは、ホテルになんという言葉で誘うかよりも、数段大事な

ところなので、絶対に知っておいてほしいのです

 

では、どのようなことをやるか?ということをお話ししていきます

今からお話しすることは状況によっては、全てを行うことはありません

心理障壁が低い、中間、高いと3段階に分けて考えます

しかし、女性の好意レベルが「好き」までいっていれば

心理障壁が高いけど有効なコミュニケーションだけでも十分うまくいきます

しかしながら、好意レベルが「好感」くらいで止まっている

また、相手がすごくまじめな感じで踏み込んでいきにくいという場合は

心理障壁の低いコミュニケーションからやっていくのがオススメです

 

デート中に行う心理障壁の低いコミュニケーション

『恋愛話』

まず、デート中に絶対にして欲しいのが恋愛話なのです

恋愛話は、男と女の話なので、女性の頭の中を恋愛モードにするという意味でも

非常に有効で、俺は絶対にしていることとなります

もし、デート中に恋愛話を使えないという縛りがあったとしたら

落とせる確率は格段に下がってしまうといって間違いはありません

 

デート中にトータルでしていきたいことというのは、つまり

【男と女であるという意識づけ】です

 

そういう意識づけをする上で、デート中に恋愛話を振るというのは

心理障壁が低い最も簡単で、誰でもやれることになります

 

実際に恋愛話とは、どういう話をすればよいのかというと

・好きな男のタイプ

・ナンパされたことあるか?

・今までに告白されたことあるか?それはどんな風な告白のされ方だったのか?

・今までその女が振ってきた男の話

などがあります

 

『あーんで食べる。食べさせる』

そして、次は、自分の箸で食べ物を女性に食べさせてみるということです

これは仲のいい男女がするというコミュニケーションになりますが

そんなに女性が引いてしまうようなことではありません

 

しかし、女性が男性側に好意を持っていないと、拒否をする場合もあります

なぜならば、あなたがこれまで食事をしてきた箸だからです

 

ここで拒否されるようであれば、ホテルに誘うのは少し難しいかもしれない

というリトマス試験紙になります

 

逆に女性に食べさせてもらうというのもあり、どちらでもよいのですが

男らしい男性が好きという女性は多いので、女性に食べさせてもらうよりは

女性に食べさせてあげたが方が印象はいいように思います

これで「俺たちは男と女なんだよ」ということを

しっかりわからせていくという作業をしていくわけです

デート中に行う心理障壁中間のコミュニケーション

『軽めのボディタッチ』

女性というのは、興味のない人に触られることを男性と比べ

極端に引くので、こういうボディタッチを入れてみると、どれくらいの

好意レベルにあるかというのがわかってきます

 

また、男と女がするコミュニケーションなので、女性が

あなたのことを意識していれば、ドキドキするというものになります

 

しかし、一歩間違えればセクハラなので、心配な場合は

「あーん」から入るのが無難ということになるわけです

 

また、ボディタッチをするにしても、あなたがきついことを言われたりとか

女性が少しとぼけたことを言って、突っ込む時などを利用して

「ちょっと!(笑)」

という言葉とともにツッコミのような感じで軽く叩く、というところから

様子をみたいところです

『もし俺らが付き合っているとしたら…』

そして、上記のように、「もし俺らが付き合っているとしたら…」という

仮定法を、なるべくそれを言うのが自然な

タイミングで入れていくのも有効です

 

あなたのことを好意的に思っていれば、うんうんとうなづきながら

話を聞いているだろうし、好意レベルがあがってきていない段階であれば

若干難色を示すような反応になるはずです

 

それを見極めるという意味でも有効です

 

例えば、女性側が

「私、あんまり料理できないんだよねー」

ということを言っていたら

「じゃー、もし俺らが付き合ったら俺ばっかり飯作ることになりそうだね…」

といった具合で、できるだけ自然な形でこの仮定法を入れていきます

 

逆にこの仮定法で話をすすめても、いい反応であったならば、さらに

仮定法で話をすすめていってください。

 

デート中に行う心理障壁の高いコミュニケーション

『手をつなぐ』

ある程度、勝算が見えている女性には手をつないでみましょう

これも男と女なんだということを意識させるためにはすごく重要です

 

また、俺の場合、自分の靴をぬぎ、相手の足に俺の足を置いて、

「ツンツン」とつつくという作業もしたりします

これは結構やられるとドキッとするので、こういうことをしながら

女性の感情を揺らしていくのも有効です

『好意を言ってみる』

そして、手をつないでも大丈夫そうであれば、好意をポロッと

言ってみるのもありです

言い方としては、たとえば相手が

「私ってほんとおっちょこちょいなんだよねー」

ということを言っていたとしたら、「俺、そういうとこ好き」といったように

また、たとえば、先ほどの例のように

「私、料理苦手なんだよねー」

ということを女性が言っていたとしたら

「あー、料理苦手なとこ以外は全部好きなのになー」

といった具合で、好意を見せていくという作業をするということになります

以上になりますが、まず今日は、ゴールを決めたいという時は

これらのコミュニケーションの最低でも、どれか1つを

して欲しいのです

 

こういうことをやることによって

「なんか私たちって男と女っていうよりともだちって感じだよね」

ということを言われるなくすることが出来るようになってきます

 

まず、相手の好意がまだ分からない時は心理障壁の低いものから

やっていって下さい

速効で第一印象を上げる技術

恋愛システムエンジニア 横山建

 

 

恋愛システムエンジニア、横山建です

 

あなたも

「かっこよく生まれたかった」

「もう少し、おれをかっこよく産んでくれたらよかったのに…」

と思われたことがあるかもしれません

 

しかし、超イケメン以外は、いい女を顔だけで落とすというのは

絶対に限界があるのです

また、イケメンでモテている男も顔の魅力だけ持っている訳では

ないことが多くあります

 

それはなぜかといえば、彼らは外見がいいことによって、場数を

踏んでいる可能性が高いからです

ある程度外見のいい男は、出会いがあったり、モテる人同士で遊んでいる

ということがよくあること。そして、最初から印象がいいので

女性と友達になることも、ブサイクよりは簡単ということがあってです

それで、俺が何を言いたいかというと、テクニックいらずで

与えることが出来るこの

「外見で与えられる魅力」

というおいしい部分を捨てにかかるのは

とてももったいないということを絶対に覚えておいてほしいのです

外見を改善するだけで、おいしい果実を手にすることができるはずなのに

手を抜いているという男性を俺はよく見かけます

もちろん、外見は才能に起因するところも大きく、その器は人によって

上限があります

 

ありますが、その男性が持っている器の最上限までのレベルに

持っていくのは才能ではなくて、あなた個人によるところです

なぜならば、女性が最近になって、重視している「外見の良さ」という指標は

身長や、顔のつくりだけではなく

・体型

・髪型

・ファッション

・センスや雰囲気

というものがかかわってくるようになってきているからです。

 

昔は顔のパーツで外見がいいか、悪いかを判断する節があったと思うのです

しかし、今は違います

今は【雰囲気】と【ファッション】を顔以外にも、女性は

重視するようになってきているのです

つまり、逆のことを言えば、ブサイクでも頑張ればある程度、魅力は

引き上げられるようになったということです

だから、外見は限界ギリギリまで、必ず引き上げておく必要があります

まずは、外見を最大限にまで引き上げておき、それから、他の魅力で勝負です

「オシャレをしてみよう!」と思ってくれた方は、是非、してもらいたいと

思っていますが。ファッションを変えるために重要なことは

 

【まず髪型から変える】

ということです

これはとても重要な話です

 

服や小物に手をつけることよりも、まずは髪型を、ファッション誌のモデルが

しているようなオシャレな髪型に、美容院でしてきて下さいということです

なぜかというと、服から先に買うと、試着した時に

「なんか自分には似合わない…」

というようになってしまうことが大半だからです

これはなぜこういうことが起こるかというと

ファッションは髪型込みだからです

 

だから、その服のデザインも

「こういう髪型の人に似合う服装は…」

と考慮されて作られた物が全てだからです

 

なので、当然、今まで髪型に気を使ってこられなかった人には

似合わなくなってしまうのです

 

横山恋愛アカデミーの塾生には必ずファッションを変えてくれということを

言うのですが、「自分にはそういう服は似合いませんでした。。」という方が

とても多かったのです

これも、まずは髪型がそのファッションにあっていなかったので

そうなっていた訳です

 

まずは、ファッション誌などを見て、どういう系統の

ファッションにするかを決めたら、髪型をそのファッション誌に

出ていたモデルと同様の髪型にするということから初めて下さい

間違った恋愛の常識とは

恋愛システムエンジニア 横山建

 

 

恋愛で女性の心をつかむためには、リスクとメリットという考え方が

非常に大事になってきます

 

リスクを取らなければ、魅力の絶対値が上がらないので

自分の外見レベル以上の女をゲットするのは難しくなります

これはたとえば

タメ口

呼び捨て

いじる

ボディタッチ

エロトーク

などが、「リスクはあるけど、通れば魅力値がプラスになるもの」です

しかし、今、モテないと悩んでいる方のほとんどが

ズレて考えているのが

 

リスクが何か?

メリットが何か?

 

それが完全に【逆】になっているということです

よくあるのが

「褒める」というコミュニケーション術です

 

これは男性が男性に褒めるのであれば、そんなにリスクはありません

しかし、女を口説くために、男性が女性に褒めるというのは

タイミングを間違えると、リスクになります

また、褒めても男としての魅力値は上がるどころか

下がってしまうという場合もあります

「褒める」というのは、されて嬉しくない人はいないというものと

されてきています

しかし、初対面一発目のそれほど会話もしてない段階で

「その服似合ってるよねー」

といったとしても、逆効果になる人間もいるのです

(効果的な女性もいます)

また、もっとも大きな勘違いの1つが

「女性にメールを送る」というものです

 

よく、「私はメールが凄く下手でメールで女性の心を掴めないんです」

という相談があります

 

しかし、こう考えてしまうのも、その人の中に

「メールを送る」 = 確実に魅力値が上がる行為

となってしまっているからだと思うのです

モテない人間は

「メールを送らないと女性の好意が下がってしまう」

と思いこんでしまっています

 

しかし、これは本当は

【メールはタイミングを間違えるとリスクにしかならないもの】

なのです

だからそうなっているだけです

メールを送ってるのに、好意が下がっている

だから、自分はメールの文章が下手なのではないかと思っている方が

大多数なのです

 

しかし、これは違います

 

「メールを送る」というのは基本的に好意の5段階レベル

 

嫌悪

興味ナシ

普通

好感

好き

 

の「好感」であれば、ウザくならない程度になるならば効果的であり

「好き」の状態であれば、女性も嬉しく思う

 

そういうツールが「メール」というものです

 

もちろん、これは女性の資質によって

好意レベル「好き」の男にすら、「メールはいらない」という女もいれば

好意レベル「興味ナシ」の男でも、ちゃんと相手にするという女もいます

 

しかし、ごくごく一般的な女性は、好意レベル「普通」以下の男から

ガンガンメールがくれば、それだけ好意が下がってしまうのです

 

減点法に引っ掛かるというものです

 

メールを送ってダメなわけではありません

メールを送ったらダメなのではなく、好意レベルが「普通」以下であれば

2週間に1度くらいのペースでやっておかないと

好意が下がるのです

つまり、モテない人は

「メールを送らないと好意が下がる」と思っています

 

しかし、モテる男は

「メールを送るのという行為が慎重に」ならなざるを得ないのです

 

なぜかといえば、それを知っているからです

これは

「プレゼントをあげる」

「優しくしてあげる」

「聞き上手になる」

ということも同じことです

 

これらはみな、モテない男達にとっては

 

【女性がされて無条件に嬉しいことと勘違いされているもの】です

メリットしかないと思いこんでいるものです

しかし、これらは、かなり大きなリスクをはらんでいるものだということを

知らないといけません

 

「しかし、そう言われても実際の場面で生かせない」

となると思うのですが、これを実際の場面で生かす方法が

【13の恋愛トリガー】という考え方です

これは例えば、あるターゲットの女性Aが4番目のトリガーの

影響力が高いということがわかった

 

そうなれば

「優しくしてはいけない」

「メールをあまり送りすぎてはいけない」

という減点されない方法や

 

4番目のトリガーの影響力が高いと分かった場合は

【このような攻略法で攻めていけば落とせる】

という勝利の方程式がわかるのです

 

だから、それをやればうまくいきます

しかし、たとえば、ターゲットBが6番目のトリガーの

影響力が高い場合、4番目のトリガーの攻略法をやれば

 

【減点される】ということもあるのです

 

あなたも、このことってわかってもらえないでしょうか?

 

女というのは、十人十色でバラバラなのです

だから、攻略法を1つにするのは無理があるということです

 

これはもう自然現象、そのものなので、これから誰が

攻略法は1つでいけると提言しても無理なものです

 

13の恋愛トリガーが世界で唯一の、恋愛のルールを攻略した

最強無欠の恋愛術です

例えば、さきほどお話ししたように

好意レベル「好き」の男にすら、「メールはいらない」という女もいれば

好意レベル「興味ナシ」の男でも、ちゃんと相手にするという女もいる

という話をしました

 

しかし、一般的な女は「好感」であれば、ウザくならない程度になるならば

効果的であり、「好き」の状態であれば、女性も嬉しく思う

という話をしました

「じゃー、一体、俺の好きな女はどれなの?」

という話になった時も、これを的確に見抜く方法というのがあるのです

 

俺はいつも、これを見抜いて、女と接しているので

好意が下がってしまうということは一切ないのです

 

13の恋愛トリガーについて、もっとよく知りたいという方は

いずれお話しすることになりますのでしばらくお待ちくださいね

 

 

 

 

射程圏という考え方

恋愛システムエンジニア 横山建

 

 

女性をゲットできるかどうかにおいて非常に大事なことは

射程圏という考え方になります

 

射程圏に女性が入ってきている時に、適切な行動をすることが

非常に大事です

 

手をつなぐ

 

キスをする

 

デートに誘う

 

ゲットする

 

 

これらの行動全てにおいて、射程圏に入ってきた時に

それ相応のことをするということになります

 

射程圏に入っていないのに、これらの行動を取ると

女性は逃げていってしまうということになります

射程圏とは、ある程度、その行動をとっても

オッケーをもらえるという確信が持てる好意の状態

 

つまり

 

手をつなぐ

 

キスをする

 

デートに誘う

 

ゲットする

 

などの行動のオッケーをもらえる状態であることを見抜き

オッケーの自信がほぼある状態でやっていく

ということになります

そして、大半の方は

 

「射程圏に女性が入らないから困っている」

 

ということになります

 

 

女性から好かれるために、はっきりさせておかないといけないのは

この世の中で、小手先の方法で女性に好かれるというのは

不可能だということです

 

女性は馬鹿な生き物ではないので、小手先で

あなたに対して、ドキドキしたり、股を開いたりすることはない

ということは、はっきり認識しておかないといけません

 

 

女性があなたの射程圏に入るのは

 

【あなたのことを魅力的と判断した時】となります

 

あなたの魅力の点数がどんどんたまっていき

ある地点まで達したところで、女性は行動を起こすというイメージです

 

 

それで、女性をゲットできるかどうかについての

最大の分岐点が

 

デートにいけるかどうか

 

ということになります

 

デートに女性が来るということは

 

「まだ付き合うかどうかはわからないが、あなたを

どういう人かは見てみようと思っています」

 

という風に最低でも、思っているということになります

 

その女性によって、もうあなたと付き合ってもいいですと

思っている女性もいるでしょうし、付き合うまではまだわからないけど

好感をすごく持っていますという風に、更によい風に思っている場合もありますが

 

 

女性がデートに来るということは

 

「まだ付き合うかどうかはわからないが、あなたを

どういう人かは見てみようと思っています」

 

くらいの好感度があることは確定してよいということになります

「あなたのことは男性としてナシなので、興味ないです」

 

と思っている女性もいる中で、デートに女性が来るということは

 

「まだ付き合うかどうかはわからないが、あなたを

どういう人かは見てみようと思っています」

 

くらいの好感度は、どんなに最低な状況でも持たれている訳で、デートにいけるのに

ゲットできないというのは、なるべく避けなければいけません

女性は、魅力の点数が加点されるのを信じて

デートにきているということです

 

 

デートにいけているのに、ゲットできなかったということは

 

「あなたのことを見てみようと思って、デートしましたが、やっぱり

私の思う人とは違ったようなので、体を許すのはやめておきます」

 

ということを言われたことと、同じになります

 

 

そして、先ほども言った通り、女性をゲットするには

小手先ではどうしようもなく

 

【魅力の点数の積み重ねがなければ無理】

 

ということになります

 

男として魅力的な人間性であることを女性に遠まわしに伝えないといけないのです

 

俺は以前、モテなかったので、知られれば知られるほど

ゲットから遠ざかっていく人間でした

 

しかし、これはコツを知れば、誰しもが超えられる壁なのです

 

女性に魅力的と思われるには?

恋愛システムエンジニア 横山建

 

 

射程圏に女性を入れるためには、あなたの男としての魅力が

とても大事になってきます

 

 

魅力的と思われるには、あなたが女性に対して

やりたいようにはやらないことが大事になってきます

 

 

いかに、その女性にとって嬉しいことや、魅力的と感じることを

してあげられるかがとても大事なのは、あなたにもわかってもらえると思います

 

今日は、女性に魅力的と思わせるための更に突っ込んだ話をします

 

さて、俺がここ最近、大事にしている指標の1つに

 

【心のバランス】

 

というものがあります

 

 

この心のバランスが、モテるかどうかにおいて

決定打ともいえるくらい重要な影響をおぼすので、今日はこの話をします

 

 

で、この心のバランスとは何か?ということになりますが

【1 ネガティブな事柄への対処】

 

【2 相手への期待度】

 

【3 相手へ与えようとする気持ちの強さ】

この3要素において、心の持ち方により

いつも間違った捉え方をしてしまう方は、まず間違いなくモテなくなります

 

そして、間違った捉え方をしてしまう方は、それが「クセ」となってしまっているので

なんとしても矯正していかなければならないということになります

 

では、この3つの要素においてもう少し解説をします

 

【1 ネガティブな事柄への対処】

 

難しい言葉になっているかもしれませんが、簡単な言葉で言うと

 

「ある物事が起こった時に事実以上にネガティブに捉えてしまう方はモテない」

 

ということになります

例えば、多いパターンとしては、女性が別に何もしてないのに

 

「あ!今、俺のことバカにしたでしょ?」

 

とか

 

「別に自分は誰にも必要としていませんから」

 

というように、事実以上にネガティブな捉え方をしてしまう方はモテないということです

 

怖がりだったり、心配性なのは、いいのですが

【事実以上に】ネガティブに捉えてしまう方は、その会話が必ず

女性の前で出てしまうので、会えば会うほど嫌われるということになります

 

会話をするだけで、女性は疲れてしまうということになります

 

【2 相手への期待度】

 

こちらは言いかえれば

 

「相手が自分のために何かをしてくれて当然と思いすぎている人はモテない」

 

ということになります

 

これもやはり、それが「クセ」となっているので、心のバランスを

矯正していかなくてはならないということになります

 

よくある例としては

 

・自分の話を聞いてくれて当然

 

・自分のことを褒めてくれて当然

 

・自分に優しくしてくれて当然

 

・自分に連絡をマメにしてくれて当然

 

などのように、相手が自分にしてくれることを常に期待している状態です

 

 

さらに、相手が何も自分にしてくれないと、それが「怒り」に

変わる方もいます

 

これらは、相手に求めているハードルが上がりすぎていることが

原因となっており、これも、こういう「クセ」が出来上がっている方は

心のバランスを矯正し

 

【相手に対して、過度に求めることはしない】

 

という心のバランスに持っていくように心がけなければなりません

 

【3 相手へ与えようとする気持ちの強さ】

 

こちらは言いかえると

 

「女性に対して、何もする気がない男はモテない」

ということになります

例としては

 

・女性の話はおもしろければ聞くし、おもしろくなければ聞かない

 

とか

 

・女性に対して、自分の要求は通そうとするが相手への気配りは考えない

 

とか

 

・自分の彼女にはオシャレをさせるが、自分はオシャレに気を使わない

 

などのように、相手が喜ぶようなことをすることに

重きをおいていないということが「クセ」になっている状態を言います

 

 

こちらも心のバランスを

 

「恋愛関係は、メリットとメリットのバランスにおいてのみで成り立っている」

 

という認識にもと、矯正していかなければいけないということになります

この

 

【1 ネガティブな事柄への対処】

 

【2 相手への期待度】

 

【3 相手へ与えようとする気持ちの強さ】

という心のバランスの3要素は、そのバランスが乱れていると

女性との会話中にも、それが必ず出てしまいます

そして、これらのバランスが乱れていることに

女性が気付けば、確実に好意は下がっていきます

 

もし、心当たりがあるという方にはなんとしても

矯正して頂きたい事項です

モテない原因となる3つのパターン

恋愛システムエンジニア 横山建

 

 

さて、今回はモテない男には大きく分けて3パターンの人間がいる

ということについてお話したいと思います

 

 

女性から人気がない

女性からなぜか好かれない

 

こういう方は、大きく分けて3パターンに分けることができると

俺は考えています

 

今日はそういう話になります

 

 

で、もし、あなたが現状、女に好かれないと思っているのであれば

自分がどのタイプに属しているからモテないのかというのが

わかっているのか、わかっていないのかは大違いとなります

 

なぜなら、自分が思っているモテない原因と

モテない本当のところの原因が大きく食い違って

認識している方が多々いるからです

あなたがモテない原因はそこじゃないんです

ということが結構あるのです

 

そうならないためにも、今回のモテない男の3つのパターンの説明をしておくのは

重要なことかと思います

 

 

で、その3つのパターンというのは以下のようになります

 

モテない男のパターン1

 

【無意識に女性を嫌な気持ちにさせるのでモテない】

 

モテない男のパターン2

 

【見た目は悪くないが積極性がなさすぎてモテない】

 

モテない男のパターン3

 

【女とは話せるが見た目がよくないのでパンチ不足でモテない】

 

 

 

これが現実的に見たモテない男の3パターンとなります

 

 

モテない男のパターン1というのは、簡単に言えば、

会話をするたびに女性を不愉快にさせている

ということになります

例えば…

 

・自分の話ばかりで人の話を聞かない

 

・下ネタがダメな人に下ネタを言う

 

・ちょいちょい女性に対して失礼なことを無意識で言ってしまう

 

・体目当て感たっぷりの会話をする

 

・ナルシスト的な会話が多い

 

・嘘やハッタリばかりで行動が伴っていない会話

 

・空気が読めない発言が多い

 

などといったように、会話をしているとストレスがたまるような会話を

してしまう方です

 

こういう方は、常に自分の発言が大丈夫なのかどうかを

客観的にみるクセをつける必要があります

 

上記のようなことを過去に言われたことがあるという方は

気をつけないと、どんなよい恋愛ノウハウを知っていても

結果は絶対に伴いません

 

 

しかし、現状として、ブサヤリ読者の方はパターン1よりも

パターン2、パターン3に該当する方が多いはずです

 

なぜならば、パターン1の方は謙虚さがなく横暴な性格の人が多いので

このメールマガジンをみても、その内容を受け入れることは

ほぼないと言えるからとなります

 

パターン2の方の特徴というのは

 

・女性に会話を振られてもうまくリアクションが取れない

 

・自分から話題を振ったり提供したりできない

 

・女性に対して積極的になれない

 

・たまに積極的になろうとすると空回りしてしまい女性に不自然と思われる

 

ということがいえます

 

 

パターン3の方は

 

・女性と話すことは話せるが仲良くなれてる感触がない

 

・女性と話しを続けてもどこか距離を置かれている気がする

 

・メールをしてもそっけないことが多い

 

・自分では普通なはずなのに女性に嫌われもしないが好かれもしない

 

・会話は普通にできているはずなのでどこが自分で悪いのかもよくわからない

 

といった症状(?)があります

 

そして、今回のお話で、注目すべきところは、やはり

パターン2とパターン3の違いについてだろうと思います

 

まず、当然ながら

 

パターン4

 

【見た目は悪いのに積極性がなさすぎてモテない】

 

という場合もあるのですが、これは結局、積極性の部分をクリアーしたとしても

結局、「パンチ不足」を解消できなければモテないところから脱出できないので

あえてパターンは3つに分けてあります

 

あと説明しないといけないのは

 

【女とは話せるし見た目もよいがパンチ不足でモテない】

 

というケースはありえるかということになるのですが

この場合は、モテるということはいえなくても、モテないということは

ありえないということになります

なぜかといえば、見た目がいいというところが作用しているからです

 

まさに、ここら辺に関しては、ブサイクは不利ということが言えてしまう訳です

 

つまり

 

見た目がいい ⇒ 積極性をクリアできればモテないことはない

 

見た目が悪い ⇒ 積極性をクリアしただけでは、まだ足りない

 

ということになるわけです

 

 

では、見た目が悪い人間は何を女性にしないといけないのか?

 

物足りない

 

男としてみれない

 

と女性に思われている人間がどうしたら変われるのか?

 

それは

 

【好意があがる会話をやること】

 

になります

好意があがらない会話とは

天気の話や、おいしいお店の話などです

 

そのような会話だけをしていても好意はあがらないのです

 

 

天気の話やおいしい店の話をしてはいけない訳ではないのですが

それだけでは、好意はあがらないのです

 

天気の話やおいしい店の話は、好意があがる話をするための布石としては

すごく使える会話なのですが、好意があがる本質ではないので

そのような会話だけをしていても全く意味はないのです

 

結局、パターン3

 

【女とは話せるが見た目がよくないのでパンチ不足でモテない】

 

という状態を脱却するには、つまらない会話を女性にしてはいけないのです

 

重要なのは

 

【好意があがる会話をやること】

 

なのです

その、好意があがる会話を徹底的に俺は教えています

 

何をしゃべったらいいかわからない

話すことがなくて沈黙になってしまう

 

というように、パターン2、パターン3のモテない原因を脱却するには

 

【好意が上がる会話】

 

を知ることです

積極性が出ないのは、何をしゃべったら女性が喜ぶのかの自信がもてないからです

 

好意が上がる会話を知れば、女性と話すのはそんなに難しくなくなるので

積極性はいやでもでるわけです

 

好意があがる会話を知れば、会話をするごとに反応があがるので

つまらない会話になることは絶対にありません

 

パンチ不足

友達どまり

男としてみれない

 

このように思われる原因は、会話がつまらないからです

 

重要なのは何度も言いますが

 

【好意が上がる会話】を女性にやることです

 

あなたにもそれは余裕で出来ることです

 

知っているか知らないか

ただ、それだけの違いです

メールで女性の好意を上げる方法

恋愛システムエンジニア 横山建

 

 

数ある恋愛ノウハウの中で、世の中の人が一番わかっていないことは

 

【まだ好かれてない状態でどんなメールをすればいいのか?】

ということでしょう

● 話は普通に出来るけど男としては見られていない気がする

● 落としたい相手とメールのやり取りがあまり続かない

このような状態の女性に対して、どのようなメールを打つと

効果的なのかが、世の中の人が一番わかっていないことだと思うのです

それで、どのようなメールを打つと効果的なのかを

あなたにお教えしたいと思うわけですが

あなたが女性から持たれている好意を知るパロメーターとして

嫌悪

興味なし

普通

好感

好き

の5段階に分けて考えます

そして、自分が狙っている女性に対して

どの好意レベルに当てはまっているのかを考えるのはとても有効です

なぜならば、この5段階の好意レベルを知ることにより

どのようなメールを打てばいいかがわかるからです

 

この5段階の好意レベルは

嫌悪 … 生理的に受け付けない。嫌いという感情を女性から持たれている

興味なし … 嫌われてはないが全く興味を持たれていない。自分とは関係がないと思っている

普通 … 知り合いという認識はあり、嫌われているわけでもないが好かれているわけでもない

好感 … 女性から+の感情を持たれているが、その感情が恋愛感情ではないと思われている

好き … 女性があなたのことを恋愛感情として「好き」であることを認識している

といったような意味になります

まず、女性とのメールのやり取りをする上で、最も優先順位が高いのは

【相手の好意レベルを見抜くこと】にあるのです

 

そして、モテない男の90%以上は、好意レベルのことを

全く考えていないので、好意が下がるメールを送っているわけです

 

モテない男性の多くは、メールを送れば送るほど

好意が上がるものだと思い込んでいます

モテない男性の多くは、メールを送らなければ送らないほど

忘れられて好意が下がると思い込んでいます

 

上記のことは、全てが間違っている訳ではありませんが

間違った認識になってしまう状況も数多くあるといったところです

何を言いたいのかというと、モテない男性の多くは

【どのようなメールを送っても】メールは送れば送るほど

好意があがるものだと思いこんでいます

しかし、恋愛においての実情は

【適切なメールを送らない限り】メールは送れば送るほど

好意が下がるのです

覚えておいてほしいことは、女性に携帯メールを送ることは

正しいメールではないと送れば送るほど好意が下がるのです

なぜ、ほとんどの方が正しくないメールを送ってしまうかというと

好意レベルを見抜いていないから となります

 

それでは、次回は

【メールから女性の好意レベルを見抜く方法】について取り上げます