ダブルバインド解説【西園寺流】その2

恋愛デプログラマー 西園寺のび太

 

◆漫画で見る女性の口説き方◆

 

「メールの返信がない女性との関係を復活させるメール」
「恋愛1000人セミナー」
を無料メールマガジン内でプレゼントしています。

 

PCの方はこちらから登録【漫画あり】

 

スマートフォン・携帯の方はこちらから空メールで登録

 

前回の続きです。

ダブルバインドについて、本質から外れた小手先の言葉の
テクニックはうまくいかない、という話でした。

 

本質から外れたテクニックをいくら駆使しても、自分は成長しません。

それでは、小手先ではないダブルバインドはあるか?
 

あります。

 

─────────────────────────────────
小手先ではないダブルバインド
─────────────────────────────────

 

ダブルバインドのキモは【前提条件】です。

何を前提にするかで、相手に提示する選択肢が変わってきます。

そして、恋愛で大切なのはマインドセットです。

 

マインドの【前提条件】を変える。

これが僕の提案です。

 

「デートできる?できない?」

「俺のこと好き?嫌い?」

 

そんなことを心配しているようでは、「No」があり得るという前提条件、
マインドセットになってしまい、よくありません。
 

「セフレになる? それとも恋人として付き合う?」
 

これだと、ゲット前提です。
 

言葉で言ってはいけませんが(笑)マインドとしては
そのくらいの強気でいてほしいんです。
(あくまでもマインドであって、戦略、リスク管理は必要です)

 

「付き合える? 付き合えない?」

ではなくて、
 

「いつ、この子とキスしようか」

「いつ、この子とセックスしようか」

「どうやって落とそうか」

 

【うまくいくという前提条件をマインドセットしてください】

 

ゲットする、付き合う、相手が自分に惚れる。

これらはもう前提条件です。

「自信」と呼ばれるものに近いかもしれませんね。

 

前提条件が人の行動を左右します。

 

「俺は女性に愛されるに値する男だ」
「俺は女性を幸せにできる男だ」

 

という前提条件をマインドセットできれば、あとは、

【どうやって】女性にそのことを気づかせるかを考えればいいのです。

 

失敗しても、

「俺の魅力に気づかない残念な女だ」

と思っていればOKです。

 

─────────────────────────────────
前提条件の無限後退
─────────────────────────────────
 

場末のレストランとか喫茶店のトイレとかに、

「そのまんまでいいよ。人間だもの」

的な、達筆のメッセージを見かけることが、たまにあります。
 

僕は、あれが嫌いです。
 

「あんた、自分のこと嫌いでしょ? 自分のこと責めてるでしょ?」

という前提条件から出てくるセリフだからです。

 

見ず知らずの俺を、トイレでいきなりそんなふうに決めつけるな! と。

それに、ウンコする時に「人間だもの」と言われても。

ひねくれ者の僕はそう思っていました。
 

どうせなら「そのまんまでいいよ」は、前提条件にしてしてほしい。

 

マインドから行動が出ます。

前提条件で選択肢が変わります。

 

自己否定の地獄をさまよっていた僕が、
あがいてあがいて、たどり着いた場所があります。

 

「空気吸えてるだけで、ありがたいわー」

 

そう思える場所です。
本気でそう実感しました。

 

その時期に、

【どっちでもいいし、どうでもいい。僕たちは幸せから逃れられない】

という言葉に出会い、心から共感できました。

 

「幸せですけど、なにか?」

というマインドです。
 

「幸せ」なんて気恥ずかしい言葉は言いたくないんですが、本当です。

 

そこまで思えたから、僕は這い上がれました。

そのマインドだと、何をやっても失敗はあり得ません。

最強の前提条件、最強のマインドだと思いませんか?

 

しかし、そのマインドだと、浮浪者や仙人などの
世捨て人になっても問題はありません。

でも、さすがに、そうはなりませんでした。

 

俗世間に、やっぱり、自分の好きなもの、
大切にしたいものがたくさんあるからです。

女の子もそのひとつです。
 

そういう、好きなものに全力になってやろうと思いました。

新しいマインドセットです。
 

【どっちでもいいし、どうでもいい。けれど、好きなものに最善を尽くす】
 

このマインドになれたら強いです。
あらゆるものを肯定しつつ、世捨て人にはならず、行動できるからです。

 

対女性で言えば、

「俺たちは、付き合えても、付き合えなくても、お互い幸せ」
「心が通じ合っても、通じ合えなくても、お互いハッピーだよな」
 

そんな感じです。
言葉では言いません。
マインドセットです。
 

このマインドは、自分も相手尊重できるし、心に余裕が生まれます。

こうなったら、あらゆる言動が、幸せが前提のダブルバインドとして
機能しはじめます。

(もはやダブルどころの選択肢の数ではありませんが)

 

こんなにハッピーで、でっかい前提条件て、あんまりないと思います。

どこまでも前提条件を後退させて、大きくしたほうが、ラクちんで強い。

気持ちに余裕が生まれて、その余裕は態度や行動として表れます。
 

そして、最善の方法論を用いれば、女性を落とせてしまいます。
 

▼最善の方法論は、横山さんが発見し提唱した13の恋愛トリガーです
 

今回の話、最後のほうは、僕の個人的経験過ぎて、
抽象的で分りづらいかも知れませんね。
 

要は「うまくいく」「うまくいっている」という前提条件を
マインドセットしてください、ということでした。

 

そのマインドセットが結果を大きく左右します。

それでは、また。


アドレス:

タグ

2014年5月18日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:催眠 西園寺のび太

このページの先頭へ