こんなデートの誘い方の失敗、していませんか? 女の子とってメリットがあるか考えよう

恋愛デプログラマー 西園寺のび太

 

◆漫画で見る女性の口説き方◆

 

「メールの返信がない女性との関係を復活させるメール」
「恋愛1000人セミナー」
を無料メールマガジン内でプレゼントしています。

 

PCの方はこちらから登録【漫画あり】

 

スマートフォン・携帯の方はこちらから空メールで登録

 

【恋愛デプログラマー】西園寺のび太です。

 

それでは、

『女性を口説かない』

という特殊な方法で、

 

たった半年間の間に、
モデルのようないい女ばかり
50名以上を上にまたがらせた男、

 

その男の秘密について、
具体的にお話ししていきます。

 

まずは、彼が言う以下のような

“典型的な失敗”に、

あなたがハマっていないか、
確認してください。

 

■ あなたも次のようなことをしていませんか?

 

【ケース1】職場に気になる女性がいた場合

 

・社交的な彼女は、自分にも
ちょっとした気遣いなどをしてくれる。

 

・自分の話などはしたことがあるが、
彼女のプライベートな話は聞いたことがない。

 

・電話番号、メルアドなどの連絡先は知らない。

こんな状況ってよくあると思うんです。

 

男は一人妄想します、、、

(まずは、食事に誘うことが、スタートだ。

俺は生まれ変わる。

 

勇気を出して誘ってみなければ、先は無い。

当たって砕けろだ!)

 

業務が終る。

 

するとタイミングよく、
気になる彼女とフロアで鉢合わせ!

 

いつもなら、同僚の子たちといるの
に奇跡的に今日は1人、、、

 

( あー帰っちゃう。よし、今日こそは)

拳をぎゅっと握る。

 

男:「お疲れ様。」

女:「おつかれさまです。」

(笑顔で、お疲れさまって、応えてくれたよ。

神様は見放さなかったんだ♪)

 

もう心臓バクバク。

ゴクリと唾をのむ。

緊張で声を震わせながら、、、

 

男:「●●さん。今日は残業なかったんだ?
僕も今日はなかったんだよね。
あの、よかったらこれからメシでも食べにいかない?」

 

女:「ごめんなさい。今日は用事があるから。」

…男は本当に「当たって砕けて」しまった。

 

【ケース2】久しぶりに参加した合コンに気に入った子がいた場合
 

・なかなか盛り上がった。

・用意しておいたギャグもウケた。

 

・他の男よりやさしさを見せた。

(よーし、あの子も楽しんでいたみたいだし、今日はイケるか♪)

 

メルアドを聞くタイミングを見計らう。

しかし……。もう店を出る様子。

男は意を決し勇気を振り絞る。

 

男:「俺さ、●●のおいしい店、知ってるんだ。
今度一緒にいかない?」
 

女:「えーそうなの。でも、今は仕事が忙しいから、行けないな。」

 

男:「じゃ、暇になったら行こうよ。
アドレス教えてくれない?」

 

女:「うん。次に会った時に、教えるね♪」

男:「……」

 

この彼もあっさり撃沈。

 

悲しいことに男は、
彼女たちにランチのネタを
提供しただけだったのです。

 

いったいなぜ、この2人は
涙を飲む結果になってしまったのでしょう?

 

その理由は以前の僕が撃沈していた
理由とまったく同じです。

 

ブサイクだから?

違います。

 

体臭がくさいから?

違います。

 

背が低いから?

違います。

 

正解は、

ただ単に彼女は男に興味が持てなかったから。

 

彼女が男の誘いに乗るメリットを
感じられなかったからです。

 

これでは、せっかく振り絞った勇気も、
あっけなく空回りしてしまいます。
 

これを繰り返せば、結果、

自信を喪失してしまい、
勇気を出すことさえ
できなくなってしまうのです。

 

こんな状況で結果を出せるのは、
すでに女性のほうが男のことを
気になっていた場合、

 

もしくは、彼女好みのルックスの
男だった場合のみです。

 

男の誘いに女性を乗らせるためには、

・何らかの興味(魅力、価値)を感じさせる

・メリットがあると思わせる

 

それができなければ、

先ほどケースの男たちのように、
夜中にひとり枕を濡らすことに
なってしまうのです。

 

愛経験の少ない男たちが、
女性に相手にされない原因は、

 

99%の確率でスタートラインに
立っていないにも関わらず、見切り発車、
フライングしてしまうからなんです。

 

焦りから自分を客観的に見れなくなって
しまったため、他人のことなら、

 

「それやらないでしょ」って

気づけることも平気でやってしまう。

 

舞い上がっているので、まったく自分を
客観視できなくなっているのです。

 

女性が男に無関心な状態なのに、
つっぱしってしまう。

 

会話できたから ⇒ 誘う = 泣きを見る

誘いまでのプロセスが
大雑把すぎるんですね。

 

これは、失敗するべくしてした失敗です。

 

ああ、、、

話していて古傷がズキズキ痛みます。

 

では、いったいどうすれば、
こんな失敗をしないで済むのか?

 

また今度、お話しします。
お楽しみに!

ダブルバインド解説【西園寺流】その2

恋愛デプログラマー 西園寺のび太

 

◆漫画で見る女性の口説き方◆

 

「メールの返信がない女性との関係を復活させるメール」
「恋愛1000人セミナー」
を無料メールマガジン内でプレゼントしています。

 

PCの方はこちらから登録【漫画あり】

 

スマートフォン・携帯の方はこちらから空メールで登録

 

前回の続きです。

ダブルバインドについて、本質から外れた小手先の言葉の
テクニックはうまくいかない、という話でした。

 

本質から外れたテクニックをいくら駆使しても、自分は成長しません。

それでは、小手先ではないダブルバインドはあるか?

 

あります。

 

─────────────────────────────────
小手先ではないダブルバインド
─────────────────────────────────

 

ダブルバインドのキモは【前提条件】です。

何を前提にするかで、相手に提示する選択肢が変わってきます。

そして、恋愛で大切なのはマインドセットです。

 

マインドの【前提条件】を変える。

これが僕の提案です。

 

「デートできる?できない?」

「俺のこと好き?嫌い?」

 

そんなことを心配しているようでは、「No」があり得るという前提条件、
マインドセットになってしまい、よくありません。

 

「セフレになる? それとも恋人として付き合う?」

 

これだと、ゲット前提です。
 

言葉で言ってはいけませんが(笑)マインドとしては
そのくらいの強気でいてほしいんです。
(あくまでもマインドであって、戦略、リスク管理は必要です)

 

「付き合える? 付き合えない?」

ではなくて、

 

「いつ、この子とキスしようか」

「いつ、この子とセックスしようか」

「どうやって落とそうか」

 

【うまくいくという前提条件をマインドセットしてください】

 

ゲットする、付き合う、相手が自分に惚れる。

これらはもう前提条件です。

「自信」と呼ばれるものに近いかもしれませんね。

 

前提条件が人の行動を左右します。

 

「俺は女性に愛されるに値する男だ」
「俺は女性を幸せにできる男だ」

 

という前提条件をマインドセットできれば、あとは、

【どうやって】女性にそのことを気づかせるかを考えればいいのです。

 

失敗しても、

「俺の魅力に気づかない残念な女だ」

と思っていればOKです。

 

─────────────────────────────────
前提条件の無限後退
─────────────────────────────────

 

場末のレストランとか喫茶店のトイレとかに、

「そのまんまでいいよ。人間だもの」

的な、達筆のメッセージを見かけることが、たまにあります。

 

僕は、あれが嫌いです。

 

「あんた、自分のこと嫌いでしょ? 自分のこと責めてるでしょ?」

という前提条件から出てくるセリフだからです。

 

見ず知らずの俺を、トイレでいきなりそんなふうに決めつけるな! と。

それに、ウンコする時に「人間だもの」と言われても。

ひねくれ者の僕はそう思っていました。

 

どうせなら「そのまんまでいいよ」は、前提条件にしてしてほしい。

 

マインドから行動が出ます。

前提条件で選択肢が変わります。

 

自己否定の地獄をさまよっていた僕が、
あがいてあがいて、たどり着いた場所があります。

 

「空気吸えてるだけで、ありがたいわー」

 

そう思える場所です。
本気でそう実感しました。

 

その時期に、

【どっちでもいいし、どうでもいい。僕たちは幸せから逃れられない】

という言葉に出会い、心から共感できました。

 

「幸せですけど、なにか?」

というマインドです。

 

「幸せ」なんて気恥ずかしい言葉は言いたくないんですが、本当です。

 

そこまで思えたから、僕は這い上がれました。

そのマインドだと、何をやっても失敗はあり得ません。

最強の前提条件、最強のマインドだと思いませんか?

 

しかし、そのマインドだと、浮浪者や仙人などの
世捨て人になっても問題はありません。

でも、さすがに、そうはなりませんでした。

 

俗世間に、やっぱり、自分の好きなもの、
大切にしたいものがたくさんあるからです。

女の子もそのひとつです。

 

そういう、好きなものに全力になってやろうと思いました。

新しいマインドセットです。

 

【どっちでもいいし、どうでもいい。けれど、好きなものに最善を尽くす】

 

このマインドになれたら強いです。
あらゆるものを肯定しつつ、世捨て人にはならず、行動できるからです。

 

対女性で言えば、

「俺たちは、付き合えても、付き合えなくても、お互い幸せ」
「心が通じ合っても、通じ合えなくても、お互いハッピーだよな」

 

そんな感じです。
言葉では言いません。
マインドセットです。

 

このマインドは、自分も相手尊重できるし、心に余裕が生まれます。

こうなったら、あらゆる言動が、幸せが前提のダブルバインドとして
機能しはじめます。

(もはやダブルどころの選択肢の数ではありませんが)

 

こんなにハッピーで、でっかい前提条件て、あんまりないと思います。

どこまでも前提条件を後退させて、大きくしたほうが、ラクちんで強い。

気持ちに余裕が生まれて、その余裕は態度や行動として表れます。

 

そして、最善の方法論を用いれば、女性を落とせてしまいます。

 

▼最善の方法論は、横山さんが発見し提唱した13の恋愛トリガーです

 

今回の話、最後のほうは、僕の個人的経験過ぎて、
抽象的で分りづらいかも知れませんね。

 

要は「うまくいく」「うまくいっている」という前提条件を
マインドセットしてください、ということでした。

 

そのマインドセットが結果を大きく左右します。

それでは、また。

ダブルバインド解説【西園寺流】その1

恋愛デプログラマー 西園寺のび太

 

◆漫画で見る女性の口説き方◆

 

「メールの返信がない女性との関係を復活させるメール」
「恋愛1000人セミナー」
を無料メールマガジン内でプレゼントしています。

 

PCの方はこちらから登録【漫画あり】

 

スマートフォン・携帯の方はこちらから空メールで登録

 

【恋愛デプログラマー】西園寺のび太です。

 

場末のレストランとか喫茶店のトイレとかに、

「そのまんまでいいよ。人間だもの」

的な、達筆のメッセージを見かけることが、たまにあります。

 

僕は、あれが嫌いです。

 

─────────────────────────────────
ダブルバインドとは?
─────────────────────────────────

 

ひと昔前、会話のテクニックで
「ダブルバインド」というものが流行りました。

 

バインドとは「縛る」という意味です。

 

ダブルバインドは

「二重縛り」「二重拘束」

そんな意味でしょうか。

 

伝説の催眠療法家が使ったとされるテクニックのひとつです。

聞いたことのない人のために、すごく簡単に説明すると、
例えば、ナンパで声をかけた女の子と歩きながら話していて、
カフェの前で、

 

「コーヒーとジュース、どっちにする?」

とか言って、カフェに誘導するテクニックです。

 

お茶しようか?
何か飲まない?

 

というような、Yes/No で答えられる問いかけをするのではなく、
お茶は当然するという前提に立ってしまって、
何飲む? ということを問いかけるんです。

 

ポイントは【前提条件】です。

 

上記の前提条件は「一緒にお茶する」です。

 

その前提条件を踏まえて、
そこからの選択肢(コーヒー/ジュース)を提示して、
相手を前提条件に縛り付けるというテクニックですね。

 

セールスマンや売り子さんがよく使ってます。

 

洋服屋さんだったら、

「そのセーターは色違いでグレーもあるんですよ。
紺とグレーだったら、どちらがお好みですか?」

と言って、

 

「買う/買わない」から「紺/グレー」に思考をシフトさせるわけです。

 

好きな女性をデートに誘うんだったら、

「平日と週末、遊ぶんだったら、どっちが都合いいの?」
「週末かなー」

 

「今週だったら? 土曜? 日曜?」
「日曜日は、まる1日予定が入ってるから、土曜日かな」
「土曜日ね。遊ぶんなら、ドライブと遊園地、どっちがいい?」

なんて感じです。

 

前提条件は「ふたりでデートする」です。

「ドライブと遊園地、どっちがいい?」

と聞いて、

 

「昼過ぎにどうしても外せない用事があるから、あんまり時間ないんだよね」

と言わせたら、デート確定です。

 

「短い時間なら会える」と言わせているからです。

 

「じゃあ、映画でも観ようか? それとも食事だけする?」

 

前提条件「ふたりでデートする」は崩さず、
さらにバインドし続けます。

 

「アバターか、カールじいさん観たいんだよね。どっち観たい?」

 

彼女が、アバターでもカールじいさんでもない、
違う映画を観たいと言ったら、
そこで「一緒に映画に行く」ということが確定します。

 

はい。
単純な例をあげてみましたが、
このダブルバインドと呼ばれるテクニックが
一時期流行りました。

 

知っている人も多いと思います。

 

僕も昔は使っていました。

 

「ホントにそんなの恋愛で使えるの?」

そう思う人もいると思います。

 

使えます。

ただし、【自分にある程度の好意を持っている人にだけ】です。
 

相手が自分に対して好意を持っていなければ通用しません。

 

「どっちもイヤ」
「忙しい」
「なんでアンタと!?」

 

と断られて終わりです。

 

そんなこと、あまりにも当たり前なんですが、
当時の僕はダブルバインドを知った時、
紹介している人の説明がすごくうまかったこともあり、

 

「スゲー!これ使ったら、デートの誘いとか楽勝かも」

 

と感動していました。
単純な男でした。

 

相手が自分に対して好意がなくても、
成功することはあります。

 

相手の判断力が極端に低下していたり、
欲に目がくらんでいる時などです。

 

でも、成功したとしても、すぐに醒めます。

 

約束を取り付けても、都合が悪くなった、
と後で断られるのがオチです。

 

本質じゃないテクニックをいくら駆使しても、
相手はすぐに気づくし、
成功したとしても、自分は成長しません。

 

─────────────────────────────────
小手先ではないダブルバインド
─────────────────────────────────

 

本質じゃないテクニックをいくら駆使しても、自分は成長しません。

 

それでは、小手先ではないダブルバインドはあるか?

あります。

 

ポイントは【前提条件】です。

そして【マインド】です。

 

小手先の言葉のテクニックではなく、
【マインド】の【前提条件】の設定
を変えるのです。

 

長くなったので、次回に続きます。

モテるためには男としての自信が必要です。自信とは知識(ノウハウ)と恋愛戦略(テクニック)です

恋愛デプログラマー 西園寺のび太

 

◆漫画で見る女性の口説き方◆

 

「メールの返信がない女性との関係を復活させるメール」
「恋愛1000人セミナー」
を無料メールマガジン内でプレゼントしています。

 

PCの方はこちらから登録【漫画あり】

 

スマートフォン・携帯の方はこちらから空メールで登録

 

西園寺のび太です。

 

「恋愛を制すれば、きっと他のことも、もっとうまくいく」

 

当時、いろんなことがボロボロだった僕は、そう信じて、
横山恋愛アカデミーに入塾しました。
2007年の8月のことです。

 

新しいことを始めるのは怖いです。

「自分が変わってしまうかもしれない恐怖」

モテる自分には憧れるけど、そんな自分に変わるのが怖い。

 

「自分を変えるくらいなら、今のモテない自分のままでいいよ」

変化を好まない潜在意識は、そう言って抵抗します。

その抵抗に打ち勝って、僕は変わってしまいました。

 

「モテない男」から「モテる男」へ、

「自信のない男」から「自信のある男」へ。

 

横山恋愛アカデミーに入って、一番良かったのは、
何人もの彼女やセフレをつくって、
欲望を満たせたことではありません。

 

自分は変われるということ

思考は現実化するということ

 

自信とはなにかということ

知識と戦略が大切だということ

 

そういうことを、恋愛というフィールドを通して
ダイレクトに実感できたことが、僕の財産になっています。

 

恋愛というフィールドでは、社交辞令や愛想笑い、
事なかれ主義や正論、道徳は通用しません。

 

肩書きや収入、経歴や容姿という、
良いほうがモテると一般的に思われて
いるものでさえ、カードのひとつに過ぎず、

 

全くなくても女性を口説き落とすことができます。

 

それでは、なにが必要なのか?

必要なのは、知識と戦略、そしてそれを実行するためのマインドです。

 

好きな女を恋人にする。

恋人に仕事の応援をしてもらえる。

 

仕事をよりいっそう頑張れる。

ますますモテる。

 

この好循環で、自己実現への道を開いてください。

「恋愛を制すれば、きっと他のことも、もっとうまくいく」

 

当時、いろんなことがボロボロだった僕は、
そう信じて、横山恋愛アカデミーに入塾しました。

 

そしてそれは間違いではなかったと、今では確信しています。

 

大丈夫です。
一緒に成長しましょう!

僕は何も与えません

恋愛デプログラマー 西園寺のび太

 

◆漫画で見る女性の口説き方◆

 

「メールの返信がない女性との関係を復活させるメール」
「恋愛1000人セミナー」
を無料メールマガジン内でプレゼントしています。

 

PCの方はこちらから登録【漫画あり】

 

スマートフォン・携帯の方はこちらから空メールで登録

 

【恋愛デプログラマー】西園寺のび太です。
 

週に何度か、落とした女が経営する
高級なバーに行って、飲んで帰ります。
女は飲食代を受け取りません。
 

ショップ店長の女は、自分の店の高額な服を、
僕にプレゼントしてくれます。
僕は彼女に何も与えません。
 

女を惚れさせれば、カラダ以外にも、
勝手にいろんな物をくれます。
 

僕は何も与えません。
与えたからといって、
僕への好意が上がる相手ではないからです。
与えたら好意が下がる可能性さえあります。
 

逆に考えて、女性から物を与えられても、
僕はさほど嬉しくありません。
彼女達に対する、僕の好意は上がりません。
 

だから彼女達は、その点に関しては、僕に対して
有効なコミュニケーションをしていないということになります。
 

彼女達には何も与えない、と言いましたが、正確には、

「物理的には」何も与えません。
 

では何を与えているか?

僕が与えているのは、夢と物語です。
 

というと、なんかクサいですが、
もっと簡単に言うと「イメージ」です。
 

【イメージを与え、感情を動かす】

「感動」は「感じて動く」と書きますが、
感じたら動かざるを得ないのが人間という動物です。
 

自分の望む方向に相手を動かすには、

「相手は何に感じるのか?」

「相手は何が欲しいのか?」

それを知る必要があります。
 

知らないと、いつまでも見当違いなアプローチで撃沈です。
 

無知のまま、ひとり暗闇で拳を振り、
ラッキーパンチを狙い続けるか?
 

明るい太陽の下、地図を見ながら目的地を目指すか?
 

結果に雲泥の差が出るのは明白です。
 

感じさせれば、女は動きます。
 

自分の好きな女は、何に感じるのか?
何が欲しいのか?
 

考えてみてくださいね。
 

女を惚れさせれば、カラダ以外にも、
勝手にいろんな物をくれます。
 

あなたは、あなたにとって一番よいものをくれた女性を、
恋人に選べばいいのです。
 

あなたは女性から、何を一番もらいたいですか?

それでは、また。
 

西園寺のび太

目標を達成する方法

恋愛デプログラマー 西園寺のび太

 

◆漫画で見る女性の口説き方◆

 

「メールの返信がない女性との関係を復活させるメール」
「恋愛1000人セミナー」
を無料メールマガジン内でプレゼントしています。

 

PCの方はこちらから登録【漫画あり】

 

スマートフォン・携帯の方はこちらから空メールで登録

 

【恋愛デプログラマー】西園寺のび太です。
 

新しい生活のスタートを切り、
慌ただしい生活を送っていらっしゃる人も
多いではないでしょうか
 

僕は直近の1年を振り返ってみて、
本当にいろんなことがありました。
 

嬉しいこと、楽しいこと、
しんどいこと、悲しいこと、
間違っちゃったこと、
などなど、たくさんありました。
 

きっとあなたもそうだったのでは
ないでしょうか?
 

僕は「人間万事塞翁が馬」という
ことわざがけっこう好きです。
 

***人間万事塞翁が馬***

【読み】にんげんばんじさいおうがうま

【意味】人生における幸不幸は
予測しがたいということ。
 

幸せが不幸に、不幸が幸せに
いつ転じるかわからないのだから、
安易に喜んだり悲しんだり
するべきではないというたとえ。

**********************
 

なので、起こった出来事、
自分のしたこと、されたことが、
果たして良かったのか悪かったのかは、
簡単には判断できないと思う人間です。
 

そして、どんなにしんどいことが
あっても、最終的には
 

「すべてが良い経験だった」

と、思える日が来ると信じています。
 

今、しんどい人。

そのしんどい経験は、きっと将来、
あなたを助けてくれると思います。
 

アインシュタインの名言のひとつに、

「我々の直面する重要な問題は、
その問題を作ったときと同じ考えのレベルで
解決することはできない」

というのがあります。
 

逆に言うと、
成長して自分の考えのレベルを上げれば、
問題が解決するということです。
 

目標達成にも同じことが言えると思います。
 

あなたは2014年、
何かにチャレンジする予定ですか?
 

僕もまだまだの人間です。

一緒に成長していきましょう!

なぜイケメンで会話がうまくてもモテないのか?

恋愛デプログラマー 西園寺のび太

 

◆漫画で見る女性の口説き方◆

 

「メールの返信がない女性との関係を復活させるメール」
「恋愛1000人セミナー」
を無料メールマガジン内でプレゼントしています。

 

PCの方はこちらから登録【漫画あり】

 

スマートフォン・携帯の方はこちらから空メールで登録
 

【恋愛デプログラマー】西園寺のび太です。

どんなにイケメンで身長が高くて
会話が上手くても、モテない男がいます。
 

服装がダサい男です。
 

っていうか、服装がダサいと、
顔立ちが良くても、そもそも
イケメンに見えない。
 

あなたの周りにもそういう人いませんか?
 

ダサくて地味なんだけど、
よーく見ると実はイケメン。

もったいない。という人です。
 

逆にイケメンじゃなくても、おしゃれで
雰囲気が良ければイケメンに見えます。
 

雰囲気イケメンという言葉も存在します。
 

おしゃれな人ってなんかオーラありますよね?

僕は今まで、たくさんの男性に
劣等感を感じてきました。
 

それで最近気づいたんですが、

「なんか近寄りがたいな」
「俺とは違う世界のイケてる感じの人だな」
 

って僕がいままで勝手に劣等感を
感じてきた男性は、いま思えば
みんなおしゃれな男性たちなのでした。
 

なぜか彼らには近寄りがたくて、
理由のわからないコンプレックスを
常に感じていました。
 

そのコンプレックスの理由は
ファッションの力が大きかったんだなと
今はわかります。
 

女性が求めているのは、清潔感のある
そこそこのおしゃれさんであり、
モテるのは雰囲気イケメンです。
 

雰囲気イケメンのまさに言語化できない
“雰囲気”に、女性は惹かれるし、
おしゃれじゃない僕は劣等感を感じたのです。
 

言語化できない雰囲気、
背景にある僕の知らない世界観。
 

そんなものがおしゃれな彼らから
感じられて、圧倒されていた。
 

ファッションて言うのは
そういうパワーがあります。
 

これは、関心のない人には
本当にわからない世界ですが
 

この強力なパワーを知っている人は
安い投資と思って良い服を買います。
 

前回までのメールで
初対面の会話で女性に魅力的に思われる
会話テンプレート(餃子)、
 

それから、

女性に価値を感じさせる
「男と2人で●●をやったことはある?」
という質問などを紹介してきました。
 

これらは本当に強力なテクニックです。
 

(メールだけでは強力さは伝わりづらいかもしれません。
テキストを読めばよくわかります)
 

しかし、こういうテクニックを使っても
絶対に女性が食いついてこない男性が、
残念ながら存在します。
 

それが、外見でNGを食らってしまった人です。
 

どんなにイケメンでも、
どんなに彼女の好奇心を刺激しても、
 

「一緒に並んで歩きたくない」

と思われたら、
一緒に経験するのは無理ですよね。
 

「なぜか女性の食いつきが悪い」
という人は、服装でNGを
出されている場合が多いです。
 

これは誰も指摘してくれないので、
本人はなかなか気づけません。
 

自分のセンスっていうのは根拠なく
信じてしまいがちですが、
本当に疑った方がいいです。
 

女性から服装を褒められたことがない人、
会話は頑張っているのになぜか女性の
食いつきが悪い人は、一度自分の
ファッションを疑ってください。
 

会話に自信があるのになぜかモテない。
 

そういう人は、
女性ウケする服装を知っている人に
的確な指摘をしてもらい、服装を改善し
無駄なNGをなくす必要があります。

 

近所の洋服屋さんで店員から
アドバイスをもらえばいいんじゃね?

というのは大間違いです。
 

洋服屋さんの店員さんは、とにかく在庫を
ハケようとして、たくさん売れ残っているものから
あなたに売りつけようとしてくるからです。
 

これは
ファッション・コーディネートを生業としている
そのプロの人から聞いた話であり、
業界の常識のようです。
 

あなたにも洋服屋さんですすめられて
その場のノリで買ってしまったけれど
後で何度鏡を見てもしっくりこない
似合わない服ってあるんじゃないでしょうか

たった一つの質問で即日ゲットできた理由をお話しします。

恋愛デプログラマー 西園寺のび太

 

◆漫画で見る女性の口説き方◆

 

「メールの返信がない女性との関係を復活させるメール」
「恋愛1000人セミナー」
を無料メールマガジン内でプレゼントしています。

 

PCの方はこちらから登録【漫画あり】

 

スマートフォン・携帯の方はこちらから空メールで登録

 

あなたは、彼女たちが他の男に
喜んでパンツを脱いでしまう
本当の理由を知っていますか?
 

想像してください。
 

例えば、あなたが、もし
生まれて初めて蝶やホタルを見つけたら、
どんな反応をするでしょう?
 

もしあなたが小さな子供に、
蝶やホタルを初めて見せたら、
その子はどんな反応をするでしょう?
 

ほぼ例外なく喜ぶはずです。
 

そして、その子は
その経験をさせてくれたあなたに
なんらかの魅力(価値)を感じるはずです。
 

人間は、自分に何か新しい経験を
させてくれる人を、自分にとって
必要な人間、価値ある人だと思うものです。
 

親子であれば、
子供にとってみれば親というのは、
人として成長するために新しい経験を
与えてくれる必要な人ですよね?
 

これは、男と女の関係にも
同じことが言えます。
 

女性も自分の知らない経験を
与えてくれる男に魅力を感じ、
必要な人だと認識するんです。
 

このメカニズムを応用して、
一瞬にして女性の目にあなたの価値を
焼き付けるテクニックをお話しします。
 

といっても、たったの2ステップ、
とても簡単です。
 

ステップ1:彼女が経験したことがない何かを見つけ出す。
ステップ2:彼女が経験していない新しい経験を提供する。
 

非常にシンプルですが、これは本当に強力です。
 

昨日の夜に会ったばかりの女性でも、
3年間あなたが片思いしている女性でも、
やることは同じです。
 

彼女がまだ経験したことのない、
新しく楽しい経験というのもが必ずあるはずです。
 

■彼女が経験したことがない何かを見つけ出す。

これは単純に、
彼女に問いかけることで見つけられます。
 

誰かに経験について聞くことは、
特別なことではありませんよね?
 

なるべく彼女が興味を持ちそうな
ジャンルがいいです。
 

→スノーボードやったことある?
→〇〇レストランて行ったことある?(特徴のあるもの)
→海外に行ったことは?
 

→バンジージャンプやったことある?
→魚釣りやったことある?
→ビヤガーデンに行ったことある?
 

→おでんの屋台に行ったことある?
→ヘリコプターに乗ったことある?
→ビルの屋上でセッ●クスしたことある?
→ダーツしたことある?
 

などなど。
いくらでも思いつけますよね?
 

リストアップ方法は

・様々な外出先をリストアップする
・様々な家の中でできる楽しいことをリストアップする

これだけ。
 

具体的であればあるほどいいですね。
 

「焼き肉屋に行ったことある?」

ではなくて、
 

「●●ぶた専門の焼く肉屋に行ったことある?」

という具合です。
 

そしてリストが出来たら
彼女に聞いてみましょう。
 

「男と2人でバーベキューやったことはある?」

●●が一般的であれば、(一般的でなくてもいいですが)
質問に「男」という言葉を入れてください。
 

「男と2人で●●をやったことはある?」

というふうに。
 

彼女の心理は

「あっそんなことは、今までの彼としたことはないな……」
「なんか、楽しそう、それやってみたいなー。連れてってくれるのかな♪」

という感じです。
 

こう思わせることができれば、
彼女はあなたの誘いに乗ってきます。
 

「じゃあ今度やろうか?」

といって、約束を取り付けます。
 

「男と2人で●●をやったことはある?」

この質問はまったくリスクが無いので、
ぜひ使ってみてください。
 

食いつきが悪ければ、それについては誘わず、
また間をおいて、別の未経験なことを
質問をすればいいのです。
 

ちなみに僕は、
「縄で縛られたことある?」で
即日ゲットしたことがあります。
(これはリスキーです)
 

そして、このテクニックによる
彼女の好奇心とあなたへの関心を
さらに強力にし、効果を確実にする
 

「パワーブースター」

的なテクニックがあります。

女が落ちるテンプレート

恋愛デプログラマー 西園寺のび太

 

◆漫画で見る女性の口説き方◆

 

「メールの返信がない女性との関係を復活させるメール」
「恋愛1000人セミナー」
を無料メールマガジン内でプレゼントしています。

 

PCの方はこちらから登録【漫画あり】

 

スマートフォン・携帯の方はこちらから空メールで登録

 

「女が落ちるテンプレート」
っていうのが、あったらいいと思いませんか?
 

ただそのまま実践していただくだけで
女性が勝手に反応してしまう、
興味を持ってしまう、そんな会話が
簡単にできてしまうテンプレートです。
 

実は、あります。

その実例として、初対面での
最初の会話をひとつ、ご紹介しますね。
 

初対面の最初の一言(オープナー)は、

“さりげないオープナー”と

“ユニークなオープナー”に

分けることができます。
 

今回、ご紹介するこのオープナーは、
ユニークなオープナーです。
 

初対面であれば、パーティー、合コン、
クラブ、ネットナンパなど、
あらゆるシーンで使えます。
 

かなりユニークな上に、
女性の気を引くこともできます。
 

こんな感じです。

■ 餃子
 

あなた:「ねえ、餃子って好き?」

(女性の反応)
 

あなた:「そうなんだ。俺が中一だった時に、
弁当に必ず餃子が入ってる女の子がいたんだよ。
 

親が餃子を好きなのか、その子が
好きだからなのかはわかんないけどね。
 

しかも、その子けっこうわいい子だったんだよ。

俺ら友達と、その子のこと、『餃子』って呼んでて(笑)
キミがその子にそっくりなんだ。
 

もしかして、あの時の山崎(餃子の子)じゃないよね?」

(女性の反応)
 

あなた:「そうか。あの時、からかってたことを謝りたいんだけど……

(彼女を餃子にしてしまう)

俺はチンコの皮も剥けていないバカガキだったから、
かわいい餃子をいっつもバカにしてたんだ。
 

今は、マジ反省してるよ……

大人になってあの時のことを謝りたいなと思って。

なあ許してくれる?」
 

(彼女はしょうがなくあなたを許す)
(許してくれなければ、許してくれるまで謝る)笑
 

仲直りの握手をする(笑)

__ここまで__
 

どうですか?
 

これを読んで、

「いやいや、こんなこと言えないよ、
俺が言っても絶対無理だろw」

っていう人、

「あー、なるほど、確かに
モテるアイツは初対面からこんな感じだわ」

っていう人、

「そうそう、これだよ、これ。やってるよ」

っていう人、

様々だと思います。

「自分には無理」と思った人。
 

そんなことはありません。

できます。
 

ただし、前にもお話ししたとおり、
会話には、

・何を言うか
・どのように言うか
・誰が言うか
 

という要素があり、上記テンプレートは
「何を言うか」というところに当たります。
 

それ以外にも、
・どのように言うか
・誰が言うか
 

というポイントもキッチリ
押さえることが重要です。
 

実は上記の会話例は、
ここのところご紹介している教材、
「彼女のマスターキー」に
出てくる会話例です。
 

ちなみに、作者の今井さんは、この
トリッキーなユニークオープナーに関して
 

「もしあなたが俺と同じで『感情を捨てた』(つもりの)
恐れを知らないチャレンジャーなら
この手のオープナーを頻繁に使うと良いでしょう(笑
 

さりげないオープナーと同様に、女性には
誘っていると思わせずに、アプローチすることが
可能なので、ユニークオープナーは非常に効果的です」
 

と言っています。
 

恐れがあるなら
“さりげないオープナー”の方を
使えばいいんですね。
 

「彼女のマスターキー」では、
このような会話実例が、
 

STEP1: アプローチ(オープナー)
STEP2: スライド
STEP3: 惹きつける
STEP4: 心地よさ
STEP5: 誘惑
STEP6: 関係

というステップごとに紹介されています。
 

会話実例は本当に使えて
素晴らしいです。
 

全て今井さんが効果検証済みとのことですし、
実際に僕がやっているような会話もたくさんあり、
僕からも効果は保証できます。
 

が、しかし、僕はそれでも、
テンプレートはオマケだと思っています。
 

今井さんも、このような
テンプレート的なマニュアルを
書くことを避けていたそうです。
 

なぜなら、

「あまり詳細な会話例などを
書いてしまえばテクニックに依存してしまい
あなた自身の成長を妨げてしまうのではないか
という恐れがあったから」

ということです。
 

やはり、今井さんのノウハウの本質は、
遺伝子レベル、女性の本能の話であり、
「口説かずに落とす」
というところにあるということですね。
 

・どのように言うか ⇒ 女性の本能が求めるように言う

これが「彼女のマスターキー」の
コンセプトだと僕は理解しています。
 

・誰が言うか
 

という要素に関しては、

例えば、ひとつだけ例を上げると、
 

ダサい人とおしゃれな人が、
同じことを女性に話しても、
同じ反応が返ってこない、ということです。
 

あなたもダサい女性より、
おしゃれな女性らしい子が好きだし、
そういう子と話をしたいですよね?
 

つまりファッションは
口説かずに落とすための重要な要素です。

戦争が起こるかもしれません。

恋愛デプログラマー 西園寺のび太

 

◆漫画で見る女性の口説き方◆

 

「メールの返信がない女性との関係を復活させるメール」
「恋愛1000人セミナー」
を無料メールマガジン内でプレゼントしています。

 

PCの方はこちらから登録【漫画あり】

 

スマートフォン・携帯の方はこちらから空メールで登録

 

今日はあなたに大切な
お話をしたいと思います。
 

この考え方がなければ、
僕は今頃、廃人になって塀の中で
拘束されていたかもしれません。
 

僕はむかしノウハウコレクターでした。
 

恋愛マニュアル以外にも、
たくさんのコミュニケーションの
ノウハウにお金をつぎ込んできました。
 

リアル講座にもずいぶん通いました。
 

具体的な名前は挙げませんが、例えば、

「セラピスト養成講座」
「NLPトレーナー」
「自己実現トレーナー養成プログラム」
「セ●ックススクール」
「催眠術スクール」

などなど、
 

こういった類の講座やスクールに、
数十万円~数百万円のお金を払って
勉強してきました。
 

これらの受講費の合計を
ざっと計算してみても、
投資金額は1千万円を超えています。
 

全てが内容が良かったかというと
そんなことはなくて、
素晴らしく良かったものもあれば、
良くなかったものもあります。
 

数十万円払ったにもかかわらず、
それだけの価値を感じられなかった時には
本当にがっかりしますが、
 

その経験さえも勉強代だと思って、
僕は学び続けてきました。
 

数十万、数百万円を、
ドブに捨てるようなことがあっても
なぜ学び続けるのか?

なぜ情報を集め続けるのか?
 

なぜなら、僕には、

“ノウハウに救われた経験”

があるからです。
 

対人恐怖で人と目を
合わせることもできず、

母親が作ってくれた弁当は
職場のトイレで食べ、
 

うつ状態で毎日
死ぬことばかり考えていた。
 

そんな僕が、今では、

20歳年下の学生の女の子を
恋人にしたり、
 

デートを求めてくる女性が
多すぎてスケジューリングに困ったり、
 

こうやってあなたに恋愛指南の
メルマガを書いたりできています。
 

これはすべて、僕がノウハウに
投資してきたおかげです。
 

時には教材を買っても
行動できずに自己嫌悪に陥ったり、
クソ情報に惑わされたりしながらも、
 

それでもあきらめずに情報を求め
少しずつ、時には急激に、
変化してきた結果、今の僕がある。
 

もしも、うつ状態の僕が、
コミュニケーションのノウハウや
成功マインドを学ばずにいたら。
 

今頃は薬漬けで廃人になっていたことでしょう。
 

(話が脱線するので詳しくは話しませんが、
精神科で処方される薬では決して
症状が良くなることはありません。
 

むしろ、薬を飲んでいたことによって、
より症状が悪化したり
自殺してしまうことが分かっています)
 

なので、

「お金はノウハウ習得に使うのが最も費用対効果が高い」
 

というのが僕の考え方の
根底にあります。
 

たまには、おいしいものを食べたり、
贅沢をするのも大切ですが、
そういうもので得られる
良い気分は一瞬で消えてしまいます。
 

貯金していても、国の信用がなくなれば、
日本円の価値も一緒になくなってしまいます。
 

株や為替で儲け続けられる人は、
ほんの一握りの人だと言われています。
 

日本でもいつか戦争が起こるかもしれません。
 

革命や戦争、恐慌などが起これば、
お金は一瞬で紙くずになってしまうのは
歴史が証明しています。
 

しかし、女性にモテる方法さえ知っていれば、
たとえ天災で身一つになったとしても、
とりあえず恋人だけはつくることができます。
 

どんなに過酷な状況でも、どんなに孤独でも
一緒に歩いてくれる愛する人がいれば
なんとか耐えられるものです。
 

逆に、どんなにお金があっても、
どんなに安全な暮らしをしていても
 

誰からも愛されずひとり孤独だったら、
幸せとは言えないと思うんです。
 

だから、お金は最優先で
ノウハウに使うべきであり、
 

ノウハウは、
『人から愛される方法』を
最優先で学ぶべきだというのが
僕の考え方です。
 

幸せな恋愛ができている今、
僕は心からそう思っています。
 

「芸は身を助く」ならぬ、
「ノウハウは身を助く」です。

一緒に幸せになりましょう!