実はすげー役立ってたこと

会話プランナー 小橋しゅん

 

◆漫画で見る女性の口説き方◆

 

「メールの返信がない女性との関係を復活させるメール」
「恋愛1000人セミナー」
を無料メールマガジン内でプレゼントしています。

 

PCの方はこちらから登録【漫画あり】

 

スマートフォン・携帯の方はこちらから空メールで登録

 

こんにちは

小橋しゅん(表)です

 

今日は

<一見大事に見えないけど、
あとで冷静に考えてみると、
実は恋愛力強化に役立っていたこと>

についてお話します

 

人によって色々とあるとは思いますが、
オレの場合は

<YRAで最初に配布される
特典のスターターキット>

です

 

スターターキットというのは、

<YRAの活動の中で、
何かしらの成果が出た塾生>

に対して

 

<その具体的な方法>

を横山さんがインタビューした
30本の音声集なのですが、
これが当時のオレにとって、とても
ショッキングな内容だったのです

 

なぜなら恋愛に対する
悪い固定観念を
壊してくれるような

 

<リアルな体験談>

がたくさん
収録されていたからです

 

例えば

「童貞だったけど、yahooパートナーで
10人ゲットした」

とか

 

「外国人と付き合ってる」

とか

 

「お見合いパーティーから
合コンにひっぱって常に
お持ち帰り出来るシステムを作った」

 

とか、色んな‘夢物語’を
実際に体験している人が
存在してたんです

 

今思うと、YRAに入塾して普通に
活動していれば全然普通のこと
なのですが、まだモテなかった
当時のオレには

 

<それまでの価値観が
壊れるくらい衝撃的な音声>

だったのです

 

「いくら彼女出来るって触れ込みのYRAとはいえ、
正直、オレ、カスみたいな能力しかないし、
あと1年以内に仲の良い女友達が出来れば良いや
って思っておこう」

 

とか考えてたので、

「オレ、今月新しい彼女出来たよ」

とか

 

「今だいたい20ゲットくらいかなー」

 

とかの会話を‘日常会話として’
ごく当たり前に出来る塾生は

<異星人>

みたいな存在だったんですね

 

でも、困ったことに、その異星人達、

<会って話してみると、全然普通か、
失礼ながら、それ以下の人達も多かった>

のです

 

オレの古い価値観だと

「オレ、今月新しい彼女出来たよ」

とか

 

「今だいたい20ゲットくらいかなー」

とか言えちゃう人っていうのは

 

・イケメン

・話上手

・バンドとかやってる

 

・背高い

・お金持ち

 

みたいな要素をたくさんもってる
イメージだったんですけど、
スターターキットですごい成果
出してる人って、

 

・服とか髪はオシャレだけど、
顔は決してカッコ良くない

・話し方はたしかにしっかりしてるけど、
別に話題が豊富とかではない

・背低い

・貧乏

 

みたいな、それこそ

<その辺りの普通のおじさん>

みたいな人がけっこういたんですよ

 

これがね、もうすっごい
びっくりしたことだったんですね

 

この‘びっくり’があったから

「え!?だったらもしかして
オレでもけっこうモテるように
なるんじゃね!?」

 

思えるようになり、その結果、

 

<まず、‘自分がひょっとしたら
モテるかも!?’とリアルに
期待出来るようになったこと>

 

がマインドの変化として
重要だったように思います

 

あなたは自分に
期待しながら生活出来ていますか?

 

来週、1ヶ月後、3ヶ月後、1年後・・・

 

あなたは今の自分と比べて

<より良い状態の自分>

 

という未来を
イメージ出来るでしょうか?

 

このイメージ、けっこう大事ですよ

 

今、1年後の自分を想像してみて

「こんな風な生活してるじゃないかなー?」

 

って考えた時、その生活は
どんな感じですか?

 

もし

「今とそれほど変わらない」

 

もしくは

「今よりも年を取ってさらに
劣化してるかも・・・」

 

なんて想像だったなら、
早くそんなネガティブイメージは
壊した方が良いです

 

ネガティブイメージは、
自分で壊すとなると難しいですが、
他人に壊してもらうのは簡単です

 

自分と似た境遇から
はい上がった人を見れば
良いのですから。

 

自分に期待出来ない人生なんて
悲しいじゃないですか?

 

早いとこ、誰かに
壊してもらってくださいね

それではまた

あなたに面と向かって伝えたいこと【写真付き】

会話プランナー 小橋しゅん

 

◆漫画で見る女性の口説き方◆

 

「メールの返信がない女性との関係を復活させるメール」
「恋愛1000人セミナー」
を無料メールマガジン内でプレゼントしています。

 

PCの方はこちらから登録【漫画あり】

 

スマートフォン・携帯の方はこちらから空メールで登録

 

 

こんにちは

小橋しゅん(表)です

 

今日は、何人かの
メルマガ読者から
質問が来ているので、
それについてお答えしますね

 

最近よく来るのが

「WNPのグループ面談って
どんなことするんですか?」
※WNP = ウェスポーランド・ネクスト・プレミアム

 

「YRAが復活して気になっているのですが、
グループ面談は何をする場なんですか?」
※YRA = 横山恋愛アカデミー

 

という質問です

 

これらの質問に対する回答としては

【グループ面談は、皆の個人的な
悩みを解決する場である】

といえます

 

グループ面談は、直接、オレや
斉藤めいやさんなどの恋愛講師と

<直接対面して悩み
相談すること>

が出来ます

 

その結果、

・ノウハウには載っていない
その時期にしか使えない
‘旬な出会いの場’

 

・その人のタイプ別の
オーダーメイドルックス改善術

 

・モチベーションの上げ方

 

・恋愛ノウハウの基本から
外れる特殊な状況下での恋愛への
アドバイス

 

・講師や実力のある塾生の
個人的な体験のエピソード

 

・メールでは伝える事のできない、
手をつなぐ時の‘雰囲気’などの
非言語的な要素に関するアドバイス

 

などをお伝え出来るように
なるんですね

 

とくに重要なのが

 

<グループ面談では、
その人の雰囲気を感じ取った上で
添削出来る>

 

という点です

 

人それぞれ向き、不向きが
あるので、

 

「‘あなたの場合だったら’
~な出会いの場がオススメですよ」

 

「‘あなたの場合だったら’
~な会話をすると良いですよ」

 

と言えるのが、面談における
最大のメリットといえます

 

実際

「自分は会話が苦手だから
モテないんです」

という人に、

 

「会話もそうですけど、まず服装を
~にするだけで、最初のくいつきが
良くなって楽出来ますよ」

 

とアドバイスしただけで、
急にモテるようになることが
けっこうあります

 

案外、

<本人が‘問題だ’と
思っている以外の要素>

が原因で上手くいかないことも
多いんです

 

そこを指摘してあげられるのは
面談の良いところですね

 

先週も

<WNPのグループ面談>

だったので、その様子を
写真でお見せします

 

こんな感じです↓

http://49.212.145.109/mendan.jpg

 

皆、真剣なムードで、
恋愛相談をしてきてくれます

 

YRAにも、WNPと
同じグループ面談があるので、

 

「自分の個人的な悩みを
解決して欲しい!!」

という方は
ぜひ利用してください

 

かく言うオレも、元YRA塾生です

 

まだ、恋愛経験の浅かった未熟な
自分にとって
グループ面談でプロの恋愛講師に
アドバイスをもらえるのは
大変励みになったものです

 

あの時は

「入塾後10人彼女出来たとか
さすがにウソでしょ」

 

「話盛りすぎやでww」

 

などと夢物語のように
思っていました

 

でも、

面談で恥ずかしくないように

講師の方に褒めてもらえるように

テキスト通りに
ファッションも会話磨きまくったら
冗談半分だったはずの
夢がいつの間にか現実になってました

 

やっぱね、恋愛講師に

「服装カッコ良くなったね」

 

とか

「だんだんモテそうな話し方に
なってきたよね」

 

とか‘対面して’努力を
認めてもらえると
うれしくてがんばれるもんなんです

 

成長出来る最大のきっかけは、
ここにあったんです↓

 

http://busayari.com/yourls/yra13

(募集は終了しました)

 

それではまた

実は、頭より身体が先だったりする

会話プランナー 小橋しゅん

 

◆漫画で見る女性の口説き方◆

 

「メールの返信がない女性との関係を復活させるメール」
「恋愛1000人セミナー」
を無料メールマガジン内でプレゼントしています。

 

PCの方はこちらから登録【漫画あり】

 

スマートフォン・携帯の方はこちらから空メールで登録

 

こんにちは

小橋しゅん(表)です

 

今回は

「今出来ることをやろう」

ということについて話そうと思います

 

恋愛を充実させるためにがんばっていると、
自分より上手くいっている他人と
比べて落ち込むことがよくあります。

 

例えば

 

・友達と同じ合コンに参加したのに、
自分だけゲット出来なかった

 

・狙ってた女を職場の先輩にもってかれた

 

・好きだったアイドルが、
嫌いな俳優とデキ婚した

 

・・・などの状況で凹むことは多いです。

 

しかし、そこで傷ついて行動しなくなってしまっては
余計にモテなくなってしまいます。

 

そこで大事になるのが

<周りの環境とは関係なく
自分がやる作業を決めておく>

ということです。

 

出会い系メインで活動してる人は、
メッセを週に20人に送る

 

パーティーメインで活動してる人は
必ず週に1度はイベントに参加して
新たな女3人に話しかけてみる

 

ナンパがメインの人は、
2日に1回はナンパの時間を取って、
淡々と20人に声かけする

 

・・・といったルーチンワークを
決めておくと良いでしょう。

 

ある程度恋愛活動歴が長くなると、

<最初は努力出来ていた活動>

が、だんだん面倒に思えてきて、
ちょっとした失敗をきっかけに、
努力するのが
嫌になってしまいます

 

そこで、

<やるべき作業の時間と量>

をあらかじめ決めておいて、
定期的にこなすようにするのです

ポイントは、上手くいってないときの
行動の質を度外視することです。

 

出会い系なら、返信が1通も無くても

<メッセをちゃんと20人に送る>

という

<作業をこなしたこと自体>

を成功と捉えるべきです

 

パーティーならたとえ全ての女と
上手く話せなかったとしても、

<声をかけられたこと自体>

を成功とするべきです

 

「行動さえしてればとりあえずOK」

という気持ちでやると、

<無駄に凹んで行動が止まってしまう>

ということを防止出来るようになります

 

脳は、ちょっと上手くいかないことが
あるとすぐに

<行動しない理由>

を探し始めてしまうので、
モテるためには

 

<あえて何も考えずに、
ただノウハウ通りの作業を淡々とこなす>

ということが大事なのです

 

経験の伴わない、
頭でっかちな知識は
むしろ邪魔になります

 

大事なのは、

・メルマガで書いてあったこと

・教材に書いてあったこと

 

<納得出来たらとにかく
その通りに行動してみる>

ということなのです

 

頭ではなく、まず身体を
先に動かしましょう

 

理屈は一切考えずに、
とりあえず出来ることをやるんです。

 

合コンでゲットは出来なくても参加だけはする

趣味は無くても、サークルの体験入会だけはしてみる

やる気はなくても、毎日ネットで10人にメッセしてみる

 

・・・・と身体を先に使うようにすると、
やる気は後から湧いてきます。

 

行動というのは、やり始めが一番つらいんです

 

逆にいえば、

<一度動き始めれば続けるのは簡単>

 

なので、ぜひあれこれ考える前に

【信じられる人の
言う通りに実践してみる】

ということを意識してみてください

 

実践することで、

<自分だけの固有のコツ>

がだんだんわかってきます

ノウハウを学ぶ順序とは?

会話プランナー 小橋しゅん

 

◆漫画で見る女性の口説き方◆

 

「メールの返信がない女性との関係を復活させるメール」
「恋愛1000人セミナー」
を無料メールマガジン内でプレゼントしています。

 

PCの方はこちらから登録【漫画あり】

 

スマートフォン・携帯の方はこちらから空メールで登録

 

小橋しゅん(表)です

 

あなたは

<ノウハウを学ぶ順序>

を意識したことが
あるでしょうか?

 

最近

「自分は恋愛経験0なのですが、
恋愛ノウハウには、
デートの仕方や会話の仕方など、
色々なノウハウがあり、どれから
身につけていけば良いのかわかりません」

 

という悩み相談をもらったので、
シェアします

 

これは

<恋愛ノウハウを学ぶ順序>

を考える必要があります

 

恋愛に必要なテクニックは
大きく分けて

 

1、マインド設定の仕方

2、ルックス改善の仕方

3、出会いを増やす方法

4、会話の方法

5、デートの仕方

6、メールや電話の仕方

7、クロージング(キスなど)の仕方

 

という

<7つの学ぶべきテクニック>

がありますが、

 

「女性と付き合った経験が
少ない人がどの順序で
学べば良いか?」

という意味で並べると

 

1、出会いを増やす方法

2、会話の方法

3、ルックス改善の仕方

4、マインド設定の仕方

5、メールや電話の仕方

6、デートの仕方

7、クロージング(キスなど)の仕方

の順番になります

 

「なぜ出会いが一番先で、
クロージングが一番最後なのか?」

 

というと、

【どのテクニックも、
まずそれを使うべき女性がいないと
練習すら出来ないから】

です

 

どのテクニックも

【まず出会いありき】

なのです

 

なぜかというと

<出会い以外の要素は
出会いを増やせば
自動的に鍛えることが可能>

なんですね

 

例えば

・出会いがたくさんあれば、
女慣れして会話しやすくなる

 

・出会いがたくさんあれば、
ライバルに負けないように
ルックスもオシャレにしたく
なってくる

 

・出会いがたくさんあれば、
自己成長したくなる
マインドが育つ

という感じです

 

もちろん、
出会いだけがあっても、
会話やルックスがダメなら
モテるようにはなりませんが、
とはいえ

 

<毎週色んな女性と
デート出来るのに、
会話やルックスを
改善したくならない人>

 

というのはあまりいないので
やっぱり、

<経験値を積むためにも
まずは出会いを増やすべき>

なのです

 

しかし、

<出会いノウハウ>

は1つだけ大きな
欠点があります

 

実は

<出会いはとても
ノウハウ化しにくい要素>

なのです

 

基本的に、

<出会いノウハウ>

・住んでる場所によって有効な
出会いの場が変わってしまう

 

・制度改正や‘流行り’
などの影響で、有効だった出会いが
すぐ廃れたりする

 

という点で、

【いつでもどこでも誰にでも使える
不変のテクニックをノウハウ化しづらい】

という特徴があり、

<どうしても、説明する
有効な出会いの場が変わってしまう>

ということがよくあります

 

その結果、会話やルックスの
ノウハウのように

「こうしておけばモテるよ~」

 

という‘画一的なアドバイス’が
しづらくなっているのです

 

そこでオレが
言いたいのは

 

「出会いはめっちゃ大事だけど、
すぐ廃れるから‘有効だ’と
アドバイスした場には
すぐ行って欲しい」

ということです

 

‘すぐ行く’
というのがポイントです

 

有効な出会い系サイトも

オススメの社会人サークルも

連れ出しやすいナンパスポットも

 

‘流行っている時’に行かないと
すぐに女が別の場所に
流れていってしまいます

 

出会いのノウハウが
最も緊急度が高いんですね

 

会話も同じくらい重要なのですが、
こちらは、出会いと違って
‘流行りの会話’はないので、

 

<身につけるまで少し時間が
かかってもモテるようにはなる>

 

といえますが、
出会いノウハウだけは

 

<言われたその日に実行する>

くらいの早さで
身につけた方が良いです

 

これから

「可愛い彼女を作るぞ!」

 

と思ってる方には、
ぜひ、

<出会いノウハウの緊急性>

に注意して

 

<出会いノウハウ>

を学んで欲しいですね

「おいおいマジかよ!?」

会話プランナー 小橋しゅん

 

◆漫画で見る女性の口説き方◆

 

「メールの返信がない女性との関係を復活させるメール」
「恋愛1000人セミナー」
を無料メールマガジン内でプレゼントしています。

 

PCの方はこちらから登録【漫画あり】

 

スマートフォン・携帯の方はこちらから空メールで登録

 

小橋しゅん(表)です

 

今日は

<恋愛を楽しむ方法>

ということについて
話していこうと思います

 

あなたは恋愛を
楽しめていますか?

 

ほら、恋愛って楽しいこと
ばっかじゃなくて面倒なことも
多いじゃないですか?

 

・寂しがり屋な女へのメール対応

とか

 

・パーティー行ったら変な
女ばっかだったとか

 

色々嫌なこともありますよね

 

でも、恋愛活動って、

<可愛い女と付き合える>

ということ以外にも
メリットがたくさんあるんですよ

 

例えば・・・

口説く回数が
多くなることによって、
会話力がついて、

 

面接

恋愛以外の人間関係

も上手くいくようになったり

 

女性関係が華やかになることで、
周りの男友達の

<自分に対する評価>

が上がって、色んな遊びに
誘ってもらえるようになったり

 

・・・けっこう、

<恋活で得た能力>

というのは、

<その他の実生活でも
多いに役立つ>

のです

 

で、それら、さまざまな

<恋活で得た能力>

の中で、オレがとくに

「これが身について
良かったなー」

と思うのが

 

<自分とは全く異質な
価値観に興味を
持てるようになったこと>

です

 

<自分とは全く異質な
価値観に興味を
持てるようになった状態>

とは、例えば、

 

<自分はカレーが好きなのに、
カレーが嫌いな他人と
仲良くなれる>

ということです

 

ほら、普通、

<カレーが好きな人>

なら、

<カレーが嫌いな人>

から

「カレーがいかにマズイか?」

という話題を出されたら

「え?カレー美味しいじゃん!」

って感じで、
‘両者の意見がぶつかる雰囲気’
になるじゃないですか?

 

しかし、それが、

<自分とは全く異質な
価値観に興味を持てる力>

があると、

 

「カレーがいかにマズイか?」

という話題を出されても

「自分はカレー美味しいと思うけど、
この人はどうしてマズイと思うのだろう?」

 

「何か食生活の違いとか、
嫌いになったきっかけとかに原因があるのかな?」

と思えるようになり、

 

<カレーを嫌いな人の‘価値観そのもの’>

に興味をもって話せるようになります

 

その結果、たとえカレー好きな自分と対立する

「カレーがいかにマズイか?」

という話題を相手から出されても

 

「え?オレ、カレー好きだからショックだわ。
なんか嫌いになったきっかけとかあったん?」

などと、

 

<相手の価値観を否定せずに、こちらから
歩み寄る姿勢>

を見せることが出来るようになります

 

これ、

「カレーが好きか?嫌いか?」

というレベルで
例え話をしましたが、

<すっごく重要>

です

 

・友達が自己中なことばかりする時

・上司が理不尽な要求ばかりしてくる時

・彼女がワガママを言ってくる時

・仕事で知り合った男が
自慢話ばかりしてくる時

・デートに誘おうと狙ってる女が、
全然興味の無い話題ばかりする時

 

などの

<日常にあふれるつまらない会話>

が発生しても、
‘普通に楽しみながら’
仲良くなれてしまうのです

 

オレはモテなかった頃、
自分が興味の無い話を
他人からされると

「ふーん」

の一言で終わらせてました

 

しかし、それが、恋愛が
上手くいくようになってからは

<自分が興味の無い話>

を他人からされても

「そういうの興味持ってる人、珍しいけど、
なんか好きになったきっかけとかあったん?」

などと

<興味を持てない話題を
話す、その人自身>

には興味を持てるようになり

 

<自分とは全く異質な
価値観を持つ人>

とも簡単に
仲良くなれるように
なったのです

 

この‘違い’が
思いのほか大きかった

オレは

・ゲーム

・漫画

・アニメ

 

などの話にはめっぽう強いのですが、
それ以外の情報が欠如していたので、

<社会生活で必要な知識>

は、ほとんど恋愛活動を
通して知り合った人から
教わったものばかりでした

 

料理好きな女と付き合えば
‘料理の仕方’がわかり

 

代議士の秘書と付き合えば
‘選挙の仕組み’がわかり

 

外国人の女と付き合えば
‘異国の価値観’がわかるのです

 

これは引きこもりがちで
世の中を知らなかったオレに
とって‘衝撃的’でした

「え!?世の中は
今そんな仕組みなの!?」

 

「こんなイイ音楽をオレはこの子に
教えてもらうまで気づきもしなかった」

 

「おいおい、マジで
こいつヤクザの娘なの?」

 

「え!?そんな
恋愛ってありなの!?」

 

「ウソ!?フリーターでも
そんな方法で好きな仕事が出来たのか」

 

「へー、外国って宗教で
そんな感じの教育をされるんだー」

 

「3Pとか現実に
出来ることだったのか」

 

「マジか!オレんちの近くに
こんなにオシャレ美味い店が
あったなんて・・・」

 

「あーあの企業の裏側って
やっぱそうなんだ」

 

「自殺って全然普通の人でも
そういうメカニズムで
やっちゃうわけか」

 

「わー、こんなまっすぐ夢に
向かって前進出来る人がいるんだな」

 

・・・などなど、
色んな感情にさせられました

人生観や仕事の選び方なんかの

<考え方を揺るがす大きな知識>

から、美味しい穴場カフェの場所や
マッサージの豆知識なんかの

<日常の小さな知識>

まで、色んな人が色んなことを
教えてくれるようになりました

 

昔だったら

「いや、そんな考え方の
人とは相性合わんし」

とか言って避けていた人々から
多くを学ぶことが出来たのです

 

恋愛は本当に楽しいです

 

だって、

付き合った女の子とか

恋活を通して
知り合った男友達から

「おいおいマジかよ!?」

って思うような

 

<自分のそれまでの人生には
無かった価値観や体験>

をいっぱい学べるから。

 

初めて、複数の女と
付き合ってる男と話した時

 

初めて、可愛いのに、
真面目な処女と付き合った時

 

に受けた

「おいおいマジかこいつ!?」

「こんな人間本当にいるのか!」

 

という‘震えたくなるような衝撃’は
今でも忘れられません

 

オレは、これからももっと

「おいおいマジかこいつ!?」

「こんな人間本当にいるのか!」

 

と思えるような人と出会い、
交流していきたいと思います

あなたはどう思いますか?

 

今の、この国にはそういう

<新鮮な衝撃を受ける体験>

が出来るチャンスが少ないように
思います

 

良い学校行って、
良い会社行って、
家でTV見る余生過ごして・・・

 

みたいな生き方が
‘良し’とされてる世の中です

 

でも、たまには、そんなレールを
外れてみたいじゃないですか!

 

毎日を生き生きとした
ものにしたいなら、

 

<恋愛をがんばる>

 

というのは
かなりオススメですよ?

 

愛されるダメ男

会話プランナー 小橋しゅん

 

◆漫画で見る女性の口説き方◆

 

「メールの返信がない女性との関係を復活させるメール」
「恋愛1000人セミナー」
を無料メールマガジン内でプレゼントしています。

 

PCの方はこちらから登録【漫画あり】

 

スマートフォン・携帯の方はこちらから空メールで登録

 

こんにちは

小橋しゅん(表)です

 

<<今日のテーマ>>

今日は

<愛されるダメ男>

について話そうと思います

 

ダメ男っていうのは

<他人の要求に
合わせようとしない人間>

のことです

 

飲み会が苦手なら、苦手なまま

流行りの曲を知らないなら、知らないまま

 

皆がやってる遊びが
出来ないなら、出来ないまま

 

・・・つまり

<周囲の皆と同じことが
楽しめない人>

のことです

 

ダメ男は、今の社会で生きづらいのです

現代の日本社会は

「出来ない」

を、努力と根性で

「出来る」

に変えられる人間を
最も美徳とするので

 

「ダメなままで良いじゃん」

とか

「皆に合わせられなくても
仕方ないじゃん」

とかの考え方は‘許されません’

 

飲み会が
苦手なままじゃダメだ!

 

流行りの曲を
知らないままじゃダメだ!

 

皆がやってる遊びが
出来ないままじゃダメだ!

 

・・・という考え方です

 

今の社会は

<皆の共感を最も得やすい
万人ウケするキャラクター>

を、‘無理やり’あなたに
強制してきます

 

例えば

「流行っているから」

という理由で、くだらないJ-POPの曲を、
興味が無い人にも無理やり聴かせて、

<その曲を知らない人>

を集団からのけものにしようする

 

例えば

「飲み会に来ない奴ってなんか暗いよね」

というイメージで

<集団の場が苦手で、飲み会を敬遠する人>

を異常者扱いする

 

例えば

「どこかしら異常に決まってるから」

という理由で、

<30歳で付き合った経験の無い男性>

を、‘ろくに話してもないのに’
バカにしたりする

ひどくないですか?

 

オレはモテなかった時、

流行りのJ-POPも

集団のワイワイ騒ぐ雰囲気も

恋愛経験が無いことも

「改善しなくちゃいけない」

とは思っていました

 

でも

【出来なかった】

努力がどうとかの話じゃなくて
先天的な問題でした

 

流行りの曲に興味を持つ
‘感性’が無かったからです

 

週末は皆でワイワイ飲むことを楽しめる
‘感性’が無かったからです

 

「彼女を作って遊びたい」という
‘感性’が無かったからです

 

ようは

<皆に受け入れてもらいやすい‘センス’>

を持ってなかったんですね

 

あなたはこう思ったことないですか?

「自己紹介の時に
‘休みの日は友達とワイワイ飲むのが好きです’
なんて本心から言えちゃう感覚があればなー」

とか

 

「恋愛話の時に
‘元カノがすごい束縛してきて別れたw’
なんてサラっと言えたらなー」

とか

 

「あー、オレに流行りの
J-POPを‘神曲だよ!’とか
言えるセンスがあればなー」

とか。

そうなんです

 

先天的に

【皆と明るく生きるということを
楽しめるのも‘才能’なんです】

 

だから、その才能が無くて

「皆と同じように明るく
楽しめたらモテるに決まってるよ!」

「そんなのわかってるよ!」

「でも、一人でいる方が
落ち着くんだよ!」

「一人で出来る趣味に
没頭しててーんだよ!」

 

と思う人は

<ダメな部分も含めて彼女に
愛してもらえるモテ方>

を見つけなくてはいけません

 

流行りの曲なんて聴かなくても・・・

飲み会が苦手なままでも・・・

恋愛経験なんか無くても・・・

そういう

<弱い自分>

<万人ウケしない性格>

を‘それでも’
受け入れてくれる彼女がいれば、
それで幸せになれるんです

 

恋愛のゴールはそこです

途中経過で

出会いを増やして経験を積んだり

ルックスを磨いたり

会話力を鍛えたり

などの

<ダメ人間にとっては苦痛な行動>

もする必要があるのですが、
最終的には

<ダメ男な部分があるけど
愛してくれる女性>

 

いや、むしろ

<ダメ男な部分が‘あるからこそ’
愛してくれる女性>

と付き合えるようになれます

 

あなたにもきっと見つけられます

だって、ちょっと無理するのは
最初だけで良いから。

 

出会いを増やして

ルックスで足切り
されないようにして

会話で感情を出せれば

絶対にそういう子と付き合えます

 

女って、ゲット前は

<面倒極まりない愚劣な生物>

に見える時もあるけど、
ちゃんと好きになってもらえた後は

<超優しい女神>

に変身します

 

素の自分で愛されたら
最高じゃないですか!

 

オレは、

<本当は暗い性格なのに、
モテるために明るい虚勢を
張り続ける>

なんて嫌です

 

現代の男達は、テクニック的な部分で、

<明るく見せるフリ>

を上手くすることも大事ですが、
最後は

<欠点も含めて愛されたい>

んですよ

 

無職だろうが、
童貞だろうが、
ネクラだろうが
バカだろうが
クズだろうが
だらしなかろうが

 

<そういう欠点を含めて
愛してくれる女>

が一人でも出来れば、
どんなダメ男でも
変わることが出来ます

 

オレは、恋愛で苦しむ人に、
‘そういうゴール’を目指して
がんばって欲しいと思ってます

 

たとえ、実家でカスみたいな
生活してる男でも、それを

「も~、A男くんはダメだな~」

とか言いながら愛してくれる女がいれば、
それで幸せですよね?

 

ダメをダメのまま

カスをカスのまま

クズをクズのまま

バカをバカのまま

 

あなたの‘そのまんま’を
愛してくれる女性と
幸せになって欲しい

 

そして、逆に女性の
ダメな所も愛してあげれるように
なって欲しい

 

・・・っていうのが
オレの願いです

 

そりゃあ理想論過ぎる所もあるけど、
今より、ちょっとでも、恋愛を

<長所のアピール合戦>

じゃなくて

 

<短所の認め合い>

で、行うことが出来たら
良いなーって思います

恋愛は男女が1対1で行うゲームです

 

そこには

あなた

あなたが好みの可愛い女性

の2人しか存在しません

 

普段の生活であなたを縛ろうとする

・社会の常識

・仕事

・学校

・無意味に人間関係

は関係ありません

 

他愛のない話をしながら

ゴロゴロいちゃつきながら

好きな趣味をやりながら

ただ2人でゆっくり時間を過ごせば
それで楽しいのです

 

最近、読者の方から

「初カノが出来るまでの目標って
どう設定すれば良いでしょうか?」

という質問が来たので、
こんな感じに答えておきます

 

人によって違うし、
あくまでオレにとってですが、
最初の目標は

【ダメ男のまま愛してくれる
彼女とゴロゴロする】

が良いと思います

 

<すごい自分を褒めてもらった時>

よりも

<ダメな自分を認めてもらった時>

の方が自信がついて、
魅力が上がるからです

 

ぜひ

<ダメな自分を愛してくれる彼女>

を作ってくださいね

 

それではまた

大人しい子と仲良くなるには

会話プランナー 小橋しゅん

 

◆漫画で見る女性の口説き方◆

 

「メールの返信がない女性との関係を復活させるメール」
「恋愛1000人セミナー」
を無料メールマガジン内でプレゼントしています。

 

登録はこちらから【漫画あり】

 

スマートフォン・携帯の方はこちらから空メールで登録

 

こんにちは

小橋しゅん(表)です

 

さて今日は

<大人しい子と仲良くなるには>

について話そうと思います

 

大人しい子とは

・女子校育ちで男慣れしてない

・飲み会などの集団で
話す場で発言回数が少ない

・感情表現が苦手

・処女、恋愛経験が少ないなどの
原因で恋愛話をしたがらない

などの要素を持つ女のことです

 

こういう子を口説く時は、

<仲良くするために必要な
行動を取りにくい場合>

 

があるのでその対策を
知っておくことが大切です

 

その対策とは

<その子の大人しい雰囲気から予想される
性格とは反対の性格を決め付けてしまうこと>

です

 

つまりレッテル張りを
多くすれば良いんですね

 

例えば

「A子って明るそうだね」

「A子ってけっこう
おしゃべりだよね」

などの、見た目から予想出来る

 

<大人しい>

という要素と

 

<‘反対属性の’
外交的なイメージ>

を女性に表現するのが有効です

 

初対面で

「あ、この子は大人しそうだな」

と感じたときは、他の男も

<同じような印象>

をその子にもつ可能性が
高いことを意味します

 

ということは、逆に

<あなただけが、その子の見た目から
得られた印象とは反対の属性>

を言うことが出来れば

<他の男との言動の差別化>

ができるわけです

 

‘言い回しの差別化’が出来ると女の方も

「え?私ってこの人からは
そんな風に見えるんだ」

 

→「どうしてそんな風に
思ったんだろう?」

 

→「その理由が聞きたい」

→「話してみたいかも」

 

→「他の男と違って不思議と話せる」

→「この人はなんか違うかも」

→色々話せる特別な存在

 

という気持ちになるわけです

具体的なケースで
説明してみましょう

 

例えば、大人しい子は

「元彼との恋愛話をしたがらないので、
会話を広げにくい」

というケースがあります

恋愛話は

 

・過去、実際に付き合うほどの
魅力を感じた元彼の行動パターンから
その子の攻略法を知る

 

・話が盛り上げやすい

・性関連の話などより
深い秘密の共有につながる

というメリットがあるため、

 

<口説く上で絶対しておくべき話題>

なのですが、

 

<警戒心の強い大人しい子>

に対してはいきなり使えない場合があるのです

そこで、恋愛話の前に

 

「A子は意外と
恋多き女だったりする?w」

などと

 

<その子の雰囲気からは全く予想出来ない
‘恋多き女’ネタフリをしておき

女「え?・・・そんな経験ない・・」

男「マジか、意外だわ、
ずっと片想いしてる先輩がいるとか?」

女「・・あんまり好きとか
よくわかんないかも・・・」

男「まあやっぱ緊張するもんな、
オレ中学生の時、映画観るだけで
一言もしゃべれない日とかあったもんw」

 

「デートするならどこ行きたい?」

女「友達とは買い物によく行くよ」

 

・・・などと
‘質問の切り口を変えながら’

 

【恋愛経験が無いなら無いで
話すことが可能な恋愛関連の話題】

 

をふっていくと良いです

女性に対するチャラいイメージ

 

→片想いの話

→デートの話

・・・

 

という流れですね

大人しい子は、

 

<心を開かせるだけで
惚れさせられる場合>

 

も多いので、
ぜひ試してみてください

経験が増えないのが一番やばい

会話プランナー 小橋しゅん

 

◆漫画で見る女性の口説き方◆

 

「メールの返信がない女性との関係を復活させるメール」
「恋愛1000人セミナー」
を無料メールマガジン内でプレゼントしています。

 

PCの方はこちらから登録【漫画あり】

 

スマートフォン・携帯の方はこちらから空メールで登録

 

こんにちわ

小橋しゅん(表)です

 

今回は

「女性の心はいつも同じではない」

ということについて話そうと思います

 

女性の心理状態というのは
いつも同じわけではありません

 

だから、どんなにHに
抵抗のある美人の女でも

「男に抱かれたい」

「口説かれたい」

と思う瞬間があります

 

そして、そんな女に
タイミング良く出会えた時は、
最初の初Hだけは

<勢いでやってしまった感じ>

 

になる事もありますが、
2回目以降に会うときに
きちんとデートを重ねれば、

<普通のおだやかな恋愛>

と同じように長く
付き合うことも出来ます

 

「初めてHした時はちょっと
戸惑ったけど、その後会うたびに
どんどん好きになっていった」

というパターンですね

 

もちろん

「H前に、女の方から
付き合いたいと言ってくるくらい完全に
惚れさせてからゲットする」

 

というのがモテ方の理想形ですが、
女慣れしてないうちは

「Hするかどうか迷ってるけど、
口説かれるのはうれしいしまあ良いか」

 

というパターンで
落としてしまっても構わないわけです

 

つまり、恋愛、とくにこれから
モテようと思っている段階の恋愛では、

「出会った時の女の心理状態が
口説き落とせるかを決定する最重要ポイント」

ということです

 

ターゲットの女が

「恋愛したい」

と思っている時には、

・どんなにその子が美人でも

・どんなレベルの低い口説き方でも

落とせてしまうことがあります

 

逆に、ターゲットの女が

「恋愛したくない」

と思っている時には、

・どんなにその子がブスでも

・どんなにレベルの高い口説き方でも

落とせないことがあるのです

 

女には、

寂しい

甘えたい

遊びたい

などの、

 

<その時の心理状態>

によっては、

 

AV嬢でも

風俗嬢にでも

なってしまうような可愛い子が
たくさんいます

 

だから、せめてそうなる前に、
あなたが口説いて、抱いて
あげるべきなのです

 

「元彼に振られて寂しかった」

 

「女子校育ちで自分の
魅力に気づけなかった」

 

「周りの友達に彼氏が
出来始めて焦っている」

 

「付き合って長い彼氏がいて、
現状に満足はしているけれども、
刺激が欲しい」

など、

 

「かなりイイ女なのに」

「本来、貞操観念が高くて
彼女にするのに向いている
マジメな女なのに」

口説かれれば、

 

<完全に惚れているわけではない男>

にもなびいてしまう女が
たくさんいます

 

だからこそ出会いを増やして、

「たまたま口説きやすくなってる女を
探すこと練習」

が大切なわけですね

 

もちろん、正しいノウハウを
きちんと身につければ

「口説きやすいとはいえない女性」

も落とせるようになります

 

しかし、最初はわざわざそんな

 

<難易度の高い女>

にばかりターゲットを
絞ることはないのです

 

<口説く難易度とその女の
可愛さは比例しません>

 

口説くのが難しい性格の
ひねくれたブス

 

もいれば、

簡単にゲット出来る
マジメな美人

もいるのです

 

もし仮に、恋活をしている男が、
どのジャンルの女も
あらかたゲットし終わって、

 

「あえて落としにくい女を
口説く事」

 

に情熱を燃やしてる男性ならともかく、
ほとんどの方はそうではないはずです

 

多くの女性が

「AV嬢や風俗嬢として働くより、
たとえ下手くそなトークでも
男に口説かれて幸せになる」

 

ことの方がずっと良いと思っています

 

だからこそ、そんな子達を幸せにするために、
たとえ今、自分に自信がなくても
どんどん口説くべきだし、いくら

<口説くのが下手なブサイク>

 

だったとしても行動さえしてれば
モテるようになるといえるのです

 

だって、出会いの数さえ確保すれば、
必然的に落としやすい美人に
出会えるのですから。

 

そして、出会いの数を
確保した後になって初めて
大切になるのが

 

テクニック

ノウハウ

なのです

 

恋愛は、

 

1に出会い、2に勉強・・・

という意識をもってみてください

 

なかなか彼女の出来ない人の
共通点として、

 

恋愛ノウハウはすごく
勉強出来てるのに、それを使う
女と話せる機会がない

 

という特徴があげられます

 

女に恋愛ノウハウを試してみる機会が
少ない人は、モテにくいですからね

 

オレは、自分の会話塾では、

<ノウハウを試すことの出来る女>

をこちらで用意してあげて、

 

・女との会話練習

・改善点の提示や添削

 

を行うことで、なんとか

出会いを作れない人

まず練習しないと女と話せない人

 

にも、女慣れして魅力をアップして
もらっていますが、そういう
機会に恵まれた人は
まだまだ少ないのが現状です

 

今、

<週に最低一度は新たに
女と会話出来ている>

 

という状態になれていない人は、
実践経験がかなり不足しているので、
まずは、ネットでも良いから
出会いを増やしてみてください

 

案外

昔は彼女が複数いた

みたいな男性ですらも、
数ヶ月新規の出会いをサボると

<腕がなまって何も話せない>

なんてことがよくあります

 

これからモテようと頑張っている
恋愛初心者の人には、なおさら

 

・出会い

・実際に女と会話した経験値

 

が必要なので、この2つを増やすための
お金はケチらずに使って欲しいです

 

出会いパーティーの参加費6000円を
ケチって余ったお金を

・キャバクラや風俗

・2次元の女の子

に使っていたのでは、
本末転倒ですからね

 

恋愛を勉強してるのに
なぜか彼女が出来ない

 

という人は、時間とお金の使い方を、
よく考えてみてください

 

【新たな生命を授かりました】会話テンプレート

会話プランナー 小橋しゅん

 

◆漫画で見る女性の口説き方◆

 

「メールの返信がない女性との関係を復活させるメール」
「恋愛1000人セミナー」
を無料メールマガジン内でプレゼントしています。

 

PCの方はこちらから登録【漫画あり】

 

スマートフォン・携帯の方はこちらから空メールで登録

 

こんにちは

小橋しゅん(表)です

 

モテる人は

【臨機応変な会話が上手】

です

 

臨機応変に表現方法を変えながら、

<自分の主張をすることが出来る人>

はモテます

 

<臨機応変に表現方法を変える>

というのは、

<結果として同じことを言っているはずなのに、
目的に応じた異なる言い回しをすること>

です

 

例えば、

・売れてるアイドル

とか、

 

・誰もが知ってる有名な女優

が、突然妊娠した時に、
記者会見でよく言うパターンで

 

「お腹に新たな生命を授かりました」

というフレーズがあります

 

事実をもし正確に表現するなら

「生でしてたら失敗したので
出来ちゃった婚します」

 

<正しい記者会見の言葉>

になりますが、それでは、
あまりにもファンなどに
‘大衆受け’しない。

だから、その言い方を

 

「期せずして新たな生命を授かることになったので、
これを機に結婚させていただきます」

と言うことで、

 

<避妊無しのだらしない性生活>

を‘キレイな感じ’にしているのです

 

そうすると、多少の反感は買いつつも、
マスコミや擁護派のファンなどが

「イマドキは出来ちゃった婚は当たり前」

とか

 

「赤ちゃんは、結婚のきっかけを
作ってくれるので、むしろ、どんどん出来婚すべき」

みたいな世論を‘あと付けの理由で’形成させていくのです

みんな忘れちゃってるけど、

 

「30歳にもなって
結婚してない男は一人前とはいえない」

とか

 

「オタクは気持ち悪い」

とか

 

「恋愛経験の少ない人は
人生充実してなくてかわいそう」

とかの‘今のあなたを苦しめる考え方’だって

【元をたどれば、全部ただの世論操作】

ですからね?

 

・マスコミ

とか

・一部の、権力を持った口の上手い人

が、自分の都合に合うような価値観を
広めてるだけです

 

人間は

<周りの皆と同じ価値観を共有出来ないと
不安な生き物>

 

なので、こういう世論操作に
‘うすうす矛盾を感じつつも’
本能で従ってしまうんです

 

(モテるっていうのは、この‘世論’を
超越した領域に行くってことなんですが、
そんな学問みたいなことは長いので、
ここではカット)

 

で、ここからが本題なんですが

・世論操作

とか

 

・大衆受けするキレイな言い回し

が必要になるのは、
芸能人に限った話ではありません

 

・個人の会話

 

・飲み会などの集団会話の場

でも

【自分を良い感じに表現出来る人間が
‘実際の能力とは無関係に’その場の主導権を握る】

のです

 

つまり

<物は言いよう>

ということですね

 

もちろん、恋愛にもそのまま応用出来ます

例えば

見た目が可愛い女を口説く時、

「褒めたい」

という目的なら

 

「オシャレ」

「モデルとかやってた?」

「仕事アパレル系っぽいね」

と言い、逆に、

 

「いじりたい」

という目的なら

「チャラそう」

「実は魔性っぽい」

「可愛いからって調子乗ってる」

と言えば良いのです

 

事実は

<見た目が可愛い>

ただそれだけなのに、
‘その事実の表現方法’を

【こちらの目的に応じて、都合よく変える】

わけです

 

性格の大人しい子を口説く時も、
褒めたいなら

「もの静かな人の方が話しやすい」

「頭良さそう」

「お嬢っぽい」

と言い、逆に、
いじりたいなら

「あ、もしかして日本語通じない方ですか?」

「全然しゃべらないから置物だと思ってたよw」

「恥ずかしがり屋だね」

と言えば良いのです

 

よく

「女性をいじりたいけど、
レベルが高く、欠点が無すぎて
けなす所がありません」

とか、それとは逆に

 

「女性を褒めたいけど、
褒めて良い場所がよくわかりません」

という悩み相談を受けますが、これらは

【褒める所、いじる所を‘探していること自体’が
上手くいかない原因】

といえます

 

褒める、いじるなどのコミュニケーションは

「どこを褒める(orいじる)か?」

ではなく

「どう褒める(orいじる)か?」

が重要です

 

同じ事実を体験していながら、
それをどう捉えるかは

【それを表現する発言者が決めて良い】

のです

 

好意を伝える時も

「相手の何の要素に魅力を感じるのか?」

よりも

 

「魅力に感じた要素をどのように伝えるか?」

が口説くためには大事になるのです

 

表現の仕方を自在に変えることが
出来ればどんな要素でも口説くきっかけになるといえます

だからこそ、冒頭でも言ったように

 

【臨機応変に表現方法を変えられる人はモテる】

のです

 

<自分の目的に応じた会話の表現方法>

をマスターした人は

 

・女をデートに誘う時も

・友達と遊びに行く場所を決定する時にも

・職場のプロジェクトの方針を決定する会議でも

・スピーチで、自分の主張を聴衆に納得させたい時も

・就職面接で自己アピールする時も

 

人生のあらゆる場面で‘絶大な主導権’を
もつことが可能になります

 

【臨機応変に表現方法を変えられる会話術】

 

というのは、効果が大きい分、
使い方を間違えると、他人を不幸にするので、
慎重に使って欲しいですが、
このメルマガの読者は

 

<皆、何かしらの‘痛み’を知る心優しい人>

だと信じているので、これをお伝えしています↓

http://1bus.biz/p0HgR

車と同じなんです

 

使い手の運転手しだいで

<移動や運送の効率を圧倒的に良くした>

というメリットの反面、

<事故などで人を死なせてしまうこともある>

 

というデメリットも抱えている‘車’と同じで、

【本当に強大な会話術】

というのは使い手を選びます

 

あなたはすでに

【強大な会話術を使用しても良い者】

として選ばれてるんです

 

恋愛やコミュニケーションに関して
本気で悩んでいなければ、こんな

「ブサイクでもヤレる!」

 

とか宣言してる怪しいメルマガに
登録するわけないですからね

 

だからこのメールを‘読むことが出来ている’
あなたにこそ、真実の会話術を
知って欲しいと思っています

これです

 

【会話テンプレート】
→ http://1bus.biz/p0HgR

 

他の男達が、恋愛という道筋を
時速4kmで歩行している世の中で、

<時速100kmの車で走ってる>

 

という状態をあなたも体験してください

相手を好きになった理由の伝え方

会話プランナー 小橋しゅん

 

◆漫画で見る女性の口説き方◆

 

「メールの返信がない女性との関係を復活させるメール」
「恋愛1000人セミナー」
を無料メールマガジン内でプレゼントしています。

 

PCの方はこちらから登録【漫画あり】

 

スマートフォン・携帯の方はこちらから空メールで登録

 

 

こんにちは

小橋しゅん(表)

です

 

さて、今回は

<好きになった理由の伝え方>

についてお話しします

 

女性を口説く時に、

「私のどこが良いの?」

「どうして好きなの?」

と聞かれることは多いです

 

これらの質問に、

<女性が納得いく解答>

をすることが出来ればゲットにつながります

 

しかし、実際には

<女性を好きになった理由を上手く伝えるのは難しい>

のです

 

なぜなら、

<女性に好意をもった理由>

を正直に伝えても、その理由が
‘女性に理解されなければ’
逆に嫌われてしまうこともあるからです

 

例えば、あなたが相手の女性のことを

・すごく美人だから

・可愛いから

という理由で好きになったとします

 

ここで、もし正直に
‘女性を好きになった理由を伝えた上で’口説こうとするなら

「A子がすごくタイプだから」

と伝えれば良さそうですが、実際にはこの理由付けで

 

「あーそういう理由で好意を
寄せられたのなら嬉しいな」

と納得する女性は少ないんです

 

・すごく美人だから

・可愛いから

という‘好意の理由付け’は、相手が

<外見に自信の無い女性>

 

ならば

「可愛いと言われるのはうれしいけど、
本当は別の目的があるかも」

と警戒されてしまいます

 

そして、逆に、

<外見に自信のある女性>

ならば

「また外見しか見ないで軽薄に口説いてくる男か」

となめられてしまいます

 

つまり、たとえあなたが本心で

「すごく美人だから好きだ」

「あなたは可愛いから好きだ」

と好意を伝えても

 

【それが相手に良い印象を与えるわけではない】

ということです

 

「可愛いと言われるのはうれしいけど、
本当は別の目的があるかも」

とか

 

「また外見しか見ないで軽薄に口説いてくる男か」

などと女に思われてデメリットが生じる原因は、

<外見は女性の目に見えるものだから>

です

 

内面と違って、外見は女性自身も

<自分の美醜を評価出来てしまう>

という特徴があります

 

その結果

女性は自分の外見を○○だと思っている

→しかし、あなたは××だから好きだと言う

→○○と××の評価が全く異なる場合、
女性はあなたが好きになった理由を納得出来ない

→××がどんなに素晴らしい褒め言葉だったとしても、
女性が納得出来ない以上、あなたの好意が上手く伝わらない

・・・という事態におちいってしまうわけです

 

ではどうすれば良いか?

 

これは、

【内面の魅力を好きになった理由として伝えること】

が大事です

 

ポイントは以下の2つです

1、好きになった性格を抽象的なものにしつつも、
そう感じたきっかけを具体的に挙げる

 

2、「意外と××なとこもあると思った」という言い方にする

 

例えば

「A子のおしゃべりなとこ好きだわ」

→「最初会った時全然しゃべんない子なのかと
思ったけど、こうやって趣味の話とかすると意外と
しゃべるし面白い奴だよな」

・・・といった好意の伝え方が有効です

 

上記のような好意の伝え方の最大のメリットは

【必ずしも‘実際にA子がおしゃべりである必要はない’】

という点です

 

たとえ、A子自身が自分のことを

<無口で暗い女>

と評価していたとしても、

「A子のおしゃべりなとこ好きだわ」

→「最初会った時全然しゃべんない子なのかと
思ったけど、こうやって趣味の話とかすると意外と
しゃべるし面白い奴だよな」

 

のような褒められ方をされることによって

「私ってそういう風にも見られることがあるんだ」

と納得してもらいやすいんですね

 

これはA子が、自分のことを

<明るくておしゃべりな女>

と評価していたとしても有効で

「この人は私の良さをわかってくれる」

と思ってもらえます

 

A子の実際の性格がどうであれ、目に見えない以上、

【その印象をどう語ろうとあなたの自由】

なわけです(これが女の外見に対する印象だと、
そうはいきませんよね?)

 

あなたが好感をもったきっかけを具体的に挙げて

「第一印象とは異なる意外な一面も知った上で
好きになったんですよ」

という伝え方をすれば、女性も好意を受け入れやすいのです

 

人は

「自分の内面が他人にどのように見えるか?」

が気になって仕方ないくせに、
‘それを確認することが出来ません’

 

だから、

「内面を好きになった」

「話してて○○な印象を受けたから魅力的に感じた」

と言われると、どうしても

 

「え?自分ではそう思ってなかったけど、案外私って
そういう魅力もあるのかもしれない」

と納得せざるを得ないのです

 

なので、褒めるのが苦手な人は、単純な外見の魅力よりも、

<内面の魅力の褒め方>

を意識してみてください

 

女の外見レベルが上がるほど、‘内面の褒め’が効きます

 

・明るい

・友達多そう

・頭良さそう

・お嬢様っぽい

・しっかり者

・甘え上手

・話すと楽しい

・癒し系

 

など、さまざまな形容詞を使って
‘相手の女性の良さ’を表現出来るようになりましょう

 

もちろん褒めてばかりでは足りませんが、
褒めるのが苦手な人はまずはこの辺りから始めてみると、
‘相手が喜ぶ褒め方’が出来るようになります