1日1回、応援クリックありがとうございます!
今何位? ⇒ <人気ブログランキング>

女に強くなる方法

ナンパの鉄人 ボンバー功

 
ども!ボンバー功です。

「女に強くなる」と一言で言っても
あまりにも漠然としてよくわからないですよね?

でも、私の基本的な女に対する考え方なんです。

「いい女」「可愛い女」=「敵」として考えます。

あくまで「いい女」「可愛い女」限定です。
「ブス」は別にいいです。
「ブス」は「敵」でもなく、「味方」でもない
私にとって存在価値はありません。
(女が見たら最悪な記事ですね・・・)

「いい女」「可愛い女」=「敵」を「好き」になってはいけません。
「好き」になってしまうと言う事は、
「相手を受け入れる」行為にしかならないんです。

つまり、「いい女」「可愛い女」=「敵」がどんな事をしても
許してしまったり、信じてしまう事になります。

「あの子に言われたからしょうがない」
「あんな可愛い子がそんなことするはずない」
「好きになったんだから信じよう」
いろいろなシュチュエーションの中でこんな事
考えた事ありませんか?

私も今だにあります。
ちょっと「矛盾」してしまいますが、いきなり
めちゃめちゃ可愛い子が現れて、少しでも
やさしい言葉なんてかけられたら、いくら私でも
初めは「好き」になっちゃいます。
Wエンジンの「好きになってしまうやないかーい!!」
てな感じです。

そこですぐさま考え方を切り替えます。
「いい女」「可愛い女」=「敵」
このマインドです。

「いい女」「可愛い女」は自分の事をわかっています。
つまり、自分が「いい女」「可愛い女」ということ
をです。

ですから、自分の事を好きになった男がどんな
事をしてくるかすぐにわかってしまうんですね。

「その通り」の行動を一般的な男はやってしまいます。
それでは、その「いい女」「可愛い女」の周りにいる
会った事もない「ライバル」達と同じ事をしてしまい
撃沈する確率がぐっと高くなってしまいます。

じゃあ、何をすればいいのか?
それを考えなくてはいけません。

これは一概には言えません。
私の数多くある経験の中で、ある意味「感」としか
言いようの無い「感覚」みたいなものが働いて
「いい女」「可愛い女」を攻略する、考えが生まれて
くるんです。

「いい女」「可愛い女」だから、その逆を言えば
いいのか?
そんな薄っぺらいものではありません。

初めて会った時の「印象」「雰囲気」「しぐさ」「会話」
など、数をあげたらきりがないのですが、それをすばやく
自分の中で「計算」して、その「いい女」「可愛い女」
がどうやったら「落ちる」のかを導きだしていきます。

私の周りにいる「恋愛の達人」達はすべからず
その「感覚」を持っている人ばかりです。

でも、その「感覚」を養う為には「戦場」に出向く
しかありません。

「戦場」とはもちろん「恋愛の世界」です。
実際に女と出会い、口説いて行く事です。
それを無くして、「女に強くなる」事
はありえません。

私に対する質問の中で一番多いのが、
「私でも変われるますか?」
です。

もちろん、変われます。
というよりも、
「変わっていただきます」

私の好きな漫画で
「ジョジョの奇妙な冒険」の好きな場面があります。

長くなるので若干割愛しますが、
姉と弟の兄弟がいて、姉はいつもなにもしない弟に
「あなたいつになったら変わるの?」
(セリフがこの通りか忘れましたが、ニュアンスはこんな感じです)

そこで、主人公の「ジョジョ」がピンチに陥ったとき
その弟が助けにいきます。

その時に言ったセリフが
「姉ちゃん、変わるって今さ!」

と言って怪物に向かっていきます。

私はこのシーンが今だに忘れられません。

みなさんも「怪物」に向かっていってください。

何か「きっかけ」が無ければ「変われない」人
もいます。

塾長 ボンバー功

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

今何位? ⇒ <人気ブログランキング>

【必見】メールの返信がない女性との関係を復活させるメールを教えます

(facebookページ)ソーシャルメディアで彼女を作る5つの方法

彼女作り請負人 講師陣プロフィール

 


アドレス:

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

カテゴリー:ナンパ ボンバー功

このページの先頭へ