1日1回、応援クリックありがとうございます!
今何位? ⇒ <人気ブログランキング>

ファッションアドバイスの原点

ナンパの鉄人 ボンバー功

 
ども!!

ボンバー功です

今回は「ファッション」について思い出した事が
あるので書いていきます。

私の基本は「モテる為のファッション」です。
ただ、やみ雲に「お洒落」になる事は考えていません。

過度な「お洒落」は「モテる為のファッション」とは違う
と考えているからです。

身に覚えはありませんか?
お店で試着をして着てみた時と家に帰ってきた時に試着してみた
時の「違和感」

ユニクロやGAPその他のファストファッションでは
その違和感はあまり感じないと思います。
シンプルなファッションでは失敗しようがないからです。

では、どのような時にその「違和感」を感じるのか?

「お兄系」「渋谷系」「裏原系」と言われる少し「特化」
したファッションに初めてチャレンジする時にその「違和感」
を感じませんか?
「お兄系」「渋谷系」「裏原系」のファッションが悪い
と言っている訳ではありません。

ちゃんとした「アイテム」選びをすれば「モテるファッション」
になるはずです。

この「アイテム」選びの時に実は一番重要なのは
自分の「キャラ」を加味しているかどうかが重要です。

これは、普通のアパレルショップの
店員さんに聞いても駄目です。

明らかにお店とは「キャラ」が違う
お客さんがきても店員さんは
何の躊躇もなく、店の「アイテム」を褒めちぎり
売りつけようとします。

店員さんは悪くありません。
ちゃんと仕事をしている訳ですから。

もちろん、全てのアパレル店員さんが
ただ売りつけるだけの人達ではありません。

私の場合、すばらしい店員さんとの
「出会い」がありました。

ある時、ふらっと入ったお店で服を選んでいました。
高校1年だったと思います。

陳列されている洋服の見ていると背後から

「それ今年の新作で最後の一枚なんですよ」

出た出た!!お決まりのセリフ

と思いつつも本当に気に入ったので試着してみる事に

試着をして、鏡で見てみると本当に「かっこいい」(服が)

すでに購入の意思があるにも関わらずその店員さんは

「それやめたほうがいいですね」

と一言。

「えっ??」

と思いちょっと不機嫌になりがちな私に進めてきたのは
その服とは全然違うデザインを薦めてきました。

しかも、その服は私が選んだ服よりも全然安いものです。

その店員さん曰く、
「選んだ服よりも、これの方が似合うと思います」

そしてその店員さんは全てのコーディネイトを私に
してくれました。

私はその店員さんに言われるがまま試着をしていきます。

全部、試着が終わったときに店員さんが

「これでどうですか?」

と得意げな顔に・・・

鏡を見てみると私がその当時してみたかった
服装です。

店員さん曰く、初めに選んだ服も悪くはないけど
試着した時点であまり似合わないと思ったそうです。

それからは服を買いに行く時は必ず、その店員さん
のアドバイスを聞いてから買う事にしていました。

ある時はそのお店に無いものを他のお店で
買ったほうがいいとまで言ってくれた事もあります。

その店員さんが進めるポイントは
お客さんの「雰囲気」に合った「アイテム」
を薦めていく事と、そのお客さんに足りない
「インパクト」のあるアイテムを選ぶ事だと
言っていました。

懐かしい思い出です。

ふと、こんな事を思い出してしまいました。

今、私が読者や「横山恋愛アカデミー」の塾生の方に
ファッションアドバイスをしている原点になるエピソードです。

「違和感」のあるファッションには絶対にしません。
安心してください。

それでは!!

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

今何位? ⇒ <人気ブログランキング>

【必見】メールの返信がない女性との関係を復活させるメールを教えます

(facebookページ)ソーシャルメディアで彼女を作る5つの方法

彼女作り請負人 講師陣プロフィール

 


アドレス:

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

カテゴリー:ナンパ ボンバー功

このページの先頭へ