1日1回、応援クリックありがとうございます!
今何位? ⇒ <人気ブログランキング>

change

ナンパの鉄人 ボンバー功

 

ずーっと「ナンパ」をしていると或る壁にぶち当たります。

それは、ずばり「いい女」しか「ナンパ」しなくなるという事です。

 

普通に聞くと、「なんだ自慢かよ・・・」と思われてしまいますが

全然違います。

 

 

私の持論ですが、

「ナンパ」は全ての女に通用するものではありません。

 

この日本でまともに義務教育を受けている女性であれば

「ナンパ」で知らない人について行ってはいけない事ぐらいわかるはずです。

 

 

では「ナンパ」でかかる女とは

「その時だけどうかしている子」
「常にどうかしている子」

この二つのタイプになると思います。

 

私なりの表現でわかりにくいかもしれませんが、

「その時だけどうかしている子」とは

失恋、仕事で悩んでる。

など一時的に感情が高ぶっている子。

 

「常にどうかしている子」とは、

言葉通り、ちょっと頭のねじが緩んでいいて、

常に感情が高ぶっている子です。

 

私がターゲットにしているのは、もちろん

「その時だけ・・・」のタイプです。

 

「常にどうか・・・」のタイプは

他でも「ナンパ」されているパターンが多く、

ぶっちゃけ「病気」が心配です。

 

 

ちなみに私は若い頃はほとんどの「性病」になった事があります・・・

それはさておき、それではこのタイプをどうやって見分けるか?

 

という事になります。

正直、見分けられません・・・

ではどうするか?

 

とどのつまり、声を掛け続けるだけです。

そのタイプにぶち当たるまで。

 

しかし、ある程度の数をこなしてくると飽きがでてきます。

 

それはいくら「その時だけ・・・」のタイプだとしても

みんながみんな「可愛い」訳ではないんですよね。

 

その中で「本当に可愛い」と思えるのはかなり低い確率です。

 

その確率を高める為には

もっとたくさんの女性に声をかけなければなりません。

モチベーションが高かればガンガン行けますが、普段の習慣となってくると毎回そういうわけにはいきません。

 

 

やはり、気が付くと

「いい女」にしか声を掛けない状況に・・・

私もある程度「ナンパ師」としての自負があるので言いますが

私の「いい女」とは最低限が「読者モデル」並、

それ以上は「女優」並です。

 

それは本当に「顔」も「スタイル」も申し分ない子。

100点中100点のタイプ。

 

しかし、

そんな女のみに声を掛けてうまくいくはずがないんですよ。

 

もちろん今までの経験では

「読者モデル」「女優」並の女もゲットの経験はありますが、

それはあくまで数をこなしてきたからです。

 

「ナンパ」でそこまで「いい女」限定では、

ゲットの人数がかなり減ります。

 

そんな時どうするか?

私の場合は「新しい血」を入れるんです。

 

--------------------------
★新しい血★
--------------------------

ある大学教授が開発した「女性にモテまくる」血液です。

なんて嘘です。

 

そんな血があったら、私が全て買い占めて誰にも譲りたくありません。

この場合は新しい「ナンパ友達」を作る事です。

 

そんなに「ナンパ」をやった事がない人物をチョイスします。

そうゆう人と「ナンパ」をすると、とても「新鮮」な気持ちになれますね。

気分転換をする訳です。

 

バリバリの「ナンパ師」になるとお互いに張り合ってしまい、

勝負のような殺伐とした空気になってしまいます。

 

或る時、

「ねるとん」で知り合った45歳バツイチの男性「A」と

クラブナンパに行きました。

 

Aは今までクラブに行った事もなく、

「ねるとん」一筋で出会いを探しています。

 

最初は私が「ナンパ」してきた二人組みの片方と話すので精一杯、

もちろん自分から話かける事もできず、連絡先も聞けない状況でした。

 

 

私が

「あの子に声掛けてきて」

と促すと素直に声をかけに行ってくれますが、

はじめは全くうまくいきません。

 

 

でも、いきなり変貌したんです。

それから毎週のように「クラブ」通い、

その甲斐もあったせいか、

連絡先は普通に聞ける状況に。

 

 

今では、そのクラブの常連になっていて、

自分よりもふた周りも下の子まで

ゲットしています。

 

 

A曰く、

私の話方や仕草、ファッションなどを参考にしてくれたと

言っていました。

 

考えてみれば、

私の今日があるのもある先輩に「ナンパ」に連れて行ってもらった事がきっかけです。

人間どこで、変わるかわかりません。

 

 

現在「キムタク」が国会議員の父親が急死してしまい選挙でる事になり、

なんと総理大臣になってしまう荒唐無稽な現実離れしたドラマがやっています。

 

私個人はとても面白いと思っていますが・・・

総理大臣は無理にしろ

「女にモテるようになる」
「ナンパがうまくなる」

事の変化はさほど難しい事ではないと思います。

 

 

しかし、こればっかりは何もしないとはじまりません。

 

どこかに「CHANGE」する「CHANCE」があるはずです。

 

その「CHANCE」を見つける事ができない人が

最近多くなってきているような気がします。

 

私の場合はそれが20代の前半にありました。

 

早い時期でよかったと思っています。

でも45歳のAも私と知り合った事で「CHANGE」する事ができました。

 

別に45歳で変わってもいいと思います。

誰も駄目なんて言えません。

駄目と決め付けるのは自分自身だからです。

このメルマガを読んでいるあなたも同じ事が言えるはずです。

 

「CHANGE」

私は大好きな言葉です。

 

 

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

今何位? ⇒ <人気ブログランキング>

【必見】メールの返信がない女性との関係を復活させるメールを教えます

(facebookページ)ソーシャルメディアで彼女を作る5つの方法

彼女作り請負人 講師陣プロフィール

 


アドレス:

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

カテゴリー:ナンパ ボンバー功

このページの先頭へ